琉球海運の省エネ運航の取組み
目次
1、琉球海運について
2、省エネの取組み
3、就航船での採用実績
4、燃料消費量の指標
5、今後の取組み
2013年2月28日
琉球海運㈱ 三上郁夫
1
琉球海運の航路
RORO貨物船
LOA
G/T
D/W
MCO
150~170m
6000~10000トン
5200~6800MT
13,300~16,900kW
2
会 社 方 針
• 琉球海運の経営理念
お客様を大切にする企業
地域社会に愛される企業
社員が生き甲斐を感じる企業
・ 環境に配慮する地球にやさしい会社を目指す
省エネ運航への取組み
グリーン経営認証取得
3
省エネへの取組み
Plan
省エネ意識の向上
省エネ対策の調査・評価
省エネ診断
Do
Action
ハードでの対応
改善対策
PBCF設置、防汚塗料
他船への適用
ソフトでの対応
燃費計、ECoRo
Check
効果の検証・問題点の抽出
見える化
4
省エネ意識向上
• 社内講演会や説明会
(外航船社の対応の紹介、省エネ機器メーカーの機器紹介)
(省エネ対策の効果確認、運航船の実態認識)
• 省エネ診断の受診
(第3者からの意見)
• 燃料消費量の見える化
(毎月の本船レポートをグラフ化して配布)
(燃料消費調査表での調査)
• 省エネ機器や運用での効果と問題点の共有化
5
省エネ対策の方法(ハード)
・船体の抵抗削減 →
高性能防汚塗料と低摩擦塗料
粗度改善(サンドブラスト)
空気潤滑
船型の改善
・プロペラ効率向上 → 二重反転プロペラ
プロペラ回りの水流改善
(PBCF、省エネフィン、新設計など)
プロペラ粗度改善
・主機の燃費向上 → 電子制御エンジン
・電力消費量の削減 → 主冷却海水ポンプのインバータ制御
LED照明
6
省エネ対策の方法(ソフト)
・ 意識改革 →
環境・省エネへの全社的取組み
燃料消費量の見える化
燃料消費量と船速の関係の認知
・ 減速航海 →
沖待ちを無くす
荷役時間短縮→陸上との連携強化
・ 推進性能向上→ 排水量の削減
最適トリム
・ 海象気象 →
潮流の利用
最適航海計画
・ 節電→
停泊中の節電
7
省エネ診断結果
・運用にて実施可能な削減案(1.8%の削減)
1、停泊時間の短縮と減速航海 (64%)
2、燃料油の積載管理(排水量の管理) (18%)
3、主冷却海水ポンプの流量削減 (14%)
・リーズナブルな投資効果が期待されると
思われる提案
1、オートパイロットエコノミーモード活用
8
就航船での採用状況
・ ハードとして
高性能防汚低摩擦塗料
PBCF
船体のリセスの閉鎖 (N船)
・ ソフトとして
見える化の推進
省エネ運航支援機器の設置 (燃費計、ECoRoなど)
停泊中の節電対策
沖待ちなしの減速航海
9
ハードでの対応結果と問題点
N船の燃料消費量を前回のドック後の航海データ
と比較した結果 4-9 %の効果を認めた。
排水量と航海速力を一定にしたベースで修正した燃料消費量で比較。
または排水量一定で速力・燃料消費量を近似した曲線で比較。
問題点:減速するために主機回転数を減らすと
中速エンジンでは 排気温度が高くなり
運転に支障あり。
機関長と相談して解決
10
PBCF+AF塗料+リセス閉鎖の効果
省エネ効果4-9%
11
ソフトでの対応の必要性
実際の燃料消費量の削減には工夫が必要
(スピード性能が向上しても以前と同じ馬力では船速が
早くなるが省エネにならない。)
無駄な速さ(燃料消費)を省く減速航海
定時性を確保してできるだけ減速運航をする。
航行中の燃料消費量と船速の確認を容易にする。
(燃費計の設置)
海象気象の利用 (特に黒潮)
海上保安庁の海流図、観測ブイデータ、経験に加えて
日本気象協会のシステム(ECoRo)をトライ中
12
速力馬力曲線 (喫水との関係)
満載
d=6.7
12,000kW(85%MCO)
半載
d=6.0
満載(A) d=6.7m 20.5ノット
12,000kW(85%MCO)
10,000kW(85%MCO+20%SM)
20%SM
10,000kW
A
B
9,840kW(70%MCO)
20%SM
C
8,200kW
20.5
ノット
21.5
ノット
半載(B) d=6.0 21.5ノット
12,000kW(85%MCO)
10,000kW(85%MCO+20%SM)
半載(C) d=6.0 20.5ノット
9,840kW(70%MCO)
8,200kW(70%MCO+20%SM)
13
馬力(燃料消費量)と船速・排水量の関係
および解析手法
馬力は船速の3乗、 排水量の2/3乗、に比例する
燃料使用量は運航馬力に比例する
(馬力) ∝ (排水量)2/3 x (船速)3 ∝燃料消費量
排水量=船体重量+燃料+バラスト水+貨物
類似船型ではアドミラルティ係数が一定となる。
アドミラルティ係数 Cadm = △2/3 x V3 / SHP
例えば、排水量10000t、船速20ノットでの馬力はその近傍での
アドミラルティ係数を使って推定できる。
修正SHP = SHP x 100002/3 x 203 / ( △2/3 x V3 )
14
燃費計の設置状況
15
燃費計の画面
メイン画面:
現時点での燃料消費量を、ボタン切替により
”kl/nm” “kl/day”等で表示。
トリップ画面:
計測開始から停止までの間のパフォーマンスを、
燃費で表示。(最大1ヶ月間計測可能)
条件設定画面:
データ演算に必要な、航海での諸条件
を入力。
トレンド画面:
燃料消費量に関係のある変数と並べて、
トレンドを表示。
16
燃費計の出力帳票のサンプル
17
燃費計での航跡図
18
海上保安庁の海洋速報
19
最適航海計画支援システム
20
燃料消費調査表の整備
燃料のデータが目的別に、棚卸、機関消費量、航海
データなどがあり、それぞれ定義が異なっているので
解析用に定義を定めた調査表を作成。
21
各船の毎月の燃料消費量
22
エネルギー使用の原単位と省エネ指標
原単位は1トンの貨物を1マイル運ぶ際に排出されるCO2量。
原単位=(エネルギー消費量)/(輸送貨物量)
=(燃料消費量*機関出力)/(DW*船速)
造船設計的にはDWよりも排水量が船速に影響する。
排水量ー軽荷重量(船の重量)=載貨重量(DW)
船会社は貨物が重要、船の運航には燃料やバラスト水も必要
DW=貨物重量+燃料+バラスト水
営業トン数は容積トンで貨物の重さとは異なる。
定期航路では荷物の過多に関わらず運航されるので、運航時間に対する
燃料消費量も重要な目安の一つとなる。
23
今後の取組み
• 海陸一体となった取組みの強化
定期運航での荷役時間も含めた航海時間の見直しでの
減速運航への取組み
主機(特に中速機関)の減速最適運転範囲への対応
新しい省エネ機器の調査・評価
運航での工夫
• 見える化の継続
(わかり易い指標)
現状の見える化、 効果の見える化
• 低炭素化への支援体制の有効活用
• チャレンジ精神を持てる環境
24
PLAN
ACTION
継続
DO
CHECK
ご清聴をありがとうございました。
25
ダウンロード

3 - 日本船舶機関士協会