ムラサキキャベツ液の
pHによる色の変化を
利用した実験
071402
浅田和哉
研究内容
(1)橘小学校での授業
(2)ムラサキキャベツ液を用いた
中学校や高校でもムラサ
・光合成キキャベツ液を使った授
・中和滴定業ができないか?
・塩化ナトリウム水溶液の電気分解
①光合成の実験
【方法】
CO2
オ
オ
カ
ナ
ダ
モ
CO2
対照試験管
①光合成の実験
【結果】 BTB溶液 ムラサキキャベツ液 万能指示薬
日
光
に
当
て
る
前
日 1
光 時
に 間
当
て
た
後
①光合成の実験
【考察】
クロロフィルの
吸収スペクトル
CO2を入れたムラサキキャ
ベツ液の吸収スペクトル
↑
紫
青、緑、黄、橙
↑
赤
①光合成の実験
ムラサキキャベツ液を用いることの
利点
欠点
・光合成に適した
波長の光が届く。
・ヒトの呼気では
色が変化しない。
・時間の経過によ
る退色が少ない。
・色の変化が少な
い。
②中和滴定
ムラサキキャベツ液を指示薬
とした中和滴定の実験
広く行われていない!
利点
pHの変化がわかりやすい。
中和点を迎える目安がわかる!
②中和滴定
②中和滴定
pH1~2
pH6~7
pH11
pH3
pH8
pH11~12
pH4~5
pH9~10
pH12~
③塩化ナトリウム水溶液の電気分解
陰極 NaCl→Na++Cl- 陽極
e-
Cl
e-
O
O
H
アルカリ性
に傾く
H
O H
H
H
H
Na+
Na+
Cl
e
-
e-
Cl
Cl 酸性に傾く
Cl-
Cl-
③塩化ナトリウム水溶液の電気分解
【炭素棒を電極に用いる】
イオン化
塩素が発生
③塩化ナトリウム水溶液の電気分解
【塩素の発生】
Cl2
アルカリ性
に傾く
酸性に傾く
HClO
HCl
漂白作用
③塩化ナトリウム水溶液の電気分解
ムラサキキャベツ液を
用いた実験
今までに行われていない!
利点
・陽極・陰極付近のpHの変化を確認
できる。
・色がつくことで塩素による漂白作用を
確認できる。
全体のまとめ
光合成
中和滴定
電気分解
3つの実験を通してムラサキキャベツ液
の教材性の高さを実感した。
これから教育現場に出たときにこれらの
実験について行い、成果を確かめたい。
ダウンロード

パワーポイントはこちらから