STOP!ユーロ離脱!
~持続的なユーロ圏の発展をめざして~
もしギリシャがユーロを離脱したら・・・
ドラクマの導入
しかし、一連の財政難によって信頼の薄いギリシャ通貨は大幅な通貨安に・・・
ギリシャ国民ですらユーロを保持したがり、ギリシャの銀行から預金が引き出され、銀行は破た
ん
→輸入インフレ
ドラクマ暴落
観光業などの競争力UP しかし輸出産業がないギリシャはその恩恵を十分に享受できなく、む
しろユーロ建てで積みあがってきた債務高はさらに膨れ上がることに
デフォルトを余儀なくされる
ギリシャのデフォルトは、これまで危機の拡大を防ぐためにギリシャ国債を買ってきたECBの信
用を低下させ、また、第2のギリシャとしてポルトガルやアイルランドへ飛び火
ユーロ暴落
もしギリシャがユーロに残留したら・・・
緊縮財政のもと融資獲得
緊縮財政(増税や公務員給与削減など)はギリシャ景気を後退させるため、税収は
思うようには増えないし、大規模のデモも発生
結局市場からは資金を調達できるまでには達しない
問題の先送り・・・
結局根本的な解決は見込めない
そもそもユーロ圏が存在する意味は
何か・・・
・ユーロ圏の被る利益とは?
①為替リスクとそのコストの削減
②経済の効率化(競争激化)~より良い財・サービス
をより安く~
③規模の利益
④安全保障
・ユーロ圏の被る不利益とは?
①独自の金融政策がとれない(金利の設定)
②貿易収支の調節機能が働かない
ユーロ圏に必要なのは
「最適通貨圏」!!!
・最適通貨圏の理論とは?
①経済格差が小さく、非対称なショックが起こり
にくい
②為替以外の手段によって経済格差が是正さ
れる
③経済の開放性
④労働の移動性
(⑤財政移転が可能=通貨圏で一つの財政)
そもそも欧州金融危機の根本的な原
因は何か?
(答)共通通貨による、経済・財政状況に見合
わない為替と金利
本来生産性の差を埋める為替レートが変動せず、産業は衰退
一方、強いユーロは低い金利で調達することができた
→ギリシャの放漫財政
金融政策と財政政策がバラバラ!
つまり・・・改善すべきは①経済格差の是正
②金利の複数化
(持続的なユーロ圏の発展に)
残された選択肢は・・・
①最適国ユーロ
②ユーロ二分化
③金利複数化?
④ユーロ解体(EUとしては存在)
ただし、①と④にはPIIGS諸国の
ユーロ離脱リスク
③には、資本移動の加速の問題
したがって・・・②ユーロ二分化!!!
ユーロの二分化
~AユーロとBユーロ~
Aユーロには経済パフォーマンスのよい国
Bユーロには経済パフォーマンスの悪い国
↓
経済格差の是正と
それに応じた金利の設定(複数化)
→金融政策と財政政策の一貫性!
※経済パフォーマンスの指標はどこに置くべきか・・・
考えられる問題点はどこか・・・
二分化で済むか・・・
おまけ
~脱緊縮財政~
緊縮財政→景気後退→税収減
→ギリシャ問題の根本的解決になるのか?
金融緩和政策の可能性
インフレ率UP
効果①税収増
効果②債務負担の実質減
効果③株価上昇
ダウンロード

STOP!ユーロ離脱!