小中一貫教育特区
薩摩川内市小中一貫教育特区
(連携型)
平成18年4月~平成20年3月
なぜ,祁答院地域
◇「パソコンの町」
TV会議システム等:移動しなくても
相互乗り入れが可能
• 複数の小学校
(上手・黒木・大軣・藺牟田小学校)と
1中・祁答院中学校
期待される効果
①
②
③
中学校への円滑な移行(発達区分)
特色ある教育活動(新設教科)
学校のよさを共有(兼務制)
中学校への円滑な移行
◇従来の「6・3制」 から 「4・3・2制」
発達区分(小1~中3)9年間
○1年~4年・・・前期(基礎・基本の定着)
●5年~7年・・・中期(学力の定着)
英語や教科担任制等
段差の解消
中1
小1~4
中2・3
小5・6
○8年~9年・・・後期(個性の伸長・能力開発)
特色ある教育活動
◇新設教科
情報コミュニケーション科
●英語教育
●パソコン操作技能
●情報活用・モラル
●表現力
●コミュニケーション能力
学校のよさを共有
◇兼務制
○小中学校の教師・児童生徒の交流
〈共同指導(TT),不安の払拭〉
○教員の共同研修・指導力向上
○英語教育の充実
○教育課程の円滑な接続
指導体制について
● 中期(小5~中1)を柱として,相互乗り
入れ授業を実施
◇小中学校間の授業交換
◇小中学校教員が共同で(TT)
● 外部講師の活用
◇ALT(外国語指導助手)
◇GT(日本人講師・保護者・学生等)
情報コミュニケーション科では
◇
◇
◇
◇
◇
◇
英語教育の充実
パソコンの操作技能
情報活用能力
情報社会へ参画する態度・資質の向上
情報モラル
場に応じた
表現力・コミュニケーション能力
ダウンロード

小中一貫教育特区 - 薩摩川内市教育委員会