死にがいのある町づくりを
このゆびとーまれ
理事長 惣万 佳代子
1
富山型デイサービスの理念
・年齢や障害に関係なく、誰もが
地域で共に暮らせる町作りを
考える
・誰も排除しないで包みこむこと
・豊かな人間関係の中で人は育
ち、喜びも大きい。一人ひとり
が輝く。
2
なぜ共生型なのか
1.地域には赤ちゃんからお年よりまで住ん
でいるから
2.地域のニーズに応えると自然の形
3.サービスの選択肢が増える
4.誰もが支えたり、支えられたりする社会
5.看護・介護の対象は全ての人である
3
4
5
6
富山型デイサービスが制度に
2006年10月1日~
「利用者」
お年より ・・・7人(介護保険)
身体障害者・・・2人(自立支援法)
知的障害者・・・2人(自立支援法)
精神障害者・・・2人(自立支援法)
健常児
・・・2人(実費)
15人
基準該当
7
「基準該当」とは
指定にみたさないもの、低いものと
多くの行政マンは受けとめている。
「うちの市はいりません」
とそっけない返事。
涙、涙・・・・・
8
・法律では
「サービスが不足している場合、
特に市町村が認めれば」
・「本当は介護保険のところに
障害者を利用させてもらって
いる」
この2つをとっぱらうことが必要。
9
基準該当のショートステイ
特に障害児が身近なと
ころでショートを受ける
ことができる。
※今までは30km離れたところに行っていた
10
地域包括支援センター
家族単位でケアプランを
祖父86才~認知症
母 55才~精神病
子ども6才~障害児
11
脱官僚というより
脱縦割を!
これからは
ハードからハートへ♥
人は建物じゃなくて人に集まる
12
ダウンロード

死にがいのある町づくりを