ゼオライトを混入した
植生コンクリートの開発
名古屋工業大学 大学院1年
社会工学専攻
18418521
岸本 真吾
目次
・背景
・方法
・目的
・結果
・考察
背景
目的
コンクリート三面張り
方法
×
国民の
声
都市河川
結果
考察
ポーラスコンクリート
栄養塩を含まない
背景
目的
方法
建設会社
埋立て処分
セメント原料
×
石炭
灰
×
結果
考察
ゼオライトへ転換
未確
認
・ 多孔質の粒子
・ 保肥力、保水性があり、植物の生育を促進
背景
目的
ポーラスコンクリート + ゼオライト
ll
植生コンクリート
方法
結果
考察
ゼオライトに実際に保肥力があるのか?
ポーラスコンクリートの問題点は改善できるのか?
この植生コンクリート
は・・・
将来的に治水・利水の目的を果たしつ
つも、生物多様性に富む河川の創出
背景
目的
方法
実験に用いたポ-ラスコンクリートプレート
プレート1
バインダ中ゼオライト
充填土壌
結果
考察
プレート2
バインダ中ゼオライト
充填土壌
プレート3
バインダ中ゼオライト
充填土壌
・重量
・活性の度合
背景
目的
結果
考察
方法
実験材料
西洋芝
生育期間
平成16年11月2日
~平成17年7月22日
C: 42%
N: 4%
S: 2%
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
1.植物の育成
2.乾燥重量測定
・・・・・・・・
・・・・
3.CNコーダ含有
元素測定
背景
目的
結果
プレート1
バインダ中ゼオライト
0.303
充填土壌
方法
プレート2
バインダ中ゼオライト
0.176
充填土壌
プレート3
バインダ中ゼオライト
0.086
充填土壌
0.217
考察
0
0.2
重量(g)
西洋芝の乾燥重量
0.4
背景
目的
結果
プレート1
バインダ中ゼオライト
1.869
充填土壌
方法
プレート2
バインダ中ゼオライト
1.538
充填土壌
プレート3
バインダ中ゼオライト
0.297
1.572
充填土壌
考察
0
1
含有率(%)
西洋芝の窒素含有率
2
背景
目的
考察
プレート1とプレート3の比較
プレート1
方法
バインダ中ゼオライト
プレート3
充填土壌
バインダ中ゼオライト
充填土壌
土壌中にゼオライトを混入したプレートでは植物の
生育が促進されている
K+
結果
H2O
K+
PO4
H2O
3-
K+
PO43K+
背景
目的
考察
プレート2とプレート3の比較
プレート2
方法
結果
バインダ中ゼオライト
充填土壌
プレート3
バインダ中ゼオライト
充填土壌
バインダ中にのみゼオライトを混入したプレートでは、ゼオ
K+
ライトが全く混入されていないプレートに比べ、重量は大き
くなったが、植物活性については差はみられなかった
PO43-
H2O
背景
考察 (まとめ)
目的
ゼオライトを含む土壌を充填した方が
より早く元気な植物が生育できる
より早期に、元気
な植物が育つ
方法
結果
石炭灰は有効に再利用
ポーラスコンクリートの植生機能の改善
生物多様性に富む河川の創出
環境保全
完
ダウンロード

PPT - 社会開発工学科・専攻(土木工学系)