アジアに眼を向ける基本的な姿勢
~様々な場面での見極めの極意を伝授します
それぞれの企業、個人が問題意識を持ってアジアビジネスに取り組む必要が高まって
います。ところが、いざ中小企業が単独で海外とのビジネスを始めようと思っても、言葉、
商習慣、貿易実務、為替…と不安ばかりが募ってしまいます。
今回のセミナーでは、アジア、特に中国をターゲットにしたビジネスの現場で、実際に役
立つ事例研究を多数用意しております。皆様方の参加をお待ちしております。
■その1 中国最新事情
お申し込みは、8月25日(木)まで
HITSと提携関係にある蘇州高新区管理委員会の日本事務所長をお招きし、現地の最新情報を
報告していただきます。 新幹線の話も思い切って聞いてしまいましょう(笑)
講師: 蘇州高新区日本事務所所長 王平(ワンピン) 氏
■その2 中国ビジネスに向き合う姿勢
中国ビジネスで必要不可欠な「スピード」「柔軟性」「チャレンジ精神」の表と裏、現地での
展示会の活用方法について経験に基いた独自理論を披露するとともに、中国人に対する間違っ
た解釈や先入観を改める契機を提供します。 吉村氏は日立市の出身です。
講師: Taipei Computer Association(TCA)東京事務所 駐日代表 吉村 章
■その3 本音で語るQ&Aトークバトル
パネラー:王平 氏、吉村 氏、HITS 小山
・中国人はどうして喧嘩をするように話をするか?
・食事をご馳走した翌日にお礼を言わないのは?
・中国人はどうして謝らないか?(「すみません」の意味)
・中国人の「ホンネ」と「タテマエ」、議論(主張〕に一貫性がない背景
・中国人と儒教、宗教観と道徳意識 など
中国の日本事情通代表「王平」vs中国人とうまくつきあうテクニック「吉村章」
新幹線の話も、共産党の内部事情も・・・靖国も尖閣も中国人から見る原発の話も・・・
思い切って聞いてみましょう。
政治、ビジネス、異文化理解、3つの切り口から
鋭いトークバトルを展開
※3人は国籍・職業を超えて信頼関係を
築いている「朋友」です。
主催: 財団法人日立地区産業支援センター
お問い合わせ: 担当 小山・日向
TEL 0294-25-6121 FAX 0294-25-6125
Mail: [email protected]
日時:
会場:
受講料:
王平 氏
吉村 章氏
★ 吉村氏のについて ★
Taipei Computer Association(TCA) 東京事務所 駐日代表
NPO法人アジアITビジネス研究会 理事
独立行政法人中小企業基盤整備機構 国際化支援アドバイザー
日立地区産業支援センター 海外展開コーディネーター
◆著書に「すぐに役立つ中国人とうまくつきあう実践テクニック」総合法
令出版/2010年5月、「ビジネスで必ず役立つ中国人の面子(メンツ)」総
合法令出版/2011年5月
2011年8月26日(金) 14:00から17:00まで
日立地区産業支援センター(日立市西成沢町2-20-1)
無料 (先着順)
定員: 20名程度
FAX 0294-25-6125
日立地区産業支援センター行
2011年
所属
右記のとおり、
セミナーの受講を
申し込みます
氏名
TEL
月
日
ダウンロード

第1回 異文化理解の基本/日中ビジネスにフォーカスして 第2回 中国人の