日中活動と施設入所支援の報酬の算定について
施設入所支援においては、土日における入所者への支援に要する費用も含めて報酬を設定してい
ることから、日中活動部分については、下記の場合を除き、1か月の日数から8を除いた日数の範囲
内で算定が可能な取扱いとする(施設入所支援については最大1か月の日数)。
○ 日中、就労移行支援又は就労継続支援を行う場合にあっては、日中活動部分について、3か月の日数から24
を
除いた日数の範囲内で算定が可能な取扱いとする。(施設入所支援については上記と同様。)
【旧体系】
入所施設
日中活動
+
夜間の介護等、居住の場
(1か月の日数)
※ 日中活動と居住の場は一体。
(入所施設とは別の日中活動の選択は不可能。)
【新体系】
【
日
中
活
動
】
【
施
設
入
所
支
援
】
生活介護
又は
自立訓練
(夜間の介護等、居住の場)
(1か月の日数から8を引いた日数)
→ 1か月30日の場合、22日
(8日間)
※ 入所施設から離れて、日中活動の選択が可能に。
休
日
に
お
け
る
介
護
等
の
支
援
を
「
施
設
入
所
支
援
」
の
中
で
評
価
入所施設における外泊等の場合の本体報酬の算定について
施設入所者の入院・外泊時については、月6日間を限度として320単位を算定することと
しているところであるが、出発時の送り出し、帰宅時の迎え入れの支援を行うことを前提に、
入院・外泊の初日及び最終日については、日中及び夜間の本体報酬の算定が可能。
【(例1)土曜日の朝から外泊(1泊2日)の場合】
(算定可能)
(月)
(火)
(水)
(木)
(金)
【日中活動】
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
【施設入所支援】
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
(土)
(日)
本体報酬
本体報酬
○
○
外泊(1泊2日)
【(例2)金曜日の夕方から外泊(2泊3日)の場合】
(木)
(算定可能)
(月)
(火)
(水)
(金)
【日中活動】
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
【施設入所支援】
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
本体報酬
(土)
320単位
○
(日)
本体報酬
○
外泊(2泊3日)
外部の日中活動を利用する場合の補足給付の取扱い
○ 外部の日中活動を利用する施設入所者の補足給付の取扱いについては、
① 利用者は入所施設に2食分の費用と補足給付の差額を、日中活動事業者へ1食分の費用を
支払い、
② 入所施設に対し、3食分の補足給付を行う
こととし、入所施設は昼食分も含めて、利用者負担額を管理する仕組みとする。
○ 1月(30.4日分)の食費の合計額が5.8万円を超えることとなる場合も可とする。
(朝食)
300円
(夕食)
800円
【障害者支援施設】
施設入所支援
⑥ 3食分の補足給付(400円)
を支払い
② 2食(朝食・夕食)利用
④ 食費と補足給付
の差額(700円)を
支払い
利用者
⑤ 食費(500円)を
支払い
①
昼
食
費
用
を
把
握
③ 1食(昼食)利用
生活介護
(昼食)
500円
【指定事業所】
○ 入所施設における実費の
額が補足給付(日額)を超え
ない場合については、障害
者
支援施設は 指定事業所の
昼食費用も含めて利用者負
担額を管理。
○ この場合については、補
足
給付額との食費の額との差
額を利用者に償還する。
補足給付
(日額400円と仮定)
ダウンロード

日中活動と施設入所支援の報酬の算定について