ものの溶けかた
「試験管の中の雪」
塩化アンモニウムが水にとける
量の温度による変化
埼玉大学教育学部理科教育講座
芦田 実
高い温度 → さます → 低い温度
実験してみよう
試験管に塩化アンモニウムと
水を入れてまぜる
お湯につけてまぜる
空気中でゆっくりさますと,
つぶが出てしずんでいく
高い温度 → さます → 低い温度
もののとけかた
ものを水にとかすとき,温度が高く
なるほど,とける量がふえるか?
とける量がへるか?
ふつうは,とける量がふえる
低い温度でとける
だけとかしたとき
温度を上げると,さらにとける
のか?変わらないのか?
ふつうは,温度を上げると,
さらにとけるようになる
高い温度でとける
だけとかしたとき
温度を下げると,何がおこる
かな?
ふつうは,とけきれなくなった
つぶが出てくる
高い温度 → さます → 低い温度
実験してみよう
試験管に塩化アンモニウム(44g)と
水(80g)を入れてまぜる
お湯(70℃)につけてまぜる
空気中でゆっくりさます(60℃以下)と,
つぶが出てしずんでいく
ダウンロード

試験管の中の雪