ソリマチ 会計王14NPO法人スタイルの
特徴と活用方法
日 時:2013年9月30日(月)
中尾 さゆり(特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
理事、相談事業部長)
会計業務の流れと
会計ソフトでできること
取
引
発
生
証
憑
入
手
出 (
出
納 金
帳 伝
・ 票票
伝
票 )・
振
作 替
成 伝
注記は
別途加工・
作成
出
納
帳
又
は
伝
票
入
力
仕
訳
帳
作
成
総
勘
定
元
帳
部
試門
表
別
試
算算
表
会計ソフトで自動作成可
能
NPO向け会計ソフトで自動作成可能
財
務
諸
表
初期設定1:事業区分
・事業区分を設定する
(注記の事業別会計の区分になる)
・管理部門を作成しておくとよい
・法人税法上の収益事業を実施している場
合には、グループ部門で「収益事業」「非収
益事業」グループを作っておくとよい
初期設定2:勘定科目
・基本的にはNPO法人会計基準にそって設定されている
・財産目録をみながら、補助科目を付け加える
初期設定3:開始残高入力
前年度の財産目録を見ながら、
開始残高を入力する
日々の入力1(現金出納帳)
日々の入力2(預金出納帳)
現金出納帳で入力した仕訳は、
預金出納帳に自動的に反映される。
二重に入力しないように注意。
日々の入力3(振替伝票)
現金出納帳・預金出納帳を使用するか、
振替伝票を使用するか、いずれかを選択。
貸借対照表科目には、事業区分入力不要
(財務諸表で貸借対照表は事業ごとに区分しないため)
仕訳帳(自動作成)
総勘定元帳(自動作成)
・総勘定元帳
・補助元帳
・部門別元帳
を印刷できます。
残高試算表(自動作成)
部門別残高試算表(自動作成)
決算
・減価償却費はソフトで自動計算できる
・未収金、未払金などは「振替伝票」で計上する
・「共通経費」を部門別に配分し、事業費の部門ごとの金
額を表で把握する。勘定科目ごとに配賦率を設定する
ことができる。
→エクセルを組み合わせて難しい計算をしなくてもよい。
・グループ設定を使用し、法人税額計算のための損益計
算書を作成することができる。
NPO法人会計基準に適合した決算書
活動計算書・貸借対照表・財産目録は自動作成
財務諸表の注記
エクセルにエクスポートし、一部加工すればOK
・事業費の内訳は出力できるが、事業別損益の状況まで
は現時点では対応できていない)
法人税の計算:収益事業の損益計算書
・決算書を部門ごとに出力できるので、収益事業部門を選
択して印刷すればよい。
・共通部門の按分をする/しないも選択できる。
消費税の計算
 消費税課税事業者である場合、
・会計王14NPO版で、原則課税・簡易課税いずれにも対
応(消費税申告書まで自動計算できる)
・無償バージョンアップで、消費税8%にも対応。
 消費税の特定収入には対応していない
(エクセルで計算するしかない)
情報はこちらから
 会計王14NPO法人スタイル
http://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acn/
定価42,000円
60日間無料体験版あり
 Facebook
会計王NPO法人スタイルユーザーコミュニティ
ダウンロード

20130930ソリマチ会計王ソフト説明会資料