2012/04/13
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBM SmarterCloud Control Desk 7.5
簡易構成ガイド
© 2012 IBM Corporation
本書について
•
2
本書では、ISCCD 7.5 で追加された簡易構成アプリケーションを使用して、導入後の初期
設定を行う手順を示します。
©2012 IBM Corporation
前提
 ISCCD 7.5 のインストールが完了し、Maximoにログインできること
 SMTPの構成および通貨コードの作成が完了していること(後述)
3
©2012 IBM Corporation
目次
 簡易構成アプリケーション概要
 組織、サイトの構成
– 概要
– 注意点
– 構成手順
 データ・ロード
– 概要
– CSVファイルの書式
– サンプルCSVファイル
– データ・インポート用クーロン・タスクのアクティブ化
– 非LDAP環境でのユーザー・データ・ロード設定
– データ・ロード手順
4
©2012 IBM Corporation
簡易構成アプリケーション概要
• 簡易構成アプリケーションは以下の2つのタブで構成されており、これらの機能を利用して初期設定
を行います。
– 組織・サイトの構成
このタブを使用して組織・サイトの設定を行う事が可能になりました。タブ内のフィールドを埋
めることで、これまでいくつかのアプリケーションを移動しながら実施していた組織・サイト
の初期設定が行えます。
このタブでは組織に設定するサイトは1つのみです。
– データ・ロード
このタブを使用して、ユーザー・資産・ライセンス・ロケーション・構成アイテムの情報を登録
することが出来ます。
5
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 概要1
• 簡易構成アプリケーションの組織・サイトの構成を使用すると、初期構成として行う必要がある以下の作業の内、3
~7(赤枠内)の作業を一括で行うことができます。
1. SMTPの構成
2. 通貨コードの作成
3. 部品と企業のセットの作成
4. 組織・サイトの作成
5. GL勘定科目コンポーネントの作成
6. データベースへの構成変更の適用
7. GL勘定科目の作成
8. GLコンポーネント・タイプの権限の更新
9. 企業関連勘定科目の更新
10.デフォルトの挿入サイトの作成
11.作業タイプの作成
12.IT資産およびソフトウェアの最上位クラスの指定
13.IT資産の分類構造の作成
※組織・サイトの構成を実施する前に、上記1、2の手順を完了しておく必要があります。
• 本書では、簡易構成アプリケーションで実施する作業(上記赤枠内)の手順について解説します。それ以外の作業
については、下記オンライン・マニュアルを参照してください。
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tusc.inswas.doc%2Fin
stall%2Fc_ccmdb_InitialDataConfiguration.html
6
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 概要2
 簡易構成アプリケーションを使用して、組織・サイトの初期構成を行います。
 以下の項目を設定します。
項目名
組織ID
組織の説明
デフォルト値
SDAORG
SDA Organization
サイトID
SDASITE
サイトの説明
SDA Site
基本通貨
USD
部品セットID
SET1
企業セットID
COMSET1
GL勘定科目
GLACCT
※組織・サイトの構成を実施する前に、必ずMaximo DBのバックアップを作成してください。
7
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 注意点
 基本通貨(通貨コード)について
– 簡易構成アプリケーションでは、通貨コードの新規作成は行いません。既存の通貨コードを指定するか、通貨コード・アプリケー
ションで事前に作成しておく必要があります。
– 存在しない通貨コードを指定してもエラーは出力されず、その通貨コードで組織が作成されてしまいます。組織の作成後には
通貨コードを変更することができず、同じIDの組織・サイトの作成および組織・サイトの削除もできないため、修復することがで
きません。(DBリストアによる修復は可能)必ず既存の通貨コードから値を選択してください。
 セットについて
– 簡易構成アプリケーションで部品セットおよび企業セットを作成すると、説明(Description)には以下の値が指定されます。
部品セット
: Item Set
企業セット
: Company Set
説明(Description)の内容を変更するには、組織・サイトの作成後、「管理」→「セット」アプリケーションで説明を変更する必要
があります。
 GL勘定科目について
– 簡易構成アプリケーションでは、以下の設定でGL勘定科目コンポーネントが作成されます。
コンポーネント名
: GLACCT
長さ
: 6
タイプ
: 英数字
必要?
: false
画面区切り文字
: GL勘定科目の順序
: 0
– 上記以外の設定でGL勘定科目を作成する場合は、別途GL勘定科目を作成して組織に割当てる必要があります。
8
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順1
簡易構成アプリケーションを使用して、組織、サイトをの初期構成を行う手順を示します。
 ナビゲーションから、「システムの構成」→「プラットフォームの構成」→「クイック構成」を選択
 「組織およびサイトの構成」タブで、各項目に値を入力し、「送信」ボタンをクリック
9
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順2
 警告メッセージがポップアップ表示されるので、「はい」ボタンをクリック
※データベースのバックアップを作成していない場合は、次の手順に進む前に必ずバックアップを作
成してください。
10
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順3
 「現在のバックアップあり?」をチェックし、「データベースの構成を開始」ボタンをクリック
11
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順4
 データベース構成の開始を示すメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリック
12
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順5
 データベース構成の完了を示すメッセージが表示されるまで、「ステータスの最新表示」ボタ
ンをクリック
13
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順6
 「OK」ボタンをクリック
14
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順7
 簡易構成アプリケーションの「構成ログ」を開き、ステータスが「完了」になっていること、
およびエラーが表示されていないことを確認
15
©2012 IBM Corporation
組織・サイトの構成 - 構成手順8
 簡易構成の完了後、「管理」→「組織」アプリケーションで、設定した内容で新し
い組織が作成されていることを確認
16
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - 概要
 Excel等のスプレッドシート・アプリケーションでCSVファイルを作成し、簡易構成アプリケーションを
使用して資産、CI、ユーザーのデータをMaximoにインポートします。
 CSVファイルを作成・インポートする際は、以下の点に注意してください。
– CSVファイルはUTF-8で保存する必要があります。
– 3000レコードを超えるデータを1つのCSVファイルに登録しないでください。3000レコード以上
を登録したい場合は、ファイルを分けてください。
– 大量のレコードがあるファイルのプレビューは、完了前にタイムアウトしてしまいます。もし、重
要な内容をプレビューしたい場合は、レコードの少ないファイルを作成して、プレビューを行って
ください。
– ファイルをインポートしてもレコードが反映されない場合は、メッセージ・テーブルを手動でリフ
レッシュしてください。もし、データの読み込みに失敗していた場合、エラーメッセージが表示さ
れます。エラーメッセージが表示されず、レコードも反映されない場合は、管理モードがONに
なっていないかどうか確認してください。(管理モードがONの状態ではクーロン・タスクが動作し
ないため、インポートが実行されません)
– 注意:もしプレビューを行った場合、エラーメッセージは記録されません。プレビューモードのす
べてのエラーはレポート・ダイアログに表示されます。
– データロードに失敗した場合は、エラーメッセージだけで無くログファイルも確認してください。
17
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - CSVファイルの書式1
1行目: 外部システムID, エンタープライズ・サービスID, アクション, 言語
2行目: テーブルの属性名。EXPORT時はアルファベット順(※)に並びます。
(ただしIMPORT時はすべての項目がそろっている必要はありません、また並び順もアルファベット順でなくてもかまいません、)
3行目以降: データ
例:ユーザー・データの場合
 1行目 SRM_SaaS_ES, MXPERUSERInterface,Add,JA
 2行目 LOGINID,PASSWORDCHECK,PASSWORDINPUT,PERSONID,PRIMARYEMAIL,
USERID
 3行目 user1,password1,password1,user1,[email protected],user1
user2,password2,password2,user2,[email protected],user2
・・・
ファイルの終わりが最終行の最後のカラムの後ろ、あるいは最終行の次の行の最初に来るようにしてください。 最終行のあとに空行があるとインポートにおいて
次のようなメッセージが出力されエラーとなります。
18
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - CSVファイルの書式2
CSV形式のファイルの1行目に、インポート時のアクションを指定します。 インポート用のファイルに含まれてい
るオブジェクト構造の最上位のオブジェクトに対するアクションとなります。
レコードがデータベースにどのように反映されるかを指定します。
値
説明
Add
データベースにレコードを追加します 。 既存のレコードがあるとエラーになります。
Delete
データベースからレコードを削除します 。 →今回は使用しません。
Change
データベースにある既存のレコードを更新します。
DB上の既存のレコードに下位レコードがあり、インポート用ファイルの該当レコードに
下位レコードが記述されていない場合、DB上の下位レコードはそのまま保持されます。
Replace
データベースにある既存のレコードを更新します 。
DB上の既存レコードに下位レコードがあり、インポート用のファイルの該当レコードに
下位レコードが記述されていない場合、DB上の下位レコードは削除されます。
AddChange AddとChangeをあわせた機能です。受信システムのデータベースにある既存レコードを追加または更新します 。
Null
19
CSV上は何もデータを指定しない状態です。AddまたはReplaceを指定するのと同じ効果があります。
既存のデータがない場合はAdd、ある場合はReplaceと同じ動きをします。
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - CSVファイルの書式3
 インポートするデータの種類に応じて、使用するエンタープライズ・サービスID、アクション、テーブル属性などが異
なります。
 それぞれのCSV書式の詳細については、下記オンライン・マニュアルを参照してください。
– ユーザー・データ
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tu
sc.doc%2Fimport%2Fr_csv_file_structure_user.html
– 資産データ
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tu
sc.doc%2Fimport%2Fr_csv_file_structure_asset.html
– ライセンス・データ
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tu
sc.doc%2Fimport%2Fr_csv_file_structure_lic.html
– ロケーション・データ
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tu
sc.doc%2Fimport%2Fr_csv_file_structure_loc.html
– 構成アイテム(CI)データ
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v50r1/index.jsp?topic=%2Fcom.ibm.tu
sc.doc%2Fimport%2Fr_csv_file_structure_ci.html
20
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - サンプルCSVファイル
developerWorks Process Automation web site
 以下のサイトから、サンプルCSVファイルをダ
ウンロードすることができます。
developerWorks Process Automation
web site
サンプルCSVファイル
21
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・インポート用クーロン・タスクのアクティブ化1
データ・ロードを実行するために、製品によって提供されているクーロン・タスクをアクティブ化します。
 ナビゲーションから、「システムの構成」→「プラットフォームの構成」→「クーロン・タスクのセットアップ」を選択
 JMSQSEQCONSUMER を検索し、選択
22
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・インポート用クーロン・タスクのアクティブ化2



23
SEQIN インスタンスの「アクティブ?」にチェックを入れる
ツールバーの「保存」ボタンをクリック
追加アクションの「要求の再ロード」を選択
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・インポート用クーロン・タスクのアクティブ化3
 SEQIN インスタンスがリストされていることを確認し、左側のチェックボックスを選択
 「OK」ボタンをクリック
24
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - 非LDAP環境でのユーザー・データ・ロード設定1
LDAPを使用していない環境でユーザー・データをロードする場合、ユーザーのパスワード関連のカラムを上書き可
能に設定する必要があります。
※LDAPを使用している、もしくは簡易構成アプリケーションでユーザー・データをロードしない場合は、以下の設定
は不要です。
 ナビゲーションから、「統合」→「オブジェクト構造」を選択
 「MXPERUSER」を検索し、選択
25
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - 非LDAP環境でのユーザー・データ・ロード設定2
 追加アクションから、「インバウンド設定の制限」を選択
26
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - 非LDAP環境でのユーザー・データ・ロード設定3




27
「MAXUSER」を選択
「PASSWORD」および「PASSWORDCHECK」の「上書き?」にチェックを入れる
両方の「制限?」のチェックを外す
「OK」ボタンをクリック
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順1
資産データの登録を例にとり、簡易構成アプリケーションを使用してデータをロードする手順を示します。
 ナビゲーションから、「システムの構成」→「プラットフォームの構成」→「クイック構成」を選択
 「データ・ロード」タブを選択
 オブジェクトに「資産」選択
 「データのロード」ボタンを選択
28
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順2
 オブジェクトに「資産」が指定されていること、および「インポートのプレビュー?」にチェックが入っていることを確認
 「インポート・ファイルの指定」欄に、ロードするCSVファイルを指定
 「OK」ボタンをクリック
29
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順3
 プレビューが正常に完了したことを確認し、「OK」ボタンをクリック
30
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順4




31
再度「データのロード」ボタンをクリック
「インポートのプレビュー?」のチェックを外す
インポート・ファイルを指定し、「OK」ボタンをクリック
システム・メッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリック
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順5
 「保留中のレコードの合計」が1になっていることを確認
 時間を置いてから、「リフレッシュ」ボタンをクリック
32
©2012 IBM Corporation
データ・ロード - データ・ロード手順6
 「保留中のレコードの合計」が0になることを確認(0にならない場合は、再度「リフレッシュ」ボタンをクリック)
 「障害レコード」にエラー・メッセージがリストされないことを確認
33
©2012 IBM Corporation
ダウンロード

簡易構成ガイド