酸、アルカリとイオン
酸性、中性、アルカリ性とは?
酸性,中性,アルカリ性
 鍾乳洞・・・地下水(酸性)が石灰石を溶かす
 酸性雨,アルカリイオン飲料,アルカリ石けん・・・
・・・
酸性、アルカリ性
 水溶液の性質とは?
 <調べ方>

リトマス紙,BTB溶液,フェノールフタレン
 「酸性」 青→赤
黄
無色
 「中性」 変化なし 緑
無色
 「アルカリ性」 赤→青
青
赤(ピンク)

身の回りにたくさんある
酸性やアルカリ性の水溶液を調べよう
方法
色、に リトマ BTB液 マグネ
おい
シウム
ス紙
塩酸
HCl
水酸化ナトリ
ウムNaOH
酢(酢酸)
CH3COOH
硫酸
H2SO4
石灰水
Ca(OH)2
アンモニア水
NH4OH
<考察>酸性,アルカリ性に共通する性質はそれぞれ何だろう。
それは,中に入っているどんな原子やイオンのためだろう。
電流は流れ
やすいか?
酸性やアルカリ性の水溶液を調べよう
方法
塩酸
HCl
水酸化ナトリ
ウムNaOH
酢(酢酸)
色、に リトマ BTB液 マグネ
おい
シウム
ス紙
青→
赤
赤→
青
酸
性
気
体
電流は流れ
やすいか?
流れる
流れる
アルカ
リ性
気
体
硫酸
H2SO4
酸
性
流れる
CH3COOH
青→
赤
青→
赤
酸
性
気
体
流れる
石灰水
Ca(OH)2
赤→
青
アルカ
リ性
アンモニア水
NH4OH
赤→
青
アルカ
リ性
<考察>酸性,アルカリ性に共通する性質はそれぞれ何だろう。
それは,中に入っているどんな原子やイオンのためだろう。
流れる
流れる
酸性,アルカリ性
 「酸性」・・・BTB:黄色
リトマス紙:赤
 塩酸(塩化水素),酢酸(酢),炭酸(CO2),硫酸,蟻酸
(虫の毒),トイレ用洗剤、クエン酸(果汁・・酸(す)っぱい)
 金属(マグネシウム,亜鉛・・・)を入れると水素が発生
・・・・・「H:水素」を含んでいる。
 「アルカリ性」・・・BTB:青 リトマス紙:青
 水酸化ナトリウム,石灰水(水酸化カルシウム),アン
モニア水,カビとり剤、石けん・・・・
 タンパク質(皮膚)を溶かす・・・・・石けん
 水酸化・・・・(OH)水素と酸素を含む)
 水に溶かすと酸性になる物質を「酸」,アルカリ性にな
る物質を「アルカリ」という
酸性、アルカリ性に関係するイオ
ンは何?
 <塩酸の電離式>
 HCl → H+ + Cl-
 <水酸化ナトリウムの電離式>
 NaOH → Na++ OH-
 酸性アルカリ性にはどっちのイオンが関係しているの?
 どんな実験で調べられる?
 イオンだから電気で引っ張ることができるのでは?
実験5 イオンの移動を観察しよう
 <目的>酸性,アルカリ性の正体のイオンは何?。
 <方法>①BTB液が入った
 緑(中性)の寒天をストローに入れる。
 ②ストローの中央にカッター
 で切れ目を入れ,塩酸をひた
 したろ紙をはさむ。
 ③寒天の両端にもろ紙を入れ、
 電源装置で15Vの電圧を加えて,寒天の色の変化を
観察する。
 ④水酸化ナトリウムで同様にして実験を行う。
 <考察>なぜ色が変化したの?
 塩酸と水酸化ナトリウムで違うのはどうして?
結果の発表について
 大きな声でみんなの方を向いて堂々と!
 まわりの人に分かってもらえるように工夫する
 適切な用語や文章で説明する。
 図を使う、式で表す、色を付けるなど
 <説明例>
 実験結果で○○○となったので、これは○○○のためだ
と思われます。(結果と考えを分ける)
 私は○○と考えます。理由は○○だからです。(自分の
考えをもつとともに、その根拠を明確にする)
 実験結果は○○となったけど、これは○○のためで実
際には○○となるはずだと思います(失敗も実験結果)
実験結果
-極
+極
 <塩酸>・・・・HCl → H+ + Cl-
 ・・・・陰極(-)側が黄色になる
 酸性のもとは+イオン
 ・・・・H+(水素イオン)
 <水酸化ナトリウム>・・・NaOH → Na++ OH-
 ・・・・陽極(+)側が青になる
 アルカリ性のもとはーイオン

・・・・OH-(水酸化物イオン)
酸性とアルカリ性を混ぜると?
 ハチに刺されたらアンモニア水を付けるのはなぜ?
 酸性の温泉水に石灰水を混ぜて農業用水に利用
 酸性の土壌(農地)に石灰をまく
酸とアルカリ
-
+
+-





<酸性>
HCl → H+ + Cl-・・・・塩酸
H2SO4 → 2H+ + SO42- ・・・・硫酸
H SO4
H2CO3 → 2H+ + CO32- ・・・・炭酸
CH3COOH → CH3COO- + H +・・・・酢酸





<アルカリ性>
NaOH → Na++ OH-・・・・水酸化ナトリウム
KOH → K++ OH- ・・・・水酸化カリウム
NH4OH → NH4+ + OH- ・・・・アンモニア水
Ca(OH)2 → Ca2+ + 2OH- ・・水酸化カルシウム(石灰水)
OH
+ -
-
+
Ca
OH
H
酸性とアルカリ性を混ぜると?
 ハチに刺されたらアンモニア水を付けるのはなぜ?
 酸性の土壌(農地)に石灰をまく
酸性とアルカリ性の水
 <目的>溶液を混ぜるとどうなる?
 塩酸と水酸化ナトリウム水溶液をまぜる
とき、液の性質や、できる物質について調べる
 <方法>
 ①ビーカーに塩酸を「こまごめピペット」 で
10cm3取り,BTB溶液を加える
 ②水酸化ナトリウムを2cm3ずつ加えて
かき混ぜ液の色を観察する
 ③青色になったら止めて,塩酸をピペットで1滴
ずつ加え,緑色にする
 ④スライドガラスに一滴とり,
水が蒸発したら顕微鏡で観察(次の時間)
<結果>
加え 2
た量
cm3
4
6
8
10
色
OH
<考察>
水溶液の中で起こったことを
化学反応式やイオン式,図な
どで説明してみよう。
Na +
H+
①なぜ中性になるの?
②スライドガラスの中は何が
残る?
-
-
Cl
Cl -
H+
中和とは?
 塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えると液は?
 酸性→中性→アルカリ性と変化
 中性になった溶液には食塩(塩化ナトリウム)が含ま
れている
 酸とアルカリをまぜると打ち消しあって中性になる!
 塩酸 + 水酸化ナトリウム→ 塩化ナトリウム+水
 (塩化水素)
(食塩)
 HCl
NaOH
→ NaCl + H2O
Na
Cl +
+
-
 H+ + OH- → H2O
H
OH
 この反応を・・・・・・中和(ちゅうわ)

できる物質は・・・・・
・塩(えん) と 水
中和反応中の液のイオンの種類
 塩酸2個に水酸化ナトリウムを1個加える
 液の中のイオンの種類は?

H+ 、 Cl-、Na+・・・・酸性
 水酸化ナトリウムを2個なら・・・Na+ 、 Cl−・・・中性
OH-
+
Na
+
Na
Cl
+
Na
H+
H+
Cl
OH-
OH-
-
 水酸化ナトリウム3個なら・・Na+ 、Cl− 、 OH−・・アルカリ性
いろいろな塩










「中和反応」でできる物質
→塩(えん)
様々な「酸」と「アルカリ」でいろいろな「塩」ができる
塩酸+水酸化ナトリウム→塩化ナトリウム(食べられる塩)
HCl+NaOH→NaCl+H2O
硝酸+水酸化カリウム→硝酸カリウム(細長い結晶)
HNO3+KOH→KNO3+H2O
硫酸+水酸化バリウム→硫酸バリウム(白い沈殿)
H2SO4+Ba(OH)2→BaSO4+2H2O
炭酸+水酸化カルシウム→炭酸カルシウム(白い沈殿)
H2CO3+Ca(OH)2→CaCO3+2H2O
いろいろな電離式












塩酸
HCl →H++Clー
水酸化ナトリウム
NaOH→Na++OHー
硝酸
HNO3 →H++NO3-
水酸化カリウム
KOH→K + + OH-
硫酸
H2SO4 →2H++SO42-
水酸化バリウム
Ba(OH)2→Ba2++2OH-
NaCl
KNO3
BaSO4
pH(ピーエイチ:ペーハー)
 アルカリ性:PH8~14
 中性:PH7
 酸性:PH1~6
 リトマス紙
 ・・・・リトマスゴケ
 ・・・ムラサキキャベツ
<練習問題>
氏名(

①ある物質6.2cm3を取り質量を計ったら50.4gだった。この物質の密度
はいくらか。単位も書け。
50.4÷6.2=8.1g/cm3


②密度が5.7g/cm3の物質が20cm3ある。質量はいくら?
5.7×20=114g

③水200gに砂糖60gを溶かした。濃度は?
60÷260=約23%

④20%砂糖水300gを作りたい。水
何gに砂糖何gを混ぜる?
 300×0.2=60g・・・・砂糖
 300÷60=240g・・・・水

⑤60℃の硝酸カリウムの飽和水溶液
を40℃に冷やすと何gの結晶が出てくる?
108-66=42g

⑥水100gに20gのミョウバンを溶かした。
今の温度は60℃ であるが、何度まで冷やすと
結晶が出てくる?
38℃

)
ダウンロード

酸アルカリとイオン