第5回授業(5/08) の目標
 第1章のウェブ上での宿題のやり方の
続き(ここまでで、終了)。
 第3章では、標本の平均や分散等から、
それが得られたもとの集団(母集団)
の平均や分散等を推定・検定する考え
方を学ぶ。
 さらに、標本の平均から母集団の平均
の区間推定を行う方法を学ぶ。
宿題のやり方ー2
各自用のフォルダの作成-4
 フォルダ作成時の注意事項
毎年、つぎのようなミスを犯すものあり:
(1)学籍フォルダ名を全角文字で入力。
(2) data フォルダ名を date と間違えて入力。
(3) 他にも、スペルのミスがときどきあり。
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-1
 つぎに、授業中に各自が利用したデータを、
TeraPadを起動して入力し、指定されたフォルダ
に保存する。
 TeraPad の起動はつぎのとおり:
(1) スタート  プログラム 
 TeraPad  TeraPad
とクリックする。
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-2
 これにより現れる「Tera-Pad」画面から、千野の
WEB 上の講義テキストの第1章の 「SAS による
具体的手順」に書かれた入力の手順を横に表示
して見ながら、10個のデータ(データ番号と
データの数値)を入力する。入力時の注意事項
はつぎのとおり:
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-3
 データ入力時の注意事項
(1)データ番号が一桁の時のみ、番号の前に
空白(スペースキー)を1つ入力すること。
(2)一人分を入力し終わったら、必ずエン
ター
キーを押し、つぎの行へ進むこと。
(3)入力は、すべて半角で行うこと。
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-4
 入力後のデータの保存の手順
(1) 入力がすべて終了したら、
ファイル  名前を付けて保存、
とクリックする。
(2) すると、「名前を付けて保存」画面が現
れる
ので、つぎの3点に注意して必要事項を入
力
した後、保存ボタンを押す。
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-5
 データ保存時の注意事項
(1)まず、画面下方の「ファイルの種類」欄
を
「テキストファイル(*.txt)」に変更する。
(2)すぐ上の「ファイル名」欄には、
basic_stat
と入力する。
(3)画面最上部の「保存する場所」には、つ
ぎの
宿題のやり方ー3
各自用のデータの入力と保存-6
 「保存する場所」の選択の手順
 TeraPad(最初のみ)
 (1つ上に上り)Program Files
 (さらに1つ上り) ローカルディスク(C:)
 (さらに1つ上り)マイコンピュータ画面で
 p ドライブ  psyphy  chino
 psycstat  Report  各自のフォルダ
 data
とクリックし、「保存」ボタンを押す。
宿題のやり方ー4
SAS プログラムのダウンロードー1
 千野の WEB の講義テキストの「心理統計学」
の中の、「SAS による具体的手順」の中のプロ
グラムダウンロードコーナーの「カエルマー
ク」
の直下の basic_stat.sas なる名前のプログラ
ムを、以下の手順でダウンロードする:
宿題のやり方ー4
SAS プログラムのダウンロードー2
 ダウンロードの手順
(1) プログラム名 basic_stat.sas のところを右
クリックすると現れる画面の中から「対象をフ
ァイルに保存」を選択する。
(2) それにより現れる「名前をつけて保存」画面
の下方の「ファイルの種類」には「sas プログラ
ム」が
自動的に入っているので、変更不要。
(3) 「ファイル名」の欄も、自動的に basic_stat.sas
なるファイル名が入っているので、入力は不要。
(4) 画面上最上部の「保存する場所」をつぎのよう
宿題のやり方ー4
SAS プログラムのダウンロードー3
 「保存する場所」の指定
最後に、当該 SAS プログラムを保存する場所
として、以下の手順で、 sasprog フォルダを画面最
上部の「保存する場所」に指定する:
wutemp  マイコンピュータ  p ドライブ
 psyphy  chino  psycstat  Report
 各自の学籍フォルダ  sasprog
つぎに、
宿題のやり方ー4
SAS プログラムのダウンロードー4
 「ファイル名」
ここには自動的に「basic_stat.sas」が入って
いるので、入力は不要。
 「ファイルの種類」
ここにも自動的に「SAS プログラム」が入っ
ているので、入力は不要。
最後に、「保存」ボタンを押す。
宿題のやり方ー5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー1
 SAS プログラムをデスクトップ画面から、つぎ
の
手順で起動する:
スタート  プログラム
 SAS  SAS 9.1 (日本語)
とクリックする。
宿題のやり方ー5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー2
 SAS 画面が現れたら、画面右下方の「エ
ディター無題」画面の右上の ー、□、×
の中から□ (最大化ボタン)をクリックし、
エディタ画面を最大化する。
 つぎに、そこに既にダウンロードしたプ
ログラム basic_stat.sas をつぎの手順で入
力する。
宿題のやり方ー5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー3
 SAS の画面上の最上部左上のメニューの中か
ら、
ファイル  プログラムを開く、
とクリックし、現れる「ファイルを開く」画面
で、ファイルの場所とファイル名を、つぎのよ
うに指定。
宿題のやり方ー5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー4
 ファイルの場所及びファイル名の指定
(1)ファイルの場所
9.1  マイコンピュータ  p ドライブ
 psyphy  chino  psycstat  Report
 各自の学籍フォルダ  sasprog
(2)ファイル名
画面上にある basic_stat.sas を一回左クリック
した
後、最下端右端の「開く」ボタンを一回左クリッ
クする
か、basic_stat.sas を2回続けて左クリックし、プ
ログ
宿題のやり方ー5
SAS の起動とSAS プログラムの修正ー5
 SAS エディタに sas プログラムが入力されたら、
プログラムの中の上部の filename 文をつぎの
ように修正する:
filename data “p:\psyphy\chino\psycstat
\Report\学籍名\data\basic_stat.txt”;
と修正し、「ファイル  上書き保存」として保存。
宿題のやり方ー6
SAS の実行と出力結果の保存ー1
 プログラムの入力と修正・保存が修了したら、画
面最上部右上の「走者」のアイコンボタンを押す。
 すると、プログラムの修正が正しく行われている
場合には、プログラムエディタ画面が消えて代わ
りに出力結果が現れる。
 そうしたら、画面最上部左上で、
「ファイル  名前を付けて保存」と選択する。
すると、「名前をつけて保存」画面が現れるの
で、つぎの手順で、出力結果を保存する:
宿題のやり方ー6
SAS の実行と出力結果の保存ー2
 「名前を付けて保存」画面が現れたら、
(1)「保存する場所」を
sasprog  (1つ上に上り)sasout と選
択。
(2)「ファイルの種類」が「LIST ファイル」
にな
っていることに注意して、
(3)「ファイル名」を basic_stat と入力し、
最後に、「保存」ボタンを押す。
Ecip での SAS の実行に関する補足-1
 諸君が各自が授業中に実施した第1章用のデー
タを data フォルダに入力保存し、さらに
SAS プログラムを千野のホームページからダウ
ンロードし保存・修正した後、SAS を起動し実
行しても、SAS の出力が得られず終了してし
まった場合、つぎの手順でプログラムをチェッ
クし、修正して再度 SAS プログラムを実行し直
すこと:
Ecip での SAS の実行に関する補足-2
 SAS 画面の最上部のメニュー(これは P メニュー
と呼ばれる)の中の右の方にある「ウインドウ」
タブを一回左クリックする。
 すると、「新しいウインドウ」、… 「5.結果」ま
でのメニューが現れるので、その中の下方の「ロ
グ」を選択する。
 これにより、SAS のプログラムウインドウ(エ
ディタ画面)が、SAS-ログ画面に切り替わる。
 ログ画面を上方にスクロールして、エラーを探す。
Ecip での SAS の実行に関する補足-2
 エラーがあれば、赤字で表示されているので、それ
らを見て、エラーの原因を特定する。
 エラーが特定できたら、P メニューの中から 「編集
 すべてクリアー」と選択し、ログ画面の内容を消
去する。
 消去できたら、P メニューの中から「ウインドウ 
2.basic_stat.sas」 と選択し、画面を切り替える。
 画面が SAS エディタ画面に切り替わったならば、エ
ラーの箇所を修正し、再度プログラムを実行する。
ダウンロード

第1章 第1回講義の学習内容