体外循環中における乳酸値の変動
仙台循環器病センター
臨床工学科
前田寿 早坂啓 鈴木信司
Sendai cardio vascular center
目的
●血中乳酸値(乳酸値)は循環状態、組織酸
素負積の指標とされ、重症例での予後判定
因子としての有用性が報告されている。
●体外循環中における乳酸値の推移と変動要
因を検証した。
Sendai cardio vascular center
対象
2005年1月から5月の間に行われた開心術20例
年齢
63±11
男性 15名
女性 5名
冠動脈バイパス術
10例
弁置換術
7例
DVR(1)、AVR(2)、AVR+CABG(2)、
MVR+MAZE(1)、
MVR+CABG+MAZE(1)、MVR+TAP(1)
弁形成術
2例
MVP(1)、MVP+TAP+MAZE(1)
人工血管置換術
1例
Bentalle(1)
Sendai cardio vascular center
方法 検討因子
説明変数(平均値、標準偏差)
体外循環時間(分)
183±50
灌流量(L/min/m2)
2.50±0.21
体表面積(m2)
1.62±0.17
灌流圧(mmHg)
61.2±11.8
希釈率(%)
21.9±3.5
膀胱温(℃)
33.1±1.3
Hb量(mg/dl)
7.6±0.7
体血管抵抗(SVRI)
1984±413
酸素分圧(mmHg)
359±43
目的変数(平均値、標準偏差)
乳酸値変化量(mmol/L)
2.5±2.4
Sendai cardio vascular center
結果 乳酸値の推移
12
乳酸値(mmol/L)
10
8
6
4
充填液に乳酸リンゲル液を
300ml以上使用した症例
2
0
5
30
60
90
時間(分)
120
150
180
Sendai cardio vascular center
結果
乳酸値の開始時と終了時の関係
12
終了時乳酸値(mmol/L)
10
8
6
4
2
0
1
2
3
4
5
6
7
開始時乳酸値(mmol/L)
Sendai cardio vascular center
結果 各要因の関係
回帰統計
重相関 R
重決定 R2
補正 R2
標準誤差
観測数
0.73937
0.54668
0.14372
1.13605
18
切片
BSA
希釈率
PaO2
Hb
灌流量
灌流圧
膀胱温
血管抵抗
係数
96.3601
-3.5982
-0.1121
-0.0121
-0.1256
-26.934
0.89731
-0.1649
-0.0311
標準誤差
42.06139
4.314072
0.197646
0.011783
0.506337
9.625447
0.33321
0.352496
0.011354
t
2.290938
-0.83405
-0.56736
-1.0269
-0.24812
-2.79818
2.692915
-0.4677
-2.74111
P-値
0.047701
0.425835
0.58434
0.331274
0.809609
0.020774
0.024678
0.651119
0.022806
Sendai cardio vascular center
結果 各要因の関係
回帰統計
重相関 R
重決定 R2
補正 R2
標準誤差
観測数
0.69177
0.47854
0.3668
0.97692
18
切片
灌流量
灌流圧
血管抵抗
係数
60.0839
-20.653
0.69004
-0.024
標準誤差
16.75868
6.249445
0.221352
0.007348
t
3.585244
-3.30474
3.117399
-3.25971
P-値
0.002985
0.005213
0.007566
0.005702
Sendai cardio vascular center
考察
乳酸値の上昇原因
1、組織レベルでの酸素供給不足による
乳酸生産の増加
2、乳酸クリアランス低下
高灌流状態 = 酸素供給量の増加 → 乳酸値抑制
Sendai cardio vascular center
考察
考えられる灌流圧、血管抵抗、乳酸値の関係
灌流圧↑ = 血管抵抗↑
乳酸値↑= 乳酸値↑
調査結果の灌流圧、血管抵抗、乳酸値の関係
灌流圧↑ = 血管抵抗↑
乳酸値↑≠ 乳酸値↓
Sendai cardio vascular center
考察
●体外循環中、乳酸値は上昇し続ける
●体外循環による、非生理学的環境を考えると
体外循環中の乳酸値上昇は避けられない
●乳酸値の抑制には、他要因の影響を解明す
るとともに、体外循環時間を短縮させる方法の
検討も重要
Sendai cardio vascular center
結語
体外循環中における乳酸値の推移と変動
要因を検証した。
●乳酸値は体外循環開始時より上昇し続け
終了時に最高値となった
●乳酸値抑制には灌流量の増加と体外循環
時間の短縮が有効である
Sendai cardio vascular center
ダウンロード

資料:スライド(lac_web)