第10課 豊かさゆえの病がある
• Ⅰ.読む前に
• ❶ 次の言葉は、これから読む文章の中に出てくる言葉です。
• (1) 下の枠の中から、適当な言葉を選び、
に書き入れ
ること。
• ① 男も女も、日本人の肉付きのよさ、 有り体 に言えば肥満
の現実であった。
• ② 一年半の間、見続けていたイラン人に腹の 突き出た 男
はいなかった。
• ③ 中年男性たちはおなかのあたりが ポコン と膨らんでいる。
• ④ 体全体に余分な肉が びっしり とくっついている、という風
情なのだ。
• ⑤ 中年になっても顎の線が くっきり と保たれている人は腹も
•
出ていないし、ウエストラインも すっきり としている。逆に言
えば、首から顔へ 地続き が完成し、顎の線が
ボヤケてしまった 人は肥満である。
• ⑥ 摂取すべきカロリー量以上に毎日食べ続け、それに
•
見合う カロリー消費をしない生活を続けていれば、
当然のごとく人間は肥満する。
• ⑦ 手袋をして寝床に入った冬の日々の記憶が まざまざ と蘇
る。
• ⑧ 少年Aの住んでいたあたりは、 ゆったり とした敷地に個性
的な一戸建てが並ぶ、理想的な住宅街である。
⑨ 庭で卓球に 興じる 家族の姿を多くの人が目撃している。
⑩ それは死の醜さ、恐怖といった、暗黒面の実体験、実感の希薄
さの中で育った死への 執心 である。
• ボヤケてしまった
まざまざ
突き出た
ポコン
くっきり
すっきり
地続き
執心
びっしり
興じる
有り体
ゆったり
見合う
❷ 使い分け
ひときわ・一段と・ひとしお
• ひときわ:多くの中から、特に目立つものを取り
立てて言う場合に使う。
• ひとしお:物事の程度が増す事情を取り立てて
言う場合に使う。
• 一 段 と:時間的、範囲的な比較の結果を取り
立てて言う場合に使う。
(1) 次の表に挙げた文例の括弧に入れる語として正しい
と思うものに○、使えないと思うものに×、どちらとも
いえないと思うものに△をそれぞれ入れること。
寒さが 中で
文例
⊂⊃身 ⊂⊃高
にしみ い山
語
る
○
××
○
△
今後は 感慨も
⊂⊃気 ⊂⊃だ
をつけ
ます
× ×
○
○
×
○
○
○
×
ひときわ
一 段 と
ひとしお
背の高
さが
⊂⊃目
立つ男
○
膨らむ・膨れる
「膨らむ」も「膨れる」も、「物が内から外へ盛り上がって(丸く)大きく
なる」という点では、意味が似ているが、「膨らむ」は植物の開花時
期が近づくという意味にも用いられる。一方、「腫れる」という意味
を表す場合には「膨れる」が使われる。また、考えや計画などの規
模が大きくなったり、広がったりする意味を表す場合には「膨らむ」
が使われるが、頬を、膨らむようにして不機嫌や怒りを面に表す動
作の場合には「膨れる」が使われる。
文例 餅が つぼみ ひねった足 期待 気に入ら
⊂⊃ が⊂⊃ 首が⊂⊃あ が⊂⊃ ないとす
語
がる
ぐ⊂⊃
○
×
み
れ ○
×
○
×
膨れる
○
○
×
膨らむ
○
Ⅱ.読む
• まず、次の質問を考えながら、全文を読みなさ
い。
• ❶ 筆者は、この文章で何を言いたいのでしょうか。
筆者の主張がまとめられていると思われる段落を
指摘しなさい。(また、一つとは限りません。)
• ❷ 筆者が考える「病」「カゲリ」とは、具体的にはどん
なことでしょうか。例を挙げてみなさい。
作者Profile
ニュースの職人
鳥越 俊太郎 さん
• とりごえ・しゅんたろう 1940年生まれ、福岡県出身。 65年
京都大学文学部国史学科卒業。同年毎日新聞入社。新潟支局、
大阪本社社会部、東京本社社会部、サンデー毎日編集部、外
信部(テヘラン特派員)を経て、88年『サンデー毎日』編集長と
なる。89年同社を退職、同年10月から報道番組『ザ・スクー
プ』(テレビ朝日系)のキャスターを務める。現在は、『スーパー
モーニング』(テレビ朝日系)のコメンテーターを務めるなど、テ
レビで活躍する傍ら、関西大学で教鞭を執る。また、ウェブサイ
ト「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載「鳥越俊太郎のあのくさ これば
い!」を持つ。著書には、『桶川女子大生ストーカー殺人事件』
(鳥越俊太郎&取材班 メディアファクトリー)、『ニュースの職人
「真実」をどう伝えるか』(PHP研究所)、『報道は欠陥商品と疑
え』(ウェイツ)、『親父の出番』(集英社)などがある。趣味は、水
泳、ゴルフ、ドライブ、ジャズ・バロックなどの音楽鑑賞。
Ⅲ.読んだあと
質問と解説
• 1.下腹部と首から頬にかけての部分が肥満を
測るポイントであると、筆者は言っているが、
このポイントに基づいて、具体的に肥満の様
子とそうでない様子を描いた文を本文から抜
き出してみなさい。
肥満の様子:
下腹部――お腹のあたりがポコンと膨らんでいる。
首から頬にかけての部分――首から顔へ地続き
が完成し顎の線がボヤケてしまった。
肥満でない様子:
下腹部――腹も出ていないし、ウエストラインも
すっきりしている。
首から頬にかけての部分――顎の線がくっきりと
保たれている。
2.「『飽食』状況を放置したまま」とあるが、
具体的にどのようなことか。
摂取すべきカロリー量以上に毎日食べ続け、
それに見合うカロリーを消費しない生活を続
けるということ。
3.「そんな話を今の子供たちにしたところで、
驚かされるならまだしも笑われるぐらいがオ
チだろう。」とあるが、それと似ている表現手
法で書かれた文が本文にはもう一箇所ある。
それを探し出してみなさい。
少なくとも貧しさと戦いつつ育ってきた、わ
が世代の少年たちには想像もつかない世
界がそこにはある。
4.『聖なる実験』とは、何のことか。
少年Aによる殺人。
5.この文章での「通り魔犯行」は、具体的
に誰が誰に対して犯した犯行なのか。
少年Aが土師淳君に対して犯した犯行
6.この文章は次のような構成で書かれて
いると思われるが、それぞれの部分の具体
的な内容を簡潔に書き出して見なさい。
• 現実 → 原因 → 社会的背景 →
落としたカゲ → 分析 → 注意喚起
現実――肥満
原因――飽食
社会的背景――豊かさ
落としたカゲ――精神面の疾患による少年Aの
犯行など
分析――カゲリのない環境に育った少年の心の
中には途方もないカゲリが生じ、それ
は途方もない怪物に変身していった。
注意喚起――貧しさと戦いつつ育ってきた世代
の少年たちには想像もつかない世
界が現代の豊かな社会にはある。
ダウンロード

第10課 豊かさゆえの病がある