国際交流協定交流状況報告・意見交換会プログラム
平成20年5月29日
マックスプランクプラズマ物理研究所
Max-Planck-Institut für Plasmaphysik (IPP)
交流責任者
山田 弘司
学術交流協定 1993年5月11日
• Facilitate the fulfillment of the Implementing Agreement for Co-operation
in Development of the Stellarator Concept
• Develop academic exchange and co-operation in research between
two institutes
• Promote Japanese-German friendship and international exchange in
the field of nuclear fusion research
1/6
主たる共同研究
1.閉じ込めに関する調整作業会 (Coordinated Working Group Meeting)
閉じ込めデータベースを基点として大きく発展
2.ジャイロトロン開発 (筑波大)
3.原子分子過程・境界領域プラズマと材料 (名大)
4.負イオン生成の探究と大型高周波イオン源への応用 (東北大)
新分野創成
も視野に
2/6
IPPNIFS
NIFSIPP
平成16年度
10 (内、客員教授 3)
7
平成17年度
10 (内、客員教授 1)
14
平成18年度
8 (内、客員教授 3)
9
平成19年度
19 (内、客員教授 3)
18
人事交流実績
核融合科学研究所 運営会議外部評価委員会
1.平成18年度報告書における「評価のまとめと提言」から
・海外の評価委員から、ヘリカル/ステラレータに関する共同研究は特に役割分担
が巧みに調整されていることが高く評価された。
・特に、マックスプランク研究所との協定によるヘリカル/ステラレータに関する研究
成果は国内外の多くの評価委員から高く評価された
2.平成19年度報告書における特記事項から
・IEA実施協定にもとづく共同研究活動によって、若手を中心に、国際的COEとして
の役割を適切に果たしている。
・NIFSは国際ステラレータ/ヘリオトロン作業部会のリーダーである。その関連で
ヘリカルシステム閉じ込めデータベースに関しても、IPPと共同主催を務めており、
統合輸送コードに率先して乗り出している。
3/6
International Stellarator/Heliotron
Confinement DataBase
NIFSとIPPが共同ホスト
http://iscdb.nifs.ac.jp/
• データベース説明、データ本体
• CWGMのプログラム、発表資料、
Minutes、合意事項など
Coordinated Working Group Meeting
#1 京都
2006年 9月
#2 グライフスバルト 2007年 6月
#3 土岐
2007年10月
#4 マドリッド
2008年10月
・ 閉じ込めデータベース
 分布データベース (コア電子ルート閉じ込め、高イオンモードなど)
 MHDデータベース (平衡配位、揺動特性・強度など)
・ トピカルグループ
回転変換・シア、高ベータ、不純物輸送、運動量輸送、周辺プラズマ・ダイバータ
・ 理論シミュレーション
新古典拡散および微視的乱流のベンチマーク、統合コード開発
4/6
ISPDB
0D: Global parameters
Structure of
International
Stellarator/
Heliotron
Profile
DataBase
1D: Time traces
2D: Profiles, Fits
Log-files
Catalogue
Interface
Documentation
Interface
Interface
Interface
Client
Magnetic
confinement
data base
(MCDB)
Data base: U-files
Codes
• Equilibrium codes
• Data analysis
Documentation files
• Reports, papers
• shotwaves
• History of modifications and why
Wiki
5/6
International and Domestic Collaboration
for Gyrotron Development and Application
Domestic Collaboration
USA
Japan
MMW Application
Tohoku Univ.
Fukui Univ.
Peniotron
Tera Herz
US-JA
MIT,GA
MMW Tech
Niigata
Kanazawa Univ.
NIFS
GW MMW source
Fusion application
筑波大
Tsukuba
Univ.
Gyrotron Design
Fusion Application
MMW components
Max Planck
Fusion
140GHz/1MW/CW
Gyrotron for W7-X
FZK
ITER Gyrotron
High Power Gyrotron Development
Development of Component
EU
JAEA
Gyrotron Design
Application
170GHz/2MW/CW
for ITER
CRPP
Gyrotron Test
Antenna Design
Russi
IAP
a Design
170GHz/1MW/CW
for ITER
6/6
ダウンロード

学術交流協定 1993年5月11日