2014.4
使 用 説 明 書
「II6」
●お申し込みは
※携帯電話・PHSからは
「0 l 20- ll 6000」
営業時間:午前9時∼午後5時
年中無休
(年末年始を除きます)
●インターネットでも注文受付・情報提供実施中!
(ホームページアドレス)
http://webll6.jp/
東日本電信電話株式会社 ビジネス開発本部(2014.4)
もくじ
ナンバー・ディスプレイ
ナンバー・ディスプレイとは
ナンバー・ディスプレイ
ナンバー・ディスプレイとは
2
通信機器の確認
2
通信機器の接続に関する注意点
3
通信機器の接続例
3
通信機器への表示内容
4
他のネットワークサービスと併せて
ご利用いただく場合の留意事項
5
キャッチホ ン・ディスプレイ
オプション
キャッチホン・ディスプレイとは
7
通信機器の確認
7
通信機器の接続に関する注意点
7
キャッチホン・ディスプレイ接続のしくみ
8
他のネットワークサービスと併せて
ご利用いただく場合の留意事項
9
ナンバー・リクエスト
オプション
ナンバー・リクエストとは
11
ナンバー・リクエストの操作手順
11
通信機器の確認
12
他のネットワークサービスと併せて
ご利用いただく場合の留意事項
12
「発信者個人情報保護ガイドライン」について
サービス利用マーク
1
●ナンバー・ディスプレイとは、電話に出る前に、かけてきた相手の電話番
号が電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。
●かけてきた相手の電話番号が通知されない場合、その理由がディスプレ
イに表示されます。
「発信者番号通知サービス」を基本のサービス
●INSネットでは、従来より
としてご提供しており、INSネット相互間と、ディジタル携帯電話および
PHSとの通信では、かけた方の電話番号(契約者回線番号またはダイヤ
ルイン追加番号)
が相手の方に通知されています。
通信機器の確認
●ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応の電話
機などの通信機器の設置とその設定が必要です。
●通信機器などに表示されている マーク、 マークはサービス対応の
目印です。
●ナンバー・ディスプレイに対応していない電話機をご利用の場合は、ナン
バー・ディスプレイ対応のアダプタを必ず設置してください。
●TA(ターミナルアダプタ)のアナログポートに、ナンバー・ディスプレイ対
応の通信機器を接続して、INSナンバー・ディスプレイをご利用される場
合、アナログポートがナンバー・ディスプレイに対応したTAの設置とその
設定が必要です。
または マークが目印です
※
その他
電話をかける時(発信電話番号および発信者名通知方法)
加入
電話 ISDN
14
15
※TA(ターミナルアダプタ)のアナログポートに電話機を接続して、電話番
号を表示させる場合、TAと電話機の両方がサービスに対応している必
要があります。
お持ちの通信機器にディスプレイが付いていても、ナンバー・ディスプレ
イに対応していない場合はご利用になれませんのでご注意ください。
16
2
通信機器の接続に関する注意点
●本サービスの工事日までに、ナンバー・ディスプレイ対応の通信機器にお取
り替えのうえ、ナンバー・ディスプレイ機能を「利用する」にしてください。
※ボイスワープ、
ボイスワープセレクトをご利用のお客さまは、P.5の留意
事項も併せてお読みください。
※ナンバー・ディスプレイ対応の通信機器の設置とその設定がされていない
と通話ができない、電話番号が表示されないなどの事象が発生します。
※ナンバー・ディスプレイに対応していない通信機器を接続した場合は、短
い断続した呼び出し音の後に通常の呼び出し音が聞こえますので、通常
の呼び出し音に変わってから、電話に出るようにしてください。通常の呼
び出し音に変わるまで5∼6秒かかります。
※停電のときには、ナンバー・ディスプレイ対応の電話機を接続している場
合でも、短い断続した呼び出し音の後、通常の呼び出し音が聞こえます
ので、通常の呼び出し音に変わってから、電話に出るようにしてください。
※ナンバー・ディスプレイを利用している電話回線に、ナンバー・ディスプレ
イ対応の通信機器と対応していない自動応答端末(留守番電話機やファ
クスなど)
を同時に接続すると、接続方法によっては、電話番号の表示が
できなかったり、途中で通話が切断される場合があります。通信機器の接
続方法については、P.3∼P.4の接続例をご参照ください。
※ご利用の通信機器によっては、IP電話をご利用中に加入電話に電話がか
かってきても、電話番号も電話番号を表示できない理由も表示されない
場合 があります。
※通信機器の接続形態や機種により正常に作動しない場合があります。詳
しくは各メーカまたは販売店にお問い合わせください。
通信機器の接続例
例1:一般電話機とナンバー・ディスプレイ対応アダプタを接続する場合
03□□□□△△△△
一般電話機
ナンバー・ディスプレイ対応
アダプタ
❶アダプタに添付されているコードを、
アダプタ背面の「電話回線コード差し
込み口」に接続し、もう一方を電話機
用コンセント(モジュラージャック)に
接続します。
❷電話機のコードを、アダプタ背面の「電
話機コード差し込み口」に接続します。
例2:ナンバー・ディスプレイ対応電話機を1台接続する場合
03□□□□△△△△
モジュラー
ジャック
ナンバー・ディスプレイ
対応電話機
3
コードレス子機
❶電話機用コンセント
(モジュラージャッ
ク)
に、ナンバー・ディスプレイ対応ファ
クスの電話機コードを接続します。
❷ファクスの外付け電話端子に、一般電
話の電話機コードを接続します。
03□□□□△△△△
ナンバー・ディスプレイ
対応 ファクス
一般電話機
例4:ナンバー・ディスプレイ対応電話機(ファクス、留守番電話機)など
を2台接続する場合
❶ナンバー・ディスプレイ対応通信機器
を2台接続する場合、切替スイッチを
設置します。
❷切替スイッチから出ているそれぞれの電
話機用コンセント(モジュラージャック)
にファクス、電話機などを接続します。
◆切替スイッチには、スイッチ部分とモ
ジュラージャックが一体になっている
ものもあります。
切替 スイッチ
モジュラー
ジャック 03□□□□△△△△
03□□□□△△△△
ナンバー・
ディスプレイ
対応電話機
ナンバー・
ディスプレイ
対応 ファクス
例5:TA(ターミナルアダプタ)のアナログポートに接続している
ナンバー・ディスプレイ対応電話機に電話番号を表示させる場合
アナログポートの
ナンバー・ディスプレイ
機能『利用する』
に設定
ナンバー・ディスプレイ
機能『利用する』
に設定
03□□□□△△△△
次の例から、お客さまが現在のご利用の形態にもっとも近いタイプを選ん
でご参照ください。
◆1回線に接続できるナンバー・ディスプレイ対応通信機器は、基本的に1
台のみです。ご利用にあたっては、対応通信機器の設定が必要です。
モジュラー
ジャック
例3:一般電話機とナンバー・ディスプレイ対応ファクスを接続する場合
モジュラー
ジャック
❶電話機用コンセント
(モジュラージャッ
ク)に、ナンバー・ディスプレイ対応電
話機を接続します。
◆ 電 話 機とコードレス子 機がセットに
なっている場合は、親機を接続します。
モジュラー
ジャック
INSナンバー・ディスプレイ対応TA
(アナログポートがナンバー・ディス
プレイに対応していることが条件)
ナンバー・
ディスプレイ
対応電話機
❶TA(ターミナルアダプタ)
の、ナンバー・ディスプレイ
機能を「利用する」に設定
してください。
❷ナンバー・ディスプレイ対
応電話機のナンバー・ディ
スプレイ機 能を「 利 用す
る」に設定してください。
通信機器への表示内容
●かけてきた相手の電話番号の通知状況によって、次のような内容が電話
機やTA(ターミナルアダプタ)
などのディスプレイに表示されます。
電話種別
電話回線のご利用形態
発信時の操作
相手の電話番号
加入電話・
INSネット
からの発信
通常通知
「186」
+相手の電話番号
「184」
+相手の電話番号
相手の電話番号
通常非通知
国際電話などで電話番号を
通知できない通話
「03□□□□△△△△」
「非通知 」、
「ヒツウチ」
または
「P」
「186」
+相手の電話番号
「03□□□□△△△△」
「184」
+相手の電話番号
「非通知 」、
「ヒツウチ」
または
「P」
相手の電話番号
公衆電話からの発信
表示例
「186」
+相手の電話番号
「公衆電話」、
「コウシュウデンワ」
または
「C」
「184」
+相手の電話番号
「非通知 」、
「ヒツウチ」
または
「P」
相手の電話番号
「186」
+相手の電話番号
「184」
+相手の電話番号
「表示圏外」、
「ヒョウジケンガイ」
または
「O」、
「S」
注:ご利用の通信機器によって表示内容が異なる場合があります。
4
●一部通信事業者(移動体通信事業者、IP電話事業者含む)経由の通話、一
部を除く国際電話など電話番号を通知できない通話、および公衆電話か
らの通話については電話番号は表示されず、電話番号を通知できない理
由※がディスプレイに表示されます。※「公衆電話」、
「表示圏外」等
●かけてきた相手の利用電話回線が「通常非通知」のご契約になっている
場合や電話番号の前に「184」をつけてかけてきた場合など、かけてき
た相手の意思により電話番号を通知しない通話については電話番号は
表示されず「非通知」表示となります。
●電話をかけてきた相手の方がIP電話から電話をかけてきた場合、電話番
号および電話番号を表示できない理由※については、各IP電話事業者に
より異なります。また、表示された電話番号に折り返し電話をかけてもつ
ながらない場合があります。
(接続の可否および時期については各IP電
話事業者により異なります。)※「非通知」、
「表示圏外」等
●ご利用の通信機器によっては、IP電話をご利用中に加入電話に電話がか
かってきても、電話番号も電話番号を表示できない理由も表示されない
場合があります。
他のネットワークサービスと併せてご利用いただく場合の
留意事項
発信専用制御サービス
ISDN
●発信専用起動時は着信しないため、電話番号の表示はできません。
加入
キャッチホンⅡ 電話
キャッチホン/マ ジックボックス
加入
電話 ISDN
●ナンバー・ディスプレイでは、お話し中にかかってきた割り込み電話の電
話番号は表示できません。
◆ただし、
オプションサービスの「キャッチホン・ディスプレイ」にご契約い
ただき、キャッチホン・ディスプレイ対応の通信機器の設置とそ設定を
することにより、割り込み電話の電話番号も表示できます。
※キャッチホン・ディスプレイの詳細は、P.7をご参照ください。
●キャッチホンⅡやマジックボックスをご利用のお客さまで センタにメッ
セージが録音されている場合のセンタからの呼び出しについては、録音
した方の電話番号もセンタの電話番号も表示されません。
◆キャッチホンⅡ、マジックボックスをご利用のお客さまで、通常非通知
(回線ごとに非通知)にされている場合は、センタに録音されたメッ
セージを再生して聞く際、
はじめに「186」をダイヤルして電話番号を
通知する必要があります。
迷惑電話おことわりサービス
加入
電話 ISDN
●迷惑電話おことわりサービスを利用中に、おことわりリストに登録してい
る電話番号からかかってきた場合、全てメッセージ応答し、電話番号は表
示されません
(着信しません)。
二重番号サービス
加入
電話 ISDN
●二重番号サービスを利用中(開始に設定した場合)
に、主電話番号にか
かってきた通話については、すべて二重番号サービスのメッセージが流
れます。メッセージで応答した通話は電話番号は表示されません(着信
しません)。
●副電話番号にかかってきた通話および二重番号サービス停止時に主電
話番号にかかってきた通話については、電話番号が表示されます。
5
加入
電話 ISDN
ボイスワープ/ボイスワープセレクト/マジックボックス
●転送先への電話番号の表示については、転送の設定状況により以下の
ようになります。また。転送の状況にかかわらず、発信者が電話番号を通
知していることが条件となります。
[転送先(C)がナンバー・ディスプレイを契約している場合]
転送
発信者(A)
転送元(B)
転送先(C)
転送元
(B)
の転送条件により、転送先
(C)
に表示される電話番号は以下のとおりです。
●無条件転送(加入電話・INSネット) :発信者(A)の電話番号を表示
●無応答時転送(加入電話・INSネット)
:発信者(A)の電話番号を表示
●応答後転送(加入電話)
:転送元(B)の電話番号を表示
●話中時転送(INSネット)
:発信者(A)の電話番号を表示
※マジックボックスでは応答後転送はできません。
※INSネットのフレックスホン
(着信転送)
については発信者(A)の電話番
号が表示され、
フレックスホン
(通信中転送)
については、転送元(B)の電
話番号が表示されます。
※転送でんわは、無応答時転送の場合と同様になります。
※携帯電話への転送については、一部の事業者において電話番号の表示
が可能となっております。
[転送先(B)がナンバー・ディスプレイを契約している場合]
Bがナンバー・ディスプレイを契約し、
「無条件転送」を設定している場合、ナ
ンバー・ディスプレイ対応の電話機などをナンバー・ディスプレイの工事日前
に設置し、ナンバー・ディスプレイ機能を「利用する」に設定した場合には、工
事が完了するまでの間、転送中である旨をお知らせする着信音が鳴らなく
なります。なお、ボイスワープの自動転送は、正常に行われます。また、ナン
バー・ディスプレイを廃止した場合も、ナンバー・ディスプレイ機能を「利用す
る」のままにしておくと、転送中である旨をお知らせする着信音が鳴らなくな
りますのでナンバー・ディスプレイ機能を「利用しない」に設定してください。
でんわばん
加入
電話 ISDN
●でんわばんを利用中(開始に設定した場合)
にメッセージで応答した通話
は、電話番号は表示されません
(着信しません)。
代表機能
加入
電話 ISDN
●着信する代表回線がナンバー・ディスプレイを契約している場合、電話番
号が表示されます。
なりわけサービス
加入
電話 ISDN
●なりわけサービスの利用中に、なりわけリストに登録されている電話番
号から着信した場合、電話番号が表示された後、通常の呼び出し音とは
異なる短い音で呼び出します。
Fネ ット*
加入
電話 ISDN
●Fネットの無鳴動着信の場合、電話番号は表示されません。
●Fネットの識別番号「161」が表示されます。
*NTTコミュニケーションズ
(株)
が提供するサービスです。
6
キャッチホ ン・ディスプレイ
オプション
加入
電話
キャッチホン・ディスプレイとは
●キャッチホン・ディスプレイとは、
お話し中に割り込んできた相手の電話番号が
電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。割り込み電話への切
替えが、
電話番号を確認してからできます。
●キャッチホン・ディスプレイは、
ナンバー・ディスプレイのオプションサービスです。
●電話番号の表示内容は、
ナンバー・ディスプレイと同様に、
かけてきた相手の
通知状況によって異なります。詳細はP.4をご参照ください。
キャッチホン・ディスプレイのご利用は、
ナンバー・ディスプレイに加えて下記の
サービスのいずれかひとつのサービスのご契約が必要です。
◎キャッチホン
◎キャッチホンⅡ
◎マジックボックス
◎ボイスワープⅡ
◎話中時転送サービス
キャッチホン・ディスプレイ接続のしくみ
●最初の通話者Aとご契約者Bがお話し中に、割り込み者CがBに電話をす
る。
(①・②)
●Bには、Cからキャッチホンが入ると、キャッチホンの着信表示音「トゥルル」
が聞こえ、さらにその後、
「ピッ」といった割り込み音が聞こえます。
(③・⑤)
●その間、Cには呼び出し音が聞こえます。
(④)
●Bの通信機器のディスプレイにCの電話番号が表示されます。
(⑥)
●その後、通常のキャッチホンのようにフッキング等の操作により、Cとお
話しすることができます。
(⑦・⑨)
●その間、Aには保留音が聞こえます。
(⑧)
ネットワーク
①通話中
保留音
③割り込み
通知音
⑧保留中
⑤通信機器
起動音
A・最初の通話者
03-1234-5678
呼出音
通信機器の確認
●キャッチホン・ディスプレイのご利用には、キャッチホン・ディスプレイ対応
の電話機などの通信機器の設置とその設定が必要です。
●通信機器などに表示されている
マークは「キャッチホン・ディスプレイ
対応」の目印です。
ナンバー・ディスプレイにのみ対応した通信機器( マーク)では、
キャッチホン・ディスプレイをご利用になれません。
(注)
②発信
⑥電話番号
④呼出音
⑦フッキング
⑨通話
会話
03□□□□△△△△
ピッ
通信機器に表示
会話
交換機
C・割り込み者
会話
トゥルル
フッキングするまでの間は割り
込み音
「プ・プ・プ」
が聞こえます。
B・契約 者
(注)
ご利用上の注意事項
●割り込み着信時に、
ご契約者と最初の通話相手のどちらも1秒程度無音
となります。
●割り込み着信時の周囲の音響など、お客さまのご利用状況によっては、
割り込み者の電話番号が表示されない場合があります。
【参考】INSネットで、キャッチホンの相手の電話番号を表示するには…。
通信機器の接続に関する注意点
7
<例>
INSネット
●キャッチホン・ディスプレイの工事日までに、キャッチホン・ディスプレイ対
応の通信機器にお取り替えのうえ、ナンバー・ディスプレイ機能とともに
キャッチホン・ディスプレイ機能を
「利用する」
に設定してください。
※キャッチホン・ディスプレイ対応の通信機器の設置とその設定がされてい
ないと通信ができない、電話番号が表示されないなどの事象が発生しま
す。万一、
キャッチホン・ディスプレイに対応していない通信機器を接続した
場合は、短い断続した呼び出し音の後、通常の呼び出し音に変わります。通
常の呼び出し音に変わってから、電話に出るようにしてください。
※キャッチホン・ディスプレイを利用している電話回線に、
キャッチホン・ディス
プレイに対応していない通信機器を接続しているか、キャッチホン・ディス
プレイ対応通信機器のキャッチホン・ディスプレイ機能の設定が「利用しな
い」になっている場合、割り込み通話の着信時に通常のキャッチホン着信
音に加え「ピポ・ガー」
といった音が聞こえ、電話番号の表示ができません。
※停電のときには、キャッチホン・ディスプレイ対応の電話機を接続している
場合でも、短い断続した呼び出し音の後、通常の呼び出し音が鳴りますの
で、通常の呼び出し音に変わってから、電話に出るようにしてください。
※キャッチホン・ディスプレイを利用している電話回線に、
キャッチホン・ディス
プレイ対応の通信機器と対応していない自動応答端末(留守番電話機や
ファクスなど)
を同時に接続すると、接続方法によっては、電話番号の表示
ができなかったり、途中で通話が切断される場合があります。通信機器の
接続方法については、P.8の接続例を参照してください。
※ファクスやパソコン通信などをご利用中に、キャッチホンなどが入ると、画
像が乱れたりすることがあります。
お話し中にキャッチホンでかかってきた相手の電話番号を表示させる場
合、下記サービスのご契約とキャッチホン・ディスプレイ対応の電話機など
通信機器の設置とその設定が必要です。
キャッチホン・ディスプレイ
対応TA
(ターミナルアダプタ)
キャッチホン・ディスプレイ
対応電話機
※この他にも番号表示可能なケースがあります。詳しくは弊社までお問い合わせください。
(サービスのご契約例)
INS
ナンバー・
ディスプレイ
月額使用料:
[住宅用]
600円(税抜)
[事務用]
1,800円(税抜)
通信中着信
通知サービス
INSキャッチホン
月額使用料:300円(税抜)
[住宅用/事務用]
または
INSマジックボックス
月額使用料:無料
月額使用料:
[住宅用] 800円(税抜)
[事務用]1,100円(税抜)
など
※記載している月額使用料については、
サービス毎の消費税抜きの総額を併記しています。複数の
サービスをご契約の場合は、
お手元で計算された金額と実際の請求金額が異なることがあります。
8
他のネットワークサービスと併せてご利用いただく場合の
留意事項
キャッチホン/キャッチホンⅡ/マジックボックス/
話中時転送サービス/ボイスワープⅡ
加入
電話
トリオホン
加入
電話
●迷惑電話おことわりサービスを利用中に、おことわりリストに登録されて
いる電話番号からかかってきた場合、全てメッセージ応答し、電話番号は
表示されません
(割り込み着信しません)。
二重番号サービス
加入
電話
(開始に設定した場合)
に、主電話番号にかかって
●二重番号サービスを利用中
きた通話については、全て二重番号サービスのメッセージが流れます。メッ
セージで応答した通話は、電話番号は表示されません(割り込み着信しませ
ん)
。副電話番号にかかってきた割り込み通話については、着信しません。
●二重番号サービス停止時に主電話番号・副電話番号にかかってきた通話に
ついては割り込み着信し、電話番号が表示されます。
でんわばん
加入
電話
●でんわばんを利用中(開始に設定した場合)
にメッセージで応答した通話
は、電話番号は表示されません
(割り込み着信しません)。
9
キャッチホン・
代表親番号 ナンバー・ディスプレイ、
(お話し中) ディスプレイ、
キャッチホンを契約
代表子番号
(お話し中)
代表子番号
(お話し中)
代表子番号
(お話し中)
加入
電話
●三者通話中は割り込み着信しないため、電話番号は表示されません。
迷惑電話おことわりサービス
[代表親番号にご契約の場合]
最終子番号に対して割り込み着信しますので、
●全回線がお話し中の場合には、
キャッチホン・ディスプレイ対応通信機器は最終子番号に接続してください。
◆この場合、最終子番号がキャッチホン・ディスプレイ未契約であっても、
キャッチホン・ディスプレイは機能します。
◆最終子番号で転送でんわをご利用の場合、警告音が聞こえないなど
の事象が発生する恐れがあります。
代表選択
●ナンバー・ディスプレイで電話番号の情報を受信中や呼び出し中に割り
込み者から電話があった場合、割り込みはせず、割り込み者にはお話し
中の音が聞こえます。
●割り込み着信中に、契約者がお話し中だった通話を切った場合、通常の
呼び出し音がなります
(※この場合、電話番号は表示されません)。
●割り込み着信中に、契約者がお話し中だった相手が通話を切った場合、
契約者には割り込み者の電話番号が表示された後、お話し中の音と割り
込み音が重なって聞こえます。
●キャッチホンⅡ、マジックボックス、話中時転送サービス、ボイスワープⅡ
で割り込み回数が「0」
と設定されている場合は、割り込み着信しないた
め、電話番号は表示されません。
加入
電話
代表機能
最終子番号に割り込み着信
[代表子番号にご契約の場合]
●キャッチホン・ディスプレイをご契約の代表子番号がお話し中に着信した
場合に、キャッチホン・ディスプレイは機能します。
なりわけサービス
加入
電話
●なりわけサービスの利用中になりわけリストに登録されている電話番号
から割り込み着信した場合、電話番号が表示された後、通常の呼び出し
音とは異なる短い音で呼び出します。
Fネット*
加入
電話
●割り込み着信がFネットの無鳴動着信の場合、電話番号は表示されません。
*NTTコミュニケーションズ
(株)
が提供するサービスです。
ご利用上の留意事項
●割り込み着信時に、
ご契約者と最初の通話相手のどちらも1秒程度
無音となります。
●割り込み着信時に、
ご契約者に通常のキャッチホンの着信音「トゥル
ル」
に加え、
「ピッ」
といった音が聞こえます。
●割り込み着信時の周囲の音響など、お客さまのご利用状況によって
は、割り込み者の電話番号が表示されない場合があります。
●キャッチホン・ディスプレイを解約された場合は、通信機器のキャッチ
ホン・ディスプレイ機能を「利用しない」にしてください。
●キャッチホン・ディスプレイと併せてのご契約が必要となる以下の機
能の提供条件などについては別途ご確認ください。
キャッチホン、キャッチホンⅡ、
マジックボックス、話中時転送サービス、
ボイスワープⅡ
●ファクスやパソコン通信などをご利用中に、キャッチホンなどが入り
ますと、画像が乱れたりすることがあります。
10
ナンバー・リクエスト
加入
電話 ISDN
オプション
ナンバー・リクエストとは
●ナンバー・リクエストとは、電話番号を通知しないでかけたてきた相手に、電
話番号を通知してかけ直すよう音声メッセージで応答するサービスです。
■音声メッセージの内容■
「こちらは○○○△△△□□□※です。おそれいりますが、電話番号の前に、
186をつけてダイヤルするなど、あなたの電話番号を通知しておかけ直し
ください。」
(音声メッセージは2回流れます。)
※ナンバー・リクエストご契約者の電話番号
●ナンバー・リクエストのご契約には、ナンバー・ディスプレイまたはナン
バー・アナウンスのご契約も併せて必要です。
●メッセージによる応答時には、呼び出し音は鳴りません。
●メッセージによる応答時には、かけてきた相手に通常の通話料金がかか
ります。
●ナンバー・リクエストを開始するには、お客さまご自身でダイヤル操作し
ていただきます。
●一部通信事業者(移動体通信事業者、IP電話事業者含む)経由の通話、
一部を除く国際電話など電話番号を通知できない通話、および公衆電
話からの通話については、
メッセージ応答せず、そのまま着信します。
●ナンバー・リクエスト契約者がお話し中の場合も、ナンバー・リクエストは
機能します。
●ご契約時は停止状態です。ご利用いただく前に「開始」の設定をして
ください。
◆着信用電話はご契約時「開始」に設定されています。
受話器を上げて をダイヤル
ガイダンス 「現在、
このサービスは停止/開始しています。サービスの停止
は数字の 、サービスの開始は数字の を押してください。」
※ガイダンスが流れる前に「0」や「1」をダイヤルすると、正常に作動し
ない場合があります。
※ガイダンスの途中でも、
「0」か「1」のどちらかのダイヤル操作を行
えば、
ガイダンスを聞かずに次の操作を行うことができます。
開始するとき
停止するとき
数字の をダイヤル。
数字の をダイヤル。
「サービスを開始いたします。」
設定完了。
電話をお切りください。
●INSネットでナンバー・リクエストをご利用になる場合は、通信機器(TA:
ターミナルアダプタなど)
がナンバー・リクエストの開始/停止を行う機能
(スティミュラス手順)
をサポートしている必要があります。
他のネットワークサービスと併せてご利用いただく場合の
留意事項
ガイダンス
「サービスを停止いたしました。」
設定完了。
電話をお切りください。
加入
電話
ナンバー・アナ ウンス
●ナンバー・リクエストでメッセージ応答した通話についてはナンバー・ア
ナウンスは機能しません(ナンバー・アナウンスの記録対象となりませ
ん)
。また、折り返しの電話もできません。
加入
電話
短縮ダイヤル
●本機能の設定で使用する を、短縮ダイヤルに登録することはで
きません。
加入
キャッチホンⅡ 電話
キャッチホン/マ ジックボックス
加入
電話 ISDN
●お話し中にかかってきた割り込み電話が、電話番号を通知しないでかけ
てきた場合、キャッチホン、キャッチホンⅡ、マジックボックスは機能せず、
ナンバー・リクエストのメッセージで応答します。
迷惑電話おことわりサービス
ナンバー・リクエストの操作手順
ガイダンス
通信機器の確認
加入
電話 ISDN
●迷惑電話おことわりサービスを利用中に、おことわりリストに登録されて
いる電話番号からかかってきた場合、迷惑電話おことわりサービスの
メッセージで応答します。
二重番号サービス
加入
電話 ISDN
●二重番号サービスを利用中(開始に設定した場合)
に、主電話番号にか
かってきた場合、二重番号サービスのメッセージが流れます。副電話番
号に電話番号を通知しないでかかってきた場合は、ナンバー・リクエスト
のメッセージで応答します。
●二重番号サービス停止時に主・副電話番号に電話番号を通知しないでか
かってきた場合、ナンバー・リクエストのメッセージで応答します。
ボイスワープ/ボイスワープセレクト/マジックボックス
加入
電話 ISDN
●ボイスワープ、ボイスワープセレクト、マジックボックスの利用中に電話
番号を通知しないでかかってきた場合、電話は転送されずに、ナンバー・
リクエストのメッセージで応答します。
でんわばん
加入
電話 ISDN
●でんわばんを利用中(開始に設定した場合)は、でんわばんのメッセージ
で応答します。でんわばんの停止中は、電話番号を通知しないでかかっ
てきた場合、ナンバー・リクエストのメッセージで応答します。
通話料金はかかりません。
※ナンバー・リクエストの開始/停止の操作には、
※ガイダンスは2回流れます。
11
12
加入
電話 ISDN
代表機能
[代表親番号のみにご契約の場合]
●加入電話の場合、代表親番号に電話がかかってきた場合、お話し中で
あっても電話番号を通知しない通話に対して、ナンバー・リクエストの
メッセージで応答します。
●INSネットの場合、代表親番号に電話がかかってきても代表親番号の契
約者回線がお話し中の場合は、代表機能が作動し空いている代表子番
号で着信します、着信した代表子番号にナンバー・リクエストの契約がな
い場合は電話番号を通知しない通話であってもメッセージ応答しませ
ん。
(電話番号を通知しないすべての通話にナンバー・リクエストのメッ
セージで応答するためには、同一代表群内すべての契約者回線にナン
バー・リクエストのご契約が必要です)
[代表子番号のみにご契約の場合]
●代表選択された子番号が空いていれば、電話番号を通知しない通話に
対して、ナンバー・リクエストのメッセージで応答します。
メッセージ応答
代表選択
電話番号を通知して
こない通話
代表親番号
(お話し中)
代表子番号
(お話し中)
ナンバー・リクエストを契約
代表子番号
(空き)
ナンバー・リクエストを契約
代表子番号
(空き)
プーッ…」
◆全てお話し中の場合は、電話はつながらず、かけた方には「プーッ、
というお話し中の音 が聞こえます。
なりわけサービス
加入
電話 ISDN
●なりわけサービスの利用中になりわけリストに登録されている電話番号
から、電話番号を通知しないでかかってきた場合、ナンバー・リクエストの
メッセージで応答します。
13
電話をかける時(発信電話番号および発信者名通知方法)
■通常通知をお選びの方
通常のダイヤル操作で、
電話番号を通知します。
(発信者名の登録がある場合
は発信者名も通知します。)ただし、相手の電話番号の前に をつけ
てダイヤルすると、その通話に限り、電話番号も発信者名も通知しません。
(例)
「184」
+相手の電話番号
※TA(ターミナルアダプタ)やビジネスホンなど、通信機器の設定によっ
て、電話番号を「通知する」または「通知しない」
ことが可能です
(ただし、
通信機器に設定機能がある場合)。
「通知する」に設定した場合でも、
「184」のダイヤル操作で、非通知となります。
■通常非通知をお選びの方
通常のダイヤル操作で、電話番号を通知しません。ただし、相手の電話番号
の前に をつけてダイヤルすると、その通話に限り、電話番号を通知
します
(発信者名の登録がある場合は発信者名も通知します)。
(例)
「186」
+相手の電話番号
※TA(ターミナルアダプタ)やビジネスホンなど、通信機器の設定によっ
て、電話番号を「通知する」または「通知しない」
ことが可能です
(ただし、
通信機器に設定機能がある場合)。
「通知しない」に設定した場合でも、
「186」のダイヤル操作で、通知となります。
番号通知方法の優先順位は以下の順番となります。
「184」
「186」のダイヤル操作
通信機器の設定
回線の契約(「通常通知」または「通常非通知」)
※加入電話の場合、
「184」、
「186」をダイヤルした後に受話器から聞こえ
てくる
「プップップッ」
という音を確認後、相手の電話番号をダイヤルして
ください。
(INSネットを除く)
※「常時通知拒否」をご契約のお客さまは、相手の方が「ナンバー・リクエス
ト」をご利用されている場合、相手の方に接続することはできません。その
際「184」、
「186」を付加しての通話もできませんので、
ご注意ください。
※発信者名を登録していても、電話をかける際に発信電話番号を通知しな
い場合は発信者名も通知されません。
※発信者名として通話できる名前は「電話帳掲載名」を基本としますが、お
客さまのお申し込みにより
「電話契約者名」、
「請求書送付先名」を通知す
ることもできます。
※お選びいただいている番号通知方法および発信者名の登録の変更は、
弊社にお申し込みください。
※「電話帳掲載名」の変更等の伴い発信者名の廃止・変更が必要な場合は
必ず弊社へご連絡ください。
14
「発信者個人情報保護ガイドライン」について
総務省(旧郵政省)は、本サービスにより通知された電話番号が不当に利
用されることを防止するため、平成8年11月に「発信者情報通知サービス
の利用における発信者個人情報の保護に関するガイドライン」を制定しま
した。このガイドラインは、本サービスの事業用利用者を対象とし、番号情
報の適正利用を促しています。総務省(旧郵政省)は同年11月に関連業界
に対しガイドラインの周知を行いました。弊社では、発信電話番号情報を
適正にご利用いただくよう、サービスをご利用いただくお客さまに対して、
ガイドラインをご理解いただくよう努めるとともに、電話サービス契約約款
などに盛り込みました。
「発信者情報通知サービスのご利用における発信
者個人情報の保護に関するガイドライン」を尊重してご利用願います。
■発信者情報通知サービスの利用における
発信者個人情報の保護に関するガイドライン
1. 目的
このガイドラインは、発信電話番号等発信者に関する個人情報を通知する
電気通信サービス
(以下「発信者情報通知サービス」という。)の利用者を
対象として、通知を受けた個人情報の取扱いに関する基本的事項を定める
ことにより、発信電話番号等発信者に関する個人情報およびこれに結合し
て保有される個人情報を保護することを目的とする。
2. 定義
(1)発信者個人情報
発信者情報通知サービスにより通知される個人に関する情報であっ
て、当該情報に含まれる電話番号、氏名、生年月日、その他の記述又は
個人別に付された番号、記号その他の符号、影像又は音声により当該
発信者を識別できるもの(当該情報のみでは識別できないが、他の情
報と容易に照合することができ、それにより当該発信者を識別できるも
のを含む。)
をいう。
(2)事業用サービス利用者
発信者情報通知サービスを利用する法人その他の団体および自己が
営む事業において発信者情報通知サービスを利用する個人をいう。た
だし、国および地公共団体を除く。
(3)記録
コンピューター等による自動処理を行うかどうかにかかわらず、通知さ
れた発信者個人情報を後に取り出すことができる状態で保存すること
をいう。ただし、発信者に対して折り返し通信を行う目的で一時的に発
信者個人情報を保存する場合を除く。
3. 発信者個人情報の記録の制限等
(1)事業用サービス利用者は、発信者個人情報を記録する場合には、記録目的
を明確にし、その目的の達成に必要な範囲内で行わなければならない。
(2)事業用サービスの利用者は、発信者個人情報の記録を行う場合、情報
主体に対し、発信者個人情報を記録することおよび記録目的を告げな
ければならない。ただし、情報主体が既にこれを知っている場合はこの
限りではない。
(3)事業用サービス利用者は、
コンピューター等による自動処理により発信
者個人情報の記録を行う電話番号についても、誰もが知り得る簡便で
わかりやすい方法で周知しなければならない。
15
4. 発信者個人情報の利用の制限
事業用サービス利用者は、記録目的の範囲を超えて、発信者個人情報を利
用してはならない。
5. 発信者個人情報の提供の制限
事業用サービス利用者は、発信者個人情報を外部へ提供してはならない。
ただし、次のいずれかに該当する場合には、記録目的にかかわらず、当該個
人情報を外部へ提供することができる。
(1)発信者が外部への提供について同意した場合
(2)法令の規定により提供が求められた場合
6. 不当な差別的扱いの制限
事業用サービス利用者は、発信者情報通知サービスの利用に際し、不当な
差別的取扱いを行ってはならない。
7. 発信者個人情報の適正管理
(1)事業用サービス利用者は、記録目的に応じて発信者個人情報の正確性
を保つよう努めなければならない。
(2)事業用サービス利用者は、発信者個人情報への不当なアクセス、その紛失、
破壊、改ざん、漏洩等に対して適切な保護措置を講じなければならない。
(3)事業用サービス利用者は、発信者個人情報の処理を外部に委託する場
合には、契約等の法律行為に基づき、当該発信者個人情報に関する秘
密の保持等に関する事項を明確にし、個人情報の保護に十分配慮しな
ければならない。
8. 事業用サービス利用者の発信者個人情報の開示および訂正・削除
(1)事業用サービス利用者は、情報主体から自己に関する発信者個人情報
の開示の請求があった場合、本人であることを確認した上でこれに応じ
なければならない。
(2)事業用サービス利用者は、発信者個人情報に誤りがあって、情報主体から訂
正・削除を求められた場合、正当な理由なく、その請求を拒んではならない。
(3)事業用サービス利用者は、発信者個人情報の誤りを訂正・削除するまで
は、その情報を利用してはならない。
■サービス利用マーク
「発信者情報通知サービスの利用における発信者個人情報の保護に関す
るガイドライン」は、
「発信者個人情報の記録を行う電話番号について、だ
れもが知り得るよう周知すること」
と定めています。
サービス利用者は注文受付等にサービスを利用していることを一般のお
客さまにお知らせする際に
「サービス利用マーク」をご利用ください。
●広告使用例
●名刺使用例
ピザ配達のオーダーは下記の電話番号へ
03-□□□□-△△△△
受付時間/午前9:00∼午後9:00(日・祝日を除く)
「ナンバー・ディスプレイ」を利用しています。
○○商事
営業第一本部
○ 野 △ 夫
〒163-8019 東京都新宿区西新宿3-19-2
(03)-□□□□-△△△△
「ナンバー・ディスプレイ」を利用しています。
「ナンバー・ディスプレイ」を利用しています。
16
提供条件・ご利用上の注意
ナンバー・ディスプレイ
〈提供条件〉
●ご契約いただけるのは、加入電話(小型ピンク電話・カード式ピンク電話
を除く)、着信用電話をご利用のお客さまです。共同電話、支店代行電話、
有線放送電話接続電話、公衆電話などではご利用になれません。
●ダイヤルイン
(モデムダイヤルインを除く)、転送でんわ(ボイスワープ、
ノーリンギング通信
ボイスワープセレクトを除く)、テレドーム
(IP側)※、
サービス
(センタ回線)、オフトーク通信サービス
(センタ回線)
との重複
契約はできません。ただし、
ノーリンギング通信サービス
(利用者側)、オ
フトーク通信サービス
(利用者側)
については、契約可能です。※NTTコ
ミュニケーションズ
(株)
が提供するサービスです。
●一部提供できない地域があります。
●一部通信事業者(移動体通信事業者、IP電話事業者含む)経由の通話、一
部を除く国際電話など電話番号を通知できない通話、および公衆電話か
らの通話については電話番号は表示されず、電話番号を通知できない理
由※がディスプレイに表示されます。※「公衆電話」、
「表示圏外」等
●かけてきた相手の利用電話回線が「通常非通知」のご契約になっている
場合や電話番号の前に「184」をつけてかけてきた場合など、かけてき
た相手の意思により電話番号を通知しない通話については電話番号は
表示されず「非通知」表示となります。
●電話をかけてきた相手の方がIP電話から電話をかけてきた場合、電話
番号および電話番号を表示できない理由※については、各IP電話事業者
により異なります。また、表示された電話番号に折り返し電話をかけても
つながらない場合があります。
(接続の可否および時期については各IP
電話事業者により異なります。)※「非通知」、
「表示圏外」等
〈ご利用上の注意〉
●ナンバー・ディスプレイのご利用には、弊社へのお申し込みとナンバー・
ディスプレイに対応した電話機やTA(ターミナルアダプタ)などの通信機
器の設置とその設定が必要です。通信機器などに表示されている マー
ク、 マークはサービス対応の目印ですが、サービスに対応する通信機
器であることを保証するものではありません。詳しくは、通信機器の販売
店にお問い合わせいただくか、通信機器の取扱説明書をご参照ください。
●ご利用の通信機器によっては、IP電話をご利用中に加入電話に電話がか
かってきても、電話番号も電話番号を表示できない理由も表示されない
場合があります。
●ダイヤルインやi・ナンバーなどダイヤルイン等の番号をご利用の方から
の着信の場合、相手のダイヤルイン等の番号と異なった電話番号が表示
されることがあります。
ご注意 ください!
国内の固定電話や携帯電話から発信された場合、
「0」以外から始まる番号
が表示されることはありません。
「0」以外から始まる番号が表示されてい
るにもかかわらず、通話先が警察や官公庁などの公的機関を名乗るなど、
あたかも国内から発信しているような内容を装っている場合には、振り込
め詐欺等の可能性に十分ご注意ください。
キャッチホン・ディスプレイ
〈提供条件〉
●ご契約いただけるのは、加入電話(ピンク電話を除く)、着信用電話
(キャッチホンⅡ、マジックボックスは対象外)
をご利用のお客さまです。事
務所集団電話、共同電話、支店代行電話、有線放送電話接続電話、公衆電
話、INSネットなどではご利用になれません。
●キャッチホン・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイのご契約
とキャッチホン、キャッチホンⅡ、マジックボックス、話中時転送サービス、ボ
イスワープⅡのうちいずれかのご契約が必要です。
●ダイヤルイン
(モデムダイヤルインを1回線でご利用の場合を除く)、転
送でんわ(ボイスワープ、ボイスワープセレクトを除く)、テレドーム(IP
側)※、
ノーリンギング通信サービス
(センタ回線)、
オフトーク通信サービ
ス
(センタ回路)
との重複契約はできません。ただし、
ノーリンギング通信
サービス(利用者側)、オフトーク通信サービス(利用者側)については、
契約可能です。
※NTTコミュニケーションズ
(株)
が提供するサービスです。
●一部提供できない地域があります。
〈ご利用上の注意〉
●キャッチホン・ディスプレイのご利用には、弊社へのお申し込みとキャッチ
ホン・ディスプレイに対応した電話機などの通信機器の設置とその設定
が必要です。通信機器などに表示されている マークはサービス対応の
目印ですが、サービスに対応する通信機器であることを保証するもので
はありません。詳しくは、通信機器の販売店にお問い合わせいただくか、
通信機器の取扱説明書をご参照ください。
ナンバー・リクエスト
〈提供条件〉
●ナンバー・ディスプレイ
(またはナンバー・アナウンス)
と同様。
●ナンバー・リクエストをご利用いただくには、併せてナンバー・ディスプレ
イ
(またはナンバー・アナウンス)のご契約が必要です。
●一部通信事業者(移動体通信事業者、IP電話事業者含む)経由の通話、
一部を除く国際電話など電話番号を通知できない通話、および公衆電
話からの通話についてはメッセージ応答せず、そのまま着信します。
●弊社の電気通信設備の保守上または工事上やむを得ないときは、
「開
始」の設定が初期状態(「停止」)
となる場合があります。その際は、
ご利
用時にお客さまにより再度「開始」の設定をしていただく必要があります。
〈ご利用上の注意〉
●サービスのご利用時はお客さまの開始・停止の設定が必要です。
(契約
時は停止状態です)
●メッセージによる応答時は電話機の呼び出し音は鳴りません。またその
場合、かけてきた相手には通常の通話料金がかかります。
●INSネットでナンバー・リクエストをご利用になる場合、通信機器がサー
ビスの開始・停止を行う機能(スティミュラス手順)
をサポートしている必
要があります。
●総務省の定める「発信者情報通知サービスの利用における発信者個人
情報の保護に関するガイドライン」を尊重してご利用願います。
●本紙に記載されている内容は、加入電話およびINSネットをご利用のお
客さま向けです。
17
18
ダウンロード

ナンバー・ディスプレイ - NTT東日本 Web116.jp