別添様式4
介護職員初任者研修カリキュラム(通信課程用)
事業者名 社会福祉法人伊仙町社会福祉協議会
研修事業の名称 介護職員初任者研修
1
職務の理解(6時間)
項目名
時間数
講義内容及び演習の実施方法
①多様なサービスの理解
3時間
○介護保険サービス(居宅,施設)
○介護保険外サービス
②介護職の仕事内容や働
く現場の理解
3時間
○居宅,施設の多様な働く現場におけるそれぞれの仕事内容
○居宅,施設の実際のサービス提供現場の具体的イメージ
○ケアプランの位置付けに始まるサービスの提供に至るまでの一連の業務
の流れとチームアプローチ・他職種・,介護保険外サービスを含めた地域
の社会資源との連携
2
6
合計
介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
通学
通信
項目名
時間数
時間数
時間数
①人権と尊厳を支える介 4.5
時間
護
0.5
時間
4
時間
4.5
時間
1
時間
3.5
時間
1.5
7.5
②自立に向けた介護
合計
9
添削
課題
番号
1
2
-1-
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
(ア)人権と尊厳の保持
○個人として尊重○アドボカシー○エンパワメン
トの視点○「役割」の実感○尊厳のある暮らし○
利用者のプライバシーの保護
(イ)ICF
○介護分野におけるICF
(ウ)QOL
○QOLの考え方○生活の質
(エ)ノーマライゼーション
○ノーマライゼーションの考え方
(オ)虐待防止・身体拘束禁止
○身体拘束禁止○高齢者虐待防止法○高齢者の養
護者支援
(カ)個人の権利を守る制度の概要
○個人情報保護法○成年後見制度○日常生活自立
支援事業
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「高齢者虐待防止法の目的,虐待の種類と内容に
ついて説明し,具体的な例を各虐待の種類ごとに
1以上記述しなさい。」
(ア)自立支援
○自立・自律支援○残存能力の活用○動機と欲求
○意欲を高める支援○個別性/個別ケア○重度化
防止
(イ)介護予防
○介護予防の考え方
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「介護予防事業の「基本チェックリスト」の概要
と,二次予防事業対象者の基準について,記述し
なさい。」
3
介護の基本(6時間)
項目名
時間数
通学
時間数
通信
時間数
添削
課題
番号
①介護職の役割,専門性
と多職種との連携
2時間
2時間
0時間
②介護職の職業倫理
1時間
0時間
1時間
3
③介護における安全の
確保とリスクマネジメ
ント
2時間
0時間
2時間
4
④介護職の安全
1時間
1時間
0時間
3
3
合計
6
-2-
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
(ア)介護環境の特徴の理解
○訪問介護と施設介護サービスの違い○地域包括
ケアの方向性
(イ)介護の専門性
○重度化防止・遅延化の視点○利用者主体の支援
姿勢○自立した生活を支えるための援助○根拠の
ある介護○チームケアの重要性○事業所内のチー
ム○多職種から成るチーム
(ウ)介護に関わる職種
○異なる専門性を持つ多職種の理解○介護支援専
門員○サービス提供責任者○看護師等とチームに
なり利用者を支える意味○互いの専門職能力を活
用した効果的なサービスの提供○チームケアにお
ける役割分担
職業倫理
○専門職の倫理の意義○介護の倫理○介護職とし
ての社会的責任○プライバシーの保護・尊重
通信概要:選択問題,記述問題課題「介護職員
初任者研修テキスト第1分冊「理念と基本」のP
68の事例を読み込み,その後にとった行動を,
介護職員として問題点や倫理の必要性について記
述しなさい。」
(ア)介護における安全の確保
○事故に結びつく要因を探り対応していく技術,
○リスクとハザード
(イ)事故予防,安全対策
○リスクマネジメント○分析の手法と視点○事故
に至った経緯の報告○情報の共有
(ウ)感染対策
○感染の原因と経路○「感染」に対する正しい知識
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「リスクマネジメントにおいて,重要な要素を記
述しなさい。」
介護職の心身の健康管理
○介護職の健康管理が介護の質に影響○ストレス
マネジメント○腰痛の予防に関する知識○手洗
い・うがいの励行○手洗いの基本○感染症対策
4
介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間)
通学
通信
添削
項目名
時間数
時間数
時間数
課題
番号
3
時間
0.5
時間
2.5
時間
5
②医療との連携とリハビ
リテーション(1)
4時間
0時間
4時間
6
②医療との連携とリハビ
リテーション(2)
1時間
0時間
1時間
7
③障害者自立支援制度及
びその他制度
1時間
1時間
0時間
1.5
7.5
①介護保険制度
合計
9
-3-
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
(ア)介護保険制度創設の背景及び目的,動向
○ケアマネジメント○予防重視型システムへの転
換○地域包括支援センターの設置○地域包括ケア
システムの推進
(イ)仕組みの基礎的理解
○保険制度としての基本的仕組み○介護給付と種
類○予防給付○要介護認定の手順
(ウ)制度を支える財源,組織・団体の機能と役
割
○財政負担○指定介護サービス事業者の指定
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「徳之島3町において,下記の事業の指定事業所
名を,それぞれ3箇所ずつ記述しなさい。」
○医行為と介護○訪問看護○施設における看護と
介護の役割・連携
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「体温・脈拍・血圧(バイタルサイン)の測定の
方法をそれぞれ記述しなさい。」
○リハビリテーションの理念
通信概要:選択問題,記述問題課題「リハビリ
テーション医療において,急性期,回復期,維持
期のリハビリテーションとは,どのような目的と
方法があるのか記述しなさい。」
(ア)障害者福祉制度の理念
○障害の概念○ICF
(イ)障害者自立支援制度の仕組みの基礎的理解
○介護給付・訓練等給付の申請から支給決定まで
(ウ)個人の権利を守る制度の概要
○個人情報保護法○成年後見制度○日常生活自立
支援事業
5
介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
時間数
通学
時間数
通信
時間数
①介護におけるコミュニ
ケーション
3時間
3時間
0時間
②介護におけるチームの
コミュニケーション
3時間
0時間
3時間
項目名
合計
老化の理解(6時間)
6
3
3
時間数
通学
時間数
通信
時間数
①老化に伴うこころとか
らだの変化と日常
3時間
3時間
0時間
②高齢者と健康
3時間
0時間
3時間
6
項目名
合計
6
3
添削
課題
番号
8
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
(ア)介護におけるコミュニケーションの意義,
目的,役割
○相手のコミュニケーション能力に対する理解や
配慮○傾聴○共感の応答
(イ)コミュニケーションの技法,道具を用いた
言語的コミュニケーション
○言語的コミュニケーションの特徴○非言語コミ
ュニケーションの特徴
(ウ)利用者・家族とのコミュニケーションの実
際
○利用者の思いを把握する○意欲低下の要因を考
える○利用者の感情に共感する○家族の心理的理
解○家族へのいたわりと励まし○信頼関係の形成
○自分の価値観で家族の意向を判断し非難するこ
とがないようにする○アセスメントの手法とニー
ズとデマンドの違い
(エ)利用者の状況・状態に応じたコミュニケー
ション技法の実際
○視力,聴力の障害に応じたコミュニケーション
技術○失語症に応じたコミュニケーション技術○
講音障害に応じたコミュニケーション技術○認知
症に応じたコミュニケーション技術
(ア)記録における情報の共有化
○介護における記録の意義・目的,利用者の状態
を踏まえた観察と記録○介護に関する記録の種類
○個別援助計画書○ヒヤリハット報告書○5W1
H
(イ)報告
○報告の留意点○連絡の留意点○相談の留意点
(ウ)コミュニケーションを促す環境
○会議○情報共有の場○役割の認識の場○ケアカ
ンファレンスの重要性
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「報告・連絡・相談についての目的や方法,ポイ
ントを記述しなさい。」
添削
課題
番号
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
9
(ア)老年期の発達と老化に伴う心身の変化の特
徴
○防衛反応の変化○喪失体験
(イ)老化に伴う心身の機能の変化と日常生活へ
の影響
○身体的機能の変化と日常生活への影響○咀嚼機
能の低下○筋・骨・関節の変化○体温維持機能の
変化○精神的機能の変化と日常生活への影響
(ア)高齢者の疾病と生活上の留意点
○骨折○筋力の低下と働き・姿勢の変化○関節痛
(イ)高齢者に多い病気とその日常生活上の留意
点
○循環器障害○循環器障害の危険因子と対策○老
年期うつ病症状○誤嚥性肺炎○症状の小さな変化
に気付く視点○高齢者は感染症にかかりやすい
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「高齢者に多い老年症候群について,その特徴や
生活上の留意点を記述しなさい。」
3
-4-
7
認知症の理解(6時間)
時間数
通学
時間数
通信
時間数
①認知症を取り巻く状況
1時間
1時間
0時間
②医学的側面から見た認
知症の基礎と健康管理
3時間
0時間
3時間
③認知症に伴うこころと
からだの変化と日常生活
1時間
1時間
0時間
④家族への支援
1時間
1時間
0時間
6
3
3
時間数
通学
時間数
通信
時間数
①障害の基礎的理解
1時間
1時間
0時間
②障害の医学的側面,生
活障害,心理・行動の特
徴,かかわり支援等の基
礎知識
1.5
時間
0
時間
1.5
時間
③家族の心理,かかわり
支援の理解
0.5
時間
0.5
時間
0
時間
1.5
1.5
項目名
8
合計
障害の理解(3時間)
項目名
合計
3
添削
課題
番号
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
認知症ケアの理念
○パーソンセンタードケア○認知症ケアの視点
10
認知症の概念,認知症の原因疾患とその病態,原
因疾患別ケアのポイント,健康管理
○認知症の定義○もの忘れとの違い○せん妄の症
状○健康管理○治療○薬物療法○認知症に使用さ
れる薬
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「認知症の原因疾患には,アルツハイマー型認知
症,脳血管性認知症,レビー小体型認知症,前頭
側頭型認知症があるが,それぞれの特徴を記述し
なさい。」
(ア)認知症の人の生活障害,心理・行動の特徴
○認知症の中核症状○認知症の行動・心理症状○
不適切なケア○生活環境で改善
(イ)認知症の利用者への対応
○本人の気持ちを推察する○プライドを傷つけな
い○相手の世界に合わせる○失敗しないような状
況をつくる○すべての援助行為がコミュニケーシ
ョンであると考えること○身体を通したコミュニ
ケーション○相手の様子・表情・視線・姿勢など
から気持ちを洞察する○認知症の進行に合わせた
ケア
○認知症の受容過程での援助○介護負担の軽減
添削
課題
番号
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
11
-5-
(ア)障害の概念とICF
○ICFの分類と医学的分類○ICFの考え方
(イ)障害者福祉の基本理念
○ノーマライゼーションの概念
(ア)身体障害
○視覚障害○聴覚,平衡障害○音声・言語・咀嚼
障害○肢体不自由○内部障害
(イ)知的障害
○知的障害
(ウ)精神障害
○統合失調症・気分・依存症などの精神疾患○高
次脳機能障害○広汎性発達障害・学習障害・注意
欠陥多動性障害などの発達障害
(エ)その他の心身の機能障害
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「躁うつ病について,特徴や症状,治療方法など
の留意点を記述しなさい。」
家族への支援
○障害の理解・障害の受容支援○介護負担の軽減
9
基
本
知
識
の
学
習
生
活
支
援
技
術
の
講
義
・
演
習
こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
時間数
通学
時間数
通信
時間数
①介護の基本的 な
考え方
5時間
1時間
4時間
添削
課題
番号
12
②介護に関する こ
ころのしくみの 基
礎的理解
5時間
1時間
4時間
13
③介護に関する か
らだのしくみの 基
礎的理解
5時間
1時間
4時間
14
④生活と家事
2時間
2時間
0時間
⑤快適な居住環 境
整備と介護
6時間
6時間
0時間
⑥整容に関連した
こころとからだの
しくみと自立に向
けた介護
⑦移動・移乗に関
連したこころとか
らだのしくみと自
立に向けた介護
6時間
6時間
0時間
6時間
6時間
0時間
⑧食事に関連した
こころとからだの
しくみと自立に向
けた介護
6時間
6時間
0時間
項目名
-6-
講義内容及び演習の実施方法
通信課題の概要
○理論に基づく介護○法的根拠に基づく介護
通信概要:○×問題,記述問題課題「ICFの
基本を念頭に,ICFの視点に基づく生活支援に
ついて,記述しなさい。」
○学習と記憶の基礎知識○感情と意欲の基礎知識
○自己概念と生きがい○老化や障害を受け入れる
適応行動とその阻害要因○こころの持ち方が行動
に与える影響○からだの状態がこころに与える影
響
通信概要:選択問題,記述問題課題「老化や障
害を受け入れる適応行動と阻害要因について,記
述しなさい。」
○人体の各部の名称と動きに関する基礎知識○
骨・関節・筋に関する基礎知識,ボディメカニク
スの活用○中枢神経系と体性神経に関する基礎知
識○自律神経と内部器官に関する基礎知識○ここ
ろとからだを一体的に捉える○利用者の様子の普
段との違いに気づく視点
通信概要:選択問題,○×問題,記述問題課題
「消化器系の構造と機能について,記述しなさ
い。」
家事と生活の理解,家事援助に関する基礎的知識
と生活支援
○生活歴○自立支援○予防的な対応○主体性・能
動性を引き出す○多様な生活習慣○価値観
快適な居住環境に関する基礎知識,高齢者・障害
者特有の居住環境整備と福祉用具に関する留意点
と支援方法
○家庭内に多い事故○バリアフリー○住宅改修○
福祉用具貸与
整容に関する基礎知識,整容の支援技術
○身体状況に合わせた衣服の選択,着脱○身じた
く○整容行動○洗面の意義・効果
移動・移乗に関する基礎知識,さまざまな移動・
移乗に関する用具とその活用方法,利用者,介助
者にとって負担の少ない移動・移乗を阻害するこ
ころとからだの要因の理解と支援方法,移動と社
会参加の留意点と支援
○利用者と介護者の双方が安全で安楽な方法○利
用者の自然な動きの活用○残存能力の活用・自立
支援○重心・重力の動きの理解○ボディメカニク
スの基本原理○移乗介助の具体的な方法○移動介
助○褥瘡予防
食事に関する基礎知識,食事環境の整備・食事に
関連した用具・食器の活用方法と食事形態とから
だのしくみ,楽しい食事を阻害するこころとから
だの要因の理解と支援方法,食事と社会参加の留
意点と支援
○食事をする意味○食事のケアに対する介護者の
意識○低栄養の弊害○脱水の弊害○食事と姿勢○
咀嚼・嚥下のメカニズム○空腹感○満腹感○好み
○食事の環境整備○食事に関した福祉用具の活用
と介助方法○口腔ケアの定義○誤嚥性肺炎の予防
生
活
支
援
技
術
演
習
⑨入浴,清潔保持
に関連したこころ
とからだのしくみ
と自立に向けた介
護
⑩排泄に関連し た
こころとからだ の
しくみと自立に 向
けた介護
6時間
6時間
0時間
入浴,清潔保持に関連した基礎知識,さまざまな
入浴用具と整容用具の活用方法,楽しい入浴を阻
害するこころとからだの要因の理解と支援方法
○羞恥心や遠慮への配慮○体調の確認○全身清拭
○目・鼻腔・耳・爪の清潔方法○陰部清浄○足
浴・手浴・洗髪
6時間
6時間
0時間
⑪睡眠に関連し た
こころとからだ の
しくみと自立に 向
けた介護
⑫死にゆく人に 関
したこころとか ら
だのしくみと終 末
期介護
6時間
6時間
0時間
6時間
6時間
0時間
排泄に関する基礎知識,さまざまな排泄環境整備
と排泄用具の活用方法,爽快な排泄を阻害するこ
ころとからだの要因の理解と支援方法
○排泄とは○身体面での意味○心理面での意味○
社会的な意味○プライド・羞恥心○プライバシー
の確保○おむつは最後の手段/おむつ使用の弊害
○排泄障害が日常生活上に及ぼす影響○排泄ケア
を受けることで生じる心理的な負担・尊厳や生き
る意欲との関連○一部介助を要する利用者のトイ
レ介助の具体的方法○便秘の予防
睡眠に関する基礎知識,さまざまな睡眠環境と用
具の活用方法,快い睡眠を阻害するこころとから
だの要因の理解と支援方法
○安眠のための介護の工夫○環境の整備○安楽な
姿勢・褥瘡予防
終末期に関する基礎知識とこころとからだのしく
み,生から死への過程,「死」に向き合うこころの
理解,苦痛の少ない死への支援
○終末期ケアとは○高齢者の死に至る過程○臨終
が近づいたときの兆候と介護○介護従事者の基本
的態度○多職種間の情報共有の必要性
⑬介護過程の基 礎
的理解
⑭総合生活支援 技
術演習
4時間
○介護過程の目的・意義・展開○介護過程とチームアプローチ
6時間
(事例による展開)
生活の各場面での介護について,ある状態像の利用者を想定し,一連の生活
支援を提供する流れの理解と技術の習得,利用者の心身の状況にあわせた介
護を提供する視点の習得を目指す。
○事例の提示→こころとからだの力が発揮できない要因の分析→適切な支援
技術の検討→支援技術演習→支援技術の課題
○事例は高齢のほぼ寝たきり状態の認知症の方と,高齢の要介護1の片麻痺
の方の2事例
0時間
実習
合計
75
10 振り返り(4時間)
項目名
時間数
講義内容及び演習の実施方法
①振り返り
3時間
○研修を通じて学んだこと○今後継続して学ぶべきこと○根拠に基づく介護
についての要点
②就業への備えと研修修
了後における継続的な研
修
1時間
○継続的に学ぶこと○研修終了後における継続的な研修について,具体的に
イメージできるような事業所等における実例を紹介
合計
4
全カリキュラム合計時間
130時間
※規定時間数以上のカリキュラムを組んでもかまわない。
※本研修で独自に追加した科目には、科目名の前に「追加」と表示すること
-7-
ダウンロード

介護職員初任者研修カリキュラム(通信課程用)【エクセル】