都跡小中一貫教育のこれまで
の経緯と取組の様子
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
成果と課題
新設3教科
◇平成20年度
・平成20年3月
施設分離型(1小1中)奈良市小中一貫教育パイ
ロット校の指定を受ける。
・平成20年度
校内研修(教育課程・新設教科等)、小中連絡協議
会、小中合同研修、先進校へ視察、土曜参観、授業
公開の参観
小学校高学年で一部教科担任制の実施
中学校教員の小学校訪問と6年生との交流
中学校職場体験の体験先として小学校が受け入れ
小学校6年生の中学校体験入学(2月に授業を体験)
特別支援学級の調理実習による交流
「夏まつり」で幼小中教職員の合同出店
PTAへの説明会
◇平成21年度
・小中一貫教育検討委員会設置、年間3回の合同研修
・中学校英語教員2名が
5・6年生の「英会話科」
を担任とTTで担当
・中学校家庭科教員が6年生の
「家庭科」を担当
・小学校教員が中学校「情報
科」に中学校技術科教員とTTで担当
・6年生の児童と生徒会有志による交流
(朝顔のカーテン、ゲームでの交流)
・HP、学校便りなどで発信
◇平成22年度
・「英会話科」にALTが入る。
・小学校教員が中学校「情報科」
を担当。
・小中の土曜参観への相互訪問
・ふれあい交流会
(6年生と生徒会有志の交流)
・2年生の町探検と3年生の
校区探検に中学校をコー
スとして入れる。
中学校の教室を見学する
小学生
◇平成23年度
・小中一貫教育の都跡小中としての目標を設定
・奈良市小中一貫教育研究発表会での発表
・「都跡ふれあいまつり」で小中一貫教育の取組・
成果・課題を発表
◇成果と課題
 中学校入学時に中学校の先生や様子を知って
いることで安心感が生まれ、中一ギャップの
解消につながる。
 意図的に切り替えや世間の広がりを示すこと
が課題。
 学校評価アンケートでは新設3教科の学習内
容などに関心を示してくださる方が多い。
 行事調整の難しさから、小学校行事と中学校
行事が重なったり、連日になったりして、保
護者に負担がかかっていることがある。
郷土「なら」科
の様子
5
年
生
大
仏
殿
情報科の様子
6年生の作品
職場体験学習のまとめ
5.6年生の英会話
ALTのミンタン先生
中
学
校
先英
生語
科
の
5年生の担任の先生
6年生の担任の先生
合同研修会などから見えてき
た児童・生徒の課題
・家庭学習
家庭学習の習慣がついていない子がいる。
・授業力・学習規律
粘りがない。
グループ活動ができない子が多い。
姿勢や椅子の座り方が悪い子がいる。
・道徳、人権教育
固定した人間関係やイメージから自分の意
見が言いにくい環境がある。
ダウンロード

小中一貫教育・地域説明会