22
失われていくものと残したいもの
(アラスカ・エスキモー)[4]
田 村 幸 誠 Ta m u r a Y u k i s h i g e ( 滋 賀 大 学 )
イヌイット,それともエスキモー?
以前,アラスカ,フェアバンクスの街をエスキモーの
う 2 つのグループに分かれる。1970 年代のカナダで,
友人と歩いていた。友人は,
「大学を卒業したら村に戻っ
自分たちの呼称をインディアンのことばに由来するエス
て小学校の先生になり,エスキモーの伝統を村の子ども
キモーではなく,自分たちのことばで「人」を表すイヌ
たちに教えていきたい」と目を細めながら優しそうに話
イットにしようという運動が起き,正式に認められた。
していた。私も彼の話をしっかり覚えておこうと懸命に
日本でエスキモーという呼称が避けられるのは,このカ
耳を傾けていた。そのとき,前から野球帽を斜めにかぶ
ナダでの運動の影響によるものと考えられる。しかし,
り,いわゆる「ラッパー」のようないでたちをした青年
アラスカのように 2 つのグループが存在する地域では,
が歩いてきた。絶対にぶつからないようにとよけたその
イヌイットということばをエスキモー全体の呼称とする
場に,青年は立ち止まった。そして,友人が一言,「紹
のには抵抗があった。さらに,エスキモーということば
介するよ,僕の弟。」私は一瞬,訳がわからなくなった。
の語源として定着している「生肉を食べる輩」は,実は
確かによく見れば顔は似ている,しかし,雰囲気,話し
インディアンのことばで「雪靴を編むもの」の意味であ
方,身振りがまるでその友人と違うのだ。私たちはぎこ
ることも判明した。アメリカでは今でも Eskimo とい
ちない挨拶をかわすと,弟は小刻みにリズムを取りなが
うことばは公的な場でも用いられ,またユピックやイヌ
ら歩き去った。
「弟 !?」と,目を白黒させながら聞く私に,
イットも,日常のやり取りの中でエスキモーということ
友人は,「あいつは,エスキモーじゃなくて,アメリカ
ばをふつうに用いる。
人として生きるって決めたから」と答えた。
しかし,一歩踏み込んで彼らの心のうちを聞くと,人
け
日本でエスキモーということばを使うと,ときどき怪
それぞれの思いがあることがわかる。過去に差別された
訝な顔をされ,「正式にはイヌイットですよね」と返され
経験,村から街に出た経験,歴史を勉強した経験,民族
ることがある。私がエスキモーという呼称を使うのは,
という意識の強さ,世代の違いなどから,同じユピック
例えば,先の友人はエスキモーだけれど,イヌイットで
でも,ユピックと呼ばれたい人,エスキモーと呼ばれた
はないからである。エスキモーは,シベリアからアラス
い人,さらにはイヌイットと呼ばれたい人など,さまざ
カ・カナダ,そしてグリーンランド東沿岸にかけてのツ
まである。エスキモーは笑顔の絶えない少数民族と言わ
ンドラ地域を居住域としてきた先住民で,アラスカの北
れる。しかし,他者と接するとき,彼らのアイデンティ
西部を境に,ユピック(西側)とイヌイット(東側)とい
ティは心の中で絶えず揺らいでいるのである。
げん
表紙写真
について
空から望むエスキモーの村
An Eskimo Village from the Air
田村幸誠
エスキモーといえば,沿岸部に住
ア ン カ レ ッ ジ か ら 2 時 間 か け て,
10 人乗りの小さな飛行機で向かう。
夜が長くなると,オーロラが空一面
み,クジラやアザラシを捕獲してい
るイメージが強いが,内陸部でカリ
飛行機はアラスカの美しい大自然を
に広がる。村では,都会とは全く異
ブー(野生のトナカイ)などを捕獲
眼下に進むが,小型飛行機ゆえ,少
なる時間の流れを感じることができ
しながら移動生活をしてきたエスキ
し天気が悪いと飛行機は揺れに揺れ
る。その反面,電気と高速インター
モーもいる。この写真はそんな内陸
る。そして最後は,airstrip と呼ば
ネットが全世帯に行きわたってい
エスキモー(ヌナミウト,意味は「内
れる砂利の短い滑走路に着陸する。
る。家の中では,子どもたちが任天
陸の民」)と呼ばれる人たちが定住
移動生活はしなくなったものの,現
堂の Wii で遊んでいる。エルダー
して作った村を飛行機から写したも
在でも昔ながらの生活が数多く残っ
とよばれるお年寄りが携帯電話で楽
ので,この村の Debbie Mekiana
ている。雪が溶けた夏には,女性は
しそうに,エスキモー語で別の村の
さんからいただいたものである。ア
ベリーやユリ根をとりに,男性はハ
友人と話している。その光景を見
ナクトゥービック・パスと呼ばれる
ンティングや鮭漁に出かける。薪を
て,先の Debbie さんが「エスキモー
この村は,ブルックス山脈の北側に
集めたり,氷を溶かして水を作る光
社会とアメリカ社会,2 つの世界の
あり,人口は 300 人ほど。村へは
景も村ではまだ見られる。秋になり
最高のコラボね」とおっしゃった。
newTEN22cover.indd 3-4
にまるで踊りうねっているかのよう
12.1.5 11:24:05 AM
ダウンロード

田村幸誠