東京電力の現状と
脱原発の可能性
アカデミー3班
1年 中茎
森田
鈴木
増田
小泉
友里恵
麻里
大和
聡史
智太郎
(大東・国際)
(日大・金融)
(大東・社経)
(大東・社経)
(日大・産経)
目次
1. はじめに
2. 東京電力の供給能力と供給力
2-1. 冬の供給能力と供給力
2-2. 震災前と震災後の原子力発電の変化
2-3. 昨夏と今冬の供給力の比較
3. 冬の最大需要量と供給力の比較
4. 夏と冬の節電効果
5. 考察・展望
6. 参考文献
1. はじめに
昨夏は原発依存からの脱却が可能である!
【図】昨夏と一作夏の最大需要量と年9月の供給力
7,000
6,000
5,999万kw
4,922万kw
5,000
4,000
3,000
2,000
電力使用制限令によって約1,000万kw
減らすことができました。
1,000
0
(万kw)
昨夏
一昨夏
原子力発電
抜きの
供給力
5,080万kw
2. 東京電力の供給能力と供給力
2-1. 冬の供給能力と供給力
【表】発電方式別の供給能力と供給力(2011年11月現在)
原子力発電
火力発電
水力発電
一般電力間融通
合計
供給能力 供給力
140
1,819
4,858 4,231
1,464 1,001
3
8,141 5,375
(単位:万kw)
2. 東京電力の供給能力と供給力
2-2. 震災前と震災後の原子力発電の変化
約950万kwあった供給力が、震災後約340万kwに減った。
【福島第一原発・第二原発】
(単位:万kw)
1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機
停止中 運転中
停止中 運転中
停止中 運転中
停止中 運転中
停止中 運転中
停止中
運転中
46
78.4
78.4
78.4
78.4
110
1号機 2号機 3号機 4号機
運転中 停止中
運転中 運転中
運転中
停止中
停止中 停止中
110
110
110
110
東日本大震災の影響で
福島原発全て停止
【柏崎刈羽原発】
1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機 7号機
新潟中越沖地震で
運転中 停止中
停止中 停止中 運転中 運転中 運転中
停止
110
110
110
110
110
135.6 135.6
2. 東京電力の供給能力と供給力
2-3. 昨夏と今冬の供給力の比較
【夏の原子力発電:250万kw】
1号機
2号機
3号機
4号機
5号機
6号機
7号機
定期
定期
停止中 停止中 停止中 運転中 運転中
検査中
検査中
110
110
110
110
【冬の原子力発電:140万kw】
1号機 2号機 3号機 4号機
110
5号機
135.6
135.6
(単位:万kw)
6号機
7号機
定期
定期
定期
停止中 停止中 停止中
運転中
検査中
検査中
検査中
110
110
110
110
110
135.6
135.6
(単位:万kw)
2. 東京電力の供給能力と供給力
2-3. 昨夏と今冬の供給力の比較
原子力発電と一般電力間融通の割合が減った分を
火力発電と水力発電で補った。
【夏の供給力:5,327万kw】
【冬の供給力:5,375万kw】
3. 冬の最大需要量と供給力の比較
2012年冬の最大需要量は、
東京電力の2月見込みの供給力を下回りました。
【図】各月の最大需要量と2012年2月見込みの供給力
2012年2月
見込みの
供給力
5,375万kw
原子力発
脱原発は可能である!!電を除いた
供給力
5,235万kw
(万kw)
4,575万kw 4,966万kw
4,952万kw
4.夏と冬の節電効果
・昨夏は節電があったため、需要量を減らし、脱原発が可能。
任意での節電は、需要量を抑えられない
節電
義務化
(万kw)
節電
任意
5. 考察・展望
冬に脱原発は可能である。
しかし、供給力と需要量の差に余裕はない。
・供給力を増やすには限界がある。
・需要量を減らした方が良い。
余裕を持たせるためにも
義務的な節電が必要!
であると考えます。
6.参考文献
<インターネット>
・東京電力HP
http://www.tepco.co.jp/index-j.html
・経済産業省HP
http://www.meti.go.jp/
・柏崎刈羽原子力発電所
http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/index-j.html
・電気事業連合会HP
http://www.fepc.or.jp/index.html
以上
ダウンロード

発表画面