資料 2-1
平成27年度広島県合同輸血療法委員会
平成26年度事業実施報告
広島県合同輸血療法委員会の目的
広島県合同輸血療法委員会設置要綱(H23.5.25設置)
(目 的)
第1条 本会は,医療機関における輸血療
法委員会相互の情報交換を図り,広島県
内における輸血医療の標準化をめざすも
のとする。
委員会・研修会の開催状況
H23.5.25
広島県合同輸血療法委員会の設置
(医療機関16,学識経験者3,関係団体5,事務局3)
広島県合同輸血療法委員会の開催
H24.7.28
○H24年度活動計画について
○特別講演:紀野修一先生(旭川医科大学付属病院准教授)
~旭川医科大学病院における輸血療法委員会活動~
広島県合同輸血療法研修会の開催
H25.2.2
○H24年度アンケート調査結果○医療機関の事例発表
○特別講演:稲田英一先生(順天堂大学医学部麻酔科学・ペイン
クリニック講座教授)
~「危機的出血への対応ガイドライン」を生かすために~
広島県合同輸血療法委員会の開催
H25.7.27
○H25年度活動計画について
○特別講演:田中純子先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授)
~輸血用血液の安全性向上への変遷~
広島県合同輸血療法研修会の開催
H26.2.15
○H25年度アンケート調査結果○医療機関の事例発表
○特別講演:大戸 斉先生(福島県立医科大学 輸血・移植免疫学教授)
~全医療人で達成する良質な輸血医療~
広島県合同輸血療法委員会の開催
H26.7.26
○H26年度活動計画について
○特別講演:二木敏彦先生(金沢赤十字病院 検査部)
~輸血医療の均てん化にチャレンジ
小規模医療施設における輸血医療の特徴とその支援~
広島県合同輸血療法研修会の開催
H27.1.31
○H26年度アンケート調査結果
○ワークショップ「どうするんだ!?輸血前後の感染症検査」
○特別講演:西塚和美先生(青森県黒石市国民健康保険 黒石病院)
~看護師として実践する Patient Blood Management~
平成26年度に実施した活動・事業

広島県合同輸血療法委員会 H26.7.26
広島県合同輸血療法研修会 H27.1.31

輸血療法に関するアンケート調査の実施 H26.11

医療機関からの相談応需事業
(実地相談)の実施


H26.6~H27.2
広島県合同輸血療法委員会幹事会(2回)
① H26.4.26 ② H26.12.13
広島県合同輸血療法委員会



日時 平成26年7月26日 (土) 15時~17時
場所 国保会館(広島市中区東白島町)
内容

平成25年度の実績報告

平成26年度活動計画について

特別講演
演題 「輸血医療の均てん化にチャレンジ
小規模医療施設における輸血医療の特徴とその支援」
講師:二木敏彦先生(金沢赤十字病院 検査部)
広島県合同輸血療法研修会



日時 平成27年1月31日(土) 15時~18時
場所 県庁本館 6階 講堂
内容
 輸血療法に関するアンケート結果報告
 広島大学病院 輸血部長 藤井輝久先生
 ワークショップ「どうするんだ!?輸血前後の感染症検査」
 広島県赤十字血液センター,広島赤十字・原爆病院,
市立三次中央病院,荒木脳神経外科病院
 特別講演
「看護師として実践するPatient Blood Management」
 講師:青森県黒石市国民健康保険 黒石病院
西塚和美先生
輸血療法に関する実態調査の実施







調査の目的:広島県の医療機関における輸血療法の現状と実態を
把握すること。
実施主体:広島県合同輸血療法委員会
調査期間:平成26年10月27日~11月28日
調査対象:平成24年度に広島県輸血用血液製剤供給量の上位100位以
内の医療機関及び以前の調査で対象であった医療機関等全138医療機
関
調査方法:郵送によるアンケート調査(記名調査)
調査項目(抜粋):
○「医療機関の概要」(病床数及び診療科数等)
○「輸血療法委員会について」
○「現時点での輸血管理体制について」
などの8分野・32項目
回答数/回収率:100施設/72.5%
医療機関からの
相談応需事業(実地相談)の実施 1
1 目的
県内の医療機関において,血液製剤の適正使用について,指針へ
の適合を模索している機関に対し,助言及び実地相談を行い,県全体
の輸血療法の標準化を図ることを目的として実施した。
2 内容
各医療機関が,血液製剤をどのように使用しているか,実際に医療
機関を訪問して確認し,医療機関からの相談に応需するものである。
医療機関からの支援要望に対して,施設規模にかかわらず輸血医
療の底上げを図るもので,「出前研修とコンサルティング」をイメージし
ている。
日本輸血・細胞治療学会のI&Aマニュアルを参考に委員会で独自
のチェックリストを作成し,医療機関及び訪問者の相互で確認しながら
実施した。
医療機関からの
相談応需事業(実地相談)の実施 2
3 実施医療機関
(1) 平成27年 2月20日 病院A
(2) 平成27年 2月24日 病院B
4 実施者
広島県合同輸血療法委員会の委員(医師及び検査技師)
事務局(赤十字血液センター職員及び薬務課職員)
計 3名又は4名
医療機関からの
相談応需事業(実地相談)の実施 3
5 実施結果の概要(主な相談内容及び助言内容)
・血液製剤の保管機器の設定を適切に
・自己血採取後は,採血現場でチューブシールを行う
・対象事例がなく作成していないマニュアル及び管理簿を整備
・輸血療法委員会の設置
・輸血療法マニュアルの整備
輸血前後の感染症検査の実施
副作用の報告体制の構築
検査方法の再検討
・輸血前後の感染症検査の実施率向上の検討
等
広島県合同輸血療法委員会幹事会
開催回
第1回
(赤十字血液
センター)
第2回
(赤十字血液
センター)
年月日
H26.4.26
(土)
H26.12.13
(土)
概
1
2
3
4
5
6
要
平成25年度の報告
平成26年度広島県合同輸血療法委員会の開催について
平成26年度のアンケート実施について
平成26年度委託事業への応募について
訪問相談事業チェックリスト(小規模機関向け)について
研修会の講師について
1 平成26年度広島県合同輸血療法委員会研修会の開催について
2 平成26年度のアンケートの実施
~平成26年度の報告と継続実施の確認~
3 訪問相談事業(小規模機関向け)について
今後の課題・取組み
県合同輸血療法委員会が,医療機関~血液センタ~行政
間における情報の共有と情報交換の場(軸)として活動を
行い,輸血医療の標準化を進展させることを目指して活動
を継続する。





合同輸血療法委員会及び研修会の開催の
継続
輸血前後の検査実施手順書の作成
県内医療機関への輸血療法に関する調査の
継続
県内医療機関のレベルアップのための相談
応需事業の継続
輸血医療の変遷に対応した活動・調査
ダウンロード

平成25年度 広島県合同輸血療法委員会