391
︿判 例 研 究 ﹀
木
松
男
本 判 決 は 、 平 成 七 年 一月 十 七 日 午 前 五 時 四 六 分 に 発 生 し た いわ ゆ る 阪 神 大 震 災 に 関 す る 事 件 で あ る。 被 控
黒
(
大 阪 高 裁 平 成 二 年 六 月 二 日 、 判 例 時 報 一七 一五 号 入 六 頁 )
阪神 大 震 災 通 電 火 災 高 裁 判 決
︻事 実 ︼
訴 人 (原 告 ) ら 濁 (甲 野 一郎 )
、 地 (甲 野 花 子 ) は 、 本 件 家 屋 に つい て、 控 訴 人 (被 告 ) Y (
安 田火 災 海 上 ) と の問
で 、 住 宅 金 融 公 庫 融 資 住 宅 等 火 災 保 険 契 約 を 締 結 し て い た 。 本 件 地 震 に よ って 、 本 件 家 屋 は 、 そ の倒 壊 は 免 れ た が 、
地 震 発 生 後 六 〇 時 間 (二 日 半 ) あ ま り を 経 過 し た 同 月 十 九 日 午 後 六 時 こ ろ 、 そ の家 屋 の 三 階 北 側 和 室 付 近 か ら 出 火 し
三 階 部 分 約 四 七 ・四 〇 平 方 メ ー ト ル を 焼 損 し 、 一、 二 階 全 体 が 消 火 活 動 の際 の放 水 に よ り 汚 損 し た 。 そ の 出 火 原 因 に
つい て、 西宮 消 防 署 は 、 関 係 者 の供 述 や 現 場 の焼 綴 状 況 か ら 、 地 震 の 揺 れ で 三 階 にあ って コー ド の先 端 を 部 屋 の コン
セ ント に 差 し 込 ん だ ま ま 置 か れ て い た 電 気 スト ー ブ が 転 倒 し 、 そ の際 、 何 か が 電 気 スト ー ブ に あ た って スイ ッチが オ
フか ら オ ン の状 態 と な り 、 これ に 電 気 が 通 った た め 発 熱 部 分 と 接 す る 畳 が 発 火 し 、 これ が 他 のも の に 燃 え 移 った た め
である (
通 電 火 災 ) と 判 定 し た 。 そ こ で 、 X ら は 、 火 災 保 険 金 と し て 合 計 一五 五 〇 万 〇 九 三 四 円 を 求 め る 訴 訟 を 提 起
し たが 、 Y は 、 本 件 出 火 は 地 震 に よ って発 生 し た 通 電 火 災 で あ り 、 こ の火 災 が 拡 大 し て 本 件 家 屋 が 焼 損 な ど し た の で
392
あ る か ら 、 本 件 火 災 損 害 は 、 地 震 に よ って発 生 し た 火 災 が 拡 大 し て生 じ た 損 害 に あ た り 、 同 保 険 契 約 特 約 条 項 二条 二
項 の地 震 免 責 条 項 に 該 当 す る と し て 、 火 災 保 険 金 の支 払 い を 拒 絶 し た 。
これ に 対 し 、 第 一審 の神 戸 地 裁 尼 崎 支 部 は 、 ﹁本 件 家 屋 の火 災 は 、 地 震 が な け れ ば 電 気 スト ー ブ の転 倒 も な か った
と い う 限 度 で 、 地 震 と の間 に 条 件 的 な 因 果 関 係 の存 在 を 否 定 す る こ と は で き な い 。 し か し 、 地 震 免 責 条 項 に い う ﹃地
震 に よ って発 生 し た 火 災 ﹄ と い う 要 件 は 、 単 な る 条 件 的 な 因 果 関 係 で は 足 り ず 、 地 震 と 火 災 と の間 に 相 当 因 果 関 係 の
存 在 す る こ と が 必 要 であ る と 解 さ れ る か ら 、 社 会 通 念 上 相 当 と 認 め ら れ る 限 度 に お い て、 地 震 と 火 災 と の間 の因 果 関
係 を 肯 定 す べ き で あ る 。 こ の見 地 に 立 って、 い わ ゆ る ﹃地 震 火 災 ﹄ の因 果 関 係 を 検 討 す る に 、 空 家 や 倒 壊 し た 家 屋 で
あ れ ば と も か く 、 現 に人 の居 住 す る 普 通 の 一戸 建 て家 屋 で あ れ ば 、 地 震 後 二 、 三 日 も す れ ば 、 家 人 に よ り 目 視 で き る
範 囲 で 屋 内 の危 険 箇 所 は ひ と と お り 点 検 さ れ 、 そ れ に よ ってあ る 程 度 火 災 の発 生 を 未 然 に防 止 す る こ とが 可能 に な る
こ と は 、 わ れ わ れ の経 験 則 に 照 ら し 明 ら か と い わ な け れ ば な ら な い。 す な わ ち 、 家 人 に よ る 安 全 管 理 が あ る 程 度 可 能
に な れ ば 、 そ の程 度 に応 じ て地 震 の影 響 は薄 れ て いく の で あ り 、 家 人 が 容 易 に危 険 を 除 去 し う る の に これ を 怠 り 、 そ
の結 果 火 災 が 発 生 し た 場 合 は 、 社 会 通 念 上 、 こ の火 災 は 家 人 の過 失 に よ る 失 火 と 見 る のが 相 当 で あ り 、 地 震 に よ って
発 生 した 火 災 に はあ た ら な い (
地 震 と 火 災 と の間 に 相 当 因 果 関 係 を 肯 定 す る こ と は で き な い ) と い う べ き であ る 。﹂
﹁地 震 に よ って平 時 に 比 べ る と 可 燃 物 に き わ め て 容 易 に 着 火 し や す い状 態 と な った こ と が 原 因 で 火 災 (い
と し て、 原 告 X ら の全 面 勝 訴 を 判 示 し た 。 そ こ で 、 Y 側 は 控 訴 し た 。
︻判 旨 ︼
わ ゆ る 通 電 火 災 ) が 発 生 し た 場 合 に は 、 一般 的 に 見 て 、 ﹃地 震 に よ る 震 動 の た め に 作 り 出 さ れ た 異 常 状 態 ﹄ に よ って
生 じ た 火 災 と し て 、 地 震 と 火 災 と の間 に 相 当 因 果 関 係 が あ るも のと し て よ い よ う に 考 え ら れ る 。 し か し な が ら 、 一方
で は 、 空 家 や 倒 壊 し た 家 屋 で あ れ ば と も か く 、 現 に 人 の居 住 す る 普 通 の 一戸 建 て家 屋 で あ れ ば 、 通 常 は、 地 震 後 二 、
三 日も す れ ば 、 居 住 者 に よ り 目 視 でき る 範 囲 で 屋 内 の危 険 箇 所 は ひ と と お り 点 検 さ れ 、 そ れ に よ って か な り の程 度 に
火 災 の発 生 を 未 然 に防 止 す る こ と が 可 能 に な る こ と が 十 分 考 え ら れ る と こ ろ で あ る 。 し た が って、 地 震 後 に生 じ た 火
災 に つい て地 震 に よ る 影 響 を 否 定 でき な いと し て も 、 居 住 者 が 地 震 後 に 容 易 に 火 災 発 生 の危 険 を 除 去 し う る の に こ れ
を 怠 った こ と が 火 災 発 生 の直 接 的 な 原 因 と な って い る よ う な 場 合 に は 、 地 震 と 火 災 と の因 果 関 係 を 認 め ざ る を 得 な い
の で あ る が 、 一方 に お い て、 仮 に地 震 以 外 の原 因 で 電 気 スト ーブ な ど の火 源 と な り う る 器 具 が 転 倒 し た 場 合 でも 、 そ
の転 倒 し た 器 具 を 居 住 者 が そ のま ま に し てお く と い う 右 と 同 様 の居 住 者 の不 注 意 に よ って 火 災 が 発 生 す る こと が あ る
の であ る か ら 、 本 件 のよ う な 場 合 に生 じ た 火 災 に つい て は 、 地 震 に よ る 影 響 よ り も 、 居 住 者 の 不 注 意 に よ る 失 火 で あ
る こ と を 重 く 見 る べ き で あ る と解 せ ら れ る 。 そ し て 、 こ のよ う な 場 合 に は 、 本 件 保 険 契 約 に直 接 の規 定 は な いが 、 信
れ が 地 震 と 比 較 し て火 災 発 生 に 寄 与 す る 割 合 が 大 き か った と い え る ので あ って 、 被 控 訴 人 ら は 地 震 免 責 条 項 にも か か
で あ り、 し た が って 、 本 件 にお い て は 、 被 控 訴 人 花 子 の過 失 と 本 件 火 災 と の間 に は 相 当 因 果 関 係 が 認 め ら れ 、 か つそ
る こ とを ま った く 否 定 す る こ と は で き な いも の の、 な お 被 控 訴 人 花 子 の不 注 意 に よ る 失 火 で あ る こ と を 重 く 見 る べ き
な ど の事 情 に 照 ら し 、 公 平 の原 則 に 合 致 す る と い う べ き で あ る 。﹂ ﹁本 件 火 災 は 、 前 記 の と お り 通 電 火 災 の 一面 を 有 す
控 訴 人 ら に お い て も 、 通 電 火 災 の危 険 性 に つい て 考 え つか な か った のも や む を え な い 状 況 に あ った と 認 め ら れ る こ と
力 会 社 が 地 震 後 、 送 電 を 再 開 す る にあ た って、 住 民 に 通 電 火 災 の危 険 性 を 通 知 し て い た と は窺 い 得 な い こと か ら 、 被
火 災 を 除 く も の で あ る こ と に つい て の説 明 や 、 地 震 保 険 制 度 に つい て の説 明 を 十 分 に し てき た と 窺 え な い こ と や 、 電
一般 に は 馴 染 み が な く 、 本 件 全 証 拠 を 総 合 し て も 、 保 険 会 社 に お い て、 火 災 保 険 の 勧 誘 の際 に、 同 保 険 が 地 震 に よ る
減 額 す る のが 相 当 で あ る 。 ま た 、 こ のよ う に解 す る こ と は 、 本 件 地 震 当 時 、 地 震 保 険 制 度 が 設 け ら れ て いた と は い え 、
至 った 一切 の事 情 を 考 慮 し 、 右 保 険 契 約 に 定 め ら れ た 保 険 給 付 金 額 のう ち 、 保 険 契 約 者 に 支 払 わ れ る保 険 給 付 金 額 を
義 則 の適 用 によ り 、 右 火 災 の原 因 と な った 地 震 に よ る 影 響 と 居 住 者 の失 火 の そ れ ぞ れ の寄 与 の程 度 な ど 、 火 災 発 生 に
阪神大震災通電火災高裁判決
393
394
わ ら ず 、 本 件 火 災 に よ って 被 った 損 害 の相 当 部 分 を 本 件 の保 険 に よ って 填 補 す る こ と を 求 め る こ と が で き る と い う べ
き で あ る 。 そ し て、 右 認 定 に よ る 地 震 と 被 控 訴 人 花 子 の過 失 が そ れ ぞ れ 本 件 火 災 に も た ら し た 寄 与 の程 度 (影 響 度 )
等 の 一切 の事 情 を 考 慮 す る と 、 被 控 訴 人 等 に生 じ た 損 害 のう ち の 約 六 割 に 相 当 す る 九 〇 〇 万 円 (し た が って 、 こ れ を 、
被 控 訴 人 ら の本 件 家 屋 にお け る 所 有 権 の持 分 割 合 に応 じ て按 分 す る と 、 被 控 訴 人 太 郎 に つき 六 〇 〇 万 円 、 被 控 訴 人 花
子 に つき 三〇 〇 万 円 と な る 。) に つい て保 険 金 請 求 が で き る も のと 認 め る のが 相 当 で あ る 。﹂
︻評 釈 ︼
一 は じめ に
本 判 決 の結 論 お よ び そ の論 理 構 造 に は 疑 問 を 感 じ る 。 本 判 決 と 第 一審 の神 戸 地 裁 尼 崎 支 部 の判 決 と の結 論 お よ び そ
の論 理 構 造 を 比 較 し て み る と 以 下 の と お り に な る 。 す な わ ち 、 結 論 に つい て は 、 同 地 裁 は 、 被 保 険 者 の保 険 金 請 求 の
全 額 を 認 め た の に 対 し 、 本 判 決 を 下 し た 大 阪 高 裁 は 、 被 保 険 者 の保 険 金 請 求 を 四〇 % 減 額 し た 。 ま た 、 そ の 論 理 構 造
に つい て は 、 同 地 裁 は 、 地 震 と 本 件 通 電 火 災 と の間 の相 当 因 果 関 係 の存 在 を 否 定 し 、 地 震 免 責 条 項 の適 用 を 排 除 し た
の に 対 し 、 大 阪 高 裁 は 、 地 震 と 通 電 火 災 と の間 に 相 当 因 果 関 係 を 認 め な が ら も 、 本 件 の通 電 火 災 に つい ては 、 地 震 に
よ る 影 響 よ り も 、 居 住 者 の不 注 意 に よ る 失 火 で あ る こ と を 重 く 見 て、 信 義 則 の適 用 に よ り 火 災 原 因 に 対 す る 地 震 に よ
る 影 響 と 居 住 者 の失 火 の そ れ ぞ れ の寄 与 の 程 度 に 従 って 、 居 住 者 の失 火 の方 が 地 震 と 比 較 し て そ の寄 与 す る 割 合 が 大
き か った と い え る の で 、 地 震 免 責 条 項 に か か わ ら ず 、 そ の火 災 損 害 の相 当 部 分 を 保 険 金 と し て 請 求 す る こ と が 出 来 る
と し た 。 こ こ に本 判 決 の最 大 の特 徴 が あ る と い え よ う 。 す な わ ち 、 従 来 の判 例 は 、 原 則 的 に は 、 地 震 と 火 災 と の間 に
相 当 因 果 関 係 が あ れ ば 、 地 震 免 責 条 項 を 適 用 し 、 逆 に 相 当 因 果 関 係 が な い と 判 断 さ れ た 場 合 に は 、 地 震 免 責 条 項 の適
用 を 排 除 す ると いう 二者 択 一的 な も の で あ った が 、 本 判 決 は こ の 原 則 の例 外 に あ た る 判 例 の 一つと 考 え ら れ 、 相 当 因
果 関 係 の存 在 の認 定 と 地 震 免 責 条 項 の適 用 の判 断 を 分 離 し 、 地 震 と 火 災 と の間 に相 当 因 果 関 係 が あ って も 地 震 免 責 条
項 の適 用 を 排 除 し た 点 は き わ め て ユ ニー クな も の で あ る 。 さ ら に 、 地 震 免 責 条 項 の適 用 が な い と し な が ら 、 居 住 者 の
失 火 と いう 点 を 評 価 し て 火 災 保 険 金 の減 額 を し て い る こ と も 本 判 決 の特 徴 で あ る 。 そ こ で 、 通 電 火 災 と 地 震 免 責 条 項
通 電火 災 と 地 震 免 責 条 項 の適 用
の適 用 の問 題 お よ び 本 判 決 のよ う な 割 合 的 ・和 解 的 な 解 決 の妥 当 性 に つい て考 察 を 加 え る こ と に す る 。
二
ユ り
地 震 の際 の通 電 火 災 と は 、 地 震 に よ って屋 内 の電 気 配 線 が 断 裂 し て漏 電 や電 気 シ ョー ト な ど に よ って 平 時 よ り も 可
通 電 火 災 と 認 定 さ れ て 地 震 免 責 条 項 の適 用 が あ る の であ ろ う か。 こ のよ う な 場 合 に は 、 居 住 者 の 失 火 の 可 能 性 は 排 除
あ り 、 ま た 、 居 住 者 は 地 震 で 避 難 し て い て空 家 状 態 あ る い は 倒 壊 し て い て 居 住 に 耐 え な い 住 宅 状 況 であ った 場 合 に は 、
と し た。 し た が って、 も し 、 地 震 後 ま も な く し て中 断 し て いた 送 電 が 再 開 さ れ 、 送 電 再 開 時 刻 と 出 火 時 刻 の近 接 性 が
生 後 六〇 時 間 (二 日 半 ) 経 過 し た 後 の通 電 火 災 で あ り 、 居 住 者 が 居 住 を 継 続 し て いる ので 地 震 免 責 条 項 の適 用 は な い
し て 、 地 震 と 火 災 と の 間 に 相 当 因 果 関 係 が あ る も の と し て よ い よ う に 考 え ら れ る 。﹂ と し て 、 本 件 の 場 合 は 、 地 震 発
災 ) が 発 生 し た 場 合 に は 、 一般 的 に み て、 ﹃地 震 に よ る 震 動 のた め に 作 り 出 さ れ た 異 常 状 態 ﹄ に よ って 生 じ た 火 災 と
﹁地 震 によ って 平 時 に 比 べ る と 可 燃 物 に 極 め て容 易 に着 火 し や す い 状 態 と な った こと が 原 因 で 火 災 (いわ ゆ る 通 電 火
と 認 定 さ れ た が 地 震 と 通 電 火 災 と の間 の相 当 因 果 関 係 が 否 定 さ れ た 判 例 が あ る に と ど ま る 。 本 判 決 は 、 こ の 点 に 関 し 、
ヨ は 、通電火 災であ った かどう かが 争 わ れ結局 通 電火 災 と認定 され ず 出 火原 因 が 不明な 不審 火 とされ た 判例 や通電 火 災
に は 、 通 電 火 災 と 地 震 と の間 の相 当 因 果 関 係 を 認 定 し て 、 保 険 会 社 は 火 災 保 険 金 の支 払 を 免 責 さ れ る ど う か に つい て
燃 物 にき わ め て着 火 し やす い 状 態 で 発 生 す る 火 災 の こ と で あ る 。 一般 的 に 、 地 震 に お け る 通 電 火 災 と 認 定 さ れ た 場 合
阪 神 大 震 災通 電 火 災 高 裁 判 決
395
396
ロ
さ れ る の で 、 通 電 火 災 の 可 能 性 と 第 三 者 によ る 放 火 の 可 能 性 が 残 る こ と に な る 。 ま た 、 送 電 再 開 時 刻 と 火 災 発 生 時 刻
が 近 い と い う こ と か ら 、 高 い蓋 然 性 を も って 通 電 火 災 で あ る こ と が 推 定 さ れ よ う 。 ま た 、 た と え 居 住 者 が 居 住 を 継 続
し て い た と し ても 地 震 発 生 後 程 な く し て 送 電 が 再 開 さ れ 、 そ の送 電 後 時 間 を お か ず に 火 災 が 発 生 し た 場 合 に は 、 居 住
者 の 不 注 意 は な く 、 通 電 火 災 で あ る こ と が 推 定 さ れ よ う 。 以 上 の よ う な 場 合 に、 地 震 免 責 条 項 は 適 用 さ れ る の で あ ろ
う か 。 思 う に 、 本 判 決 の論 理 構 造 か ら す る と 、 こ のよ う な 場 合 に は 、 居 住 者 の不 注 意 に よ る 失 火 の可 能 性 が 排 除 さ れ
通 電 火 災 に 対 す る 地 震 に よ る 影 響 が 前 面 に出 て く る の で あ る か ら 、 地 震 免 責 条 項 が 適 用 さ れ る 可 能 性 は 高 い と 思 わ れ
う る。 本 判 決 が 、 ﹁空 家 や 倒 壊 し た 家 屋 で あ れ ば と も か く ﹂ と 判 示 し て い る こ と か ら そ の こ と が 伺 い 知 れ る し 、 居 住 を
継 続 し て い て 、 本 件 のよ う に 六 〇 時 間 も 経 過 し て い な か った 場 合 、 そ れ が 何 時 間 か は 極 め て境 界 線 を 引 く こと が 微 妙
な 問 題 に な る が 、 諸 般 の 事 情 か ら 、 居 住 者 が 住 宅 内 の 安 全 性 を 管 理 で き な い 時 間 に 送 電 が 再 開 さ れ て送 電 火 災 が 発 生
し た 場 合 は 地 震 免 責 条 項 の適 用 が あ る も の と 思 わ れ る 。 地 震 と いう 異 常 状 態 の中 で 、 ラ イ フ ・ラ イ ンを 早 急 に 復 旧 し
て ほ し い と い う 市 民 の強 い 要 望 か ら 送 電 の 再 開 が な さ れ る と いう 関 係 か ら す る と 、 送 電 と いう 人 為 的 行 為 が 原 因 で 通
電 火 災 が 発 生 し た と し て も 、 地 震 と い う 異 常 事 態 と 関 連 す る 状 況 に お け る も ので あ る か ら 、 電 力 会 社 に も 責 任 を 問 い
え な い し 、 保 険 会 社 も 火 災 保 険 金 の支 払 い は 免 責 さ れ る と 考 え た 方 が 地 震 免 責 条 項 の趣 旨 に 合 致 す る も のと 思 わ れ る
が 、 し かし、 地震 によ る倒壊 や火災 を免 れ た と いう点 では、 被災 者 は そ の ことで安 堵 し て いるはず であ るし 、電 力会
社 が 送 電 を 再 開 し た た め に 通 電 火 災 に な った 場 合 には 、 電 力 会 社 の責 任 と 意 識 す る のが 通 常 で は な い で あ ろ う か 。 電
力 供 給 と い う 公 共 事 業 を 営 む 電 力 会 社 と し て の社 会 的 責 任 か ら す る と 、 地 震 後 の送 電 再 開 に は か な り の慎 重 な 判 断 を
す べ き で あ る し 、 送 電 再 開 によ って 火 災 が 発 生 す る 危 険 性 が あ る こ と を メデ ィ ア や 作 業 員 を 駆 使 し て警 告 を 徹 底 す べ
き 努 力 を 最 大 限 す べ き で あ ろ う 。 本 判 決 が 、 ﹁電 力 会 社 が 地 震 後 、 送 電 を 再 開 す る に あ た って 、 住 民 に 通 電 火 災 の 危
険 性 を 通 知 し て いた と は 窺 え な い﹂ こ と に 配 慮 し て い る こ と は 、 居 住 者 の過 失 を 軽 減 す る 要 素 と し て 考 察 し て い る の
割合 的 ・和 解 的 解 決 の 妥 当 性
で あ る から 、 電 力 会 社 の責 任 を 全 面 的 に 否 定 す る こ と に 躊 躇 し て い る も の と解 釈 す る 事 も で き よ う 。
三
本 判決 は 、 地 震 と 通 電 火 災 と の間 の相 当 因 果 関 係 を 認 め な が ら 、 地 震 免 責 条 項 の適 用 を 排 除 し て い る が 、 そ の後 、
居 住 者 の不 注 意 に よ る失 火 と い う も のを 評 価 し 、 あ た か も 火 災 損 害 に 対 す る 過 失 相 殺 を す る か の よ う に 、 そ の火 災 損
害 の 四〇 % が 居 住 者 に よ る 失 火 によ る も のと し て減 額 し て い る。 し か し 、 通 常 の 火 災 損 害 に つい て被 保 険 者 の故 意 ま
た は 重 過 失 のな い単 な る 過 失 が あ る にす ぎ な い 場 合 に 火 災 保 険 金 は減 額 さ れ な い の に 、 な ぜ 本 件 の 場 合 に は 減 額 さ れ
フ す す こ とが で き 、 柔 軟 な 解 決 を 可 能 にす る と い う メリ ット を 享 受 で き る こ と が 考 え ら れ る 。 確 か に 、 こ の 割 合 的 因 果 関
ど ち ら か 一方 だ け が 火 災 損 害 に 対 す る 負 担 を 引 き 受 け る と い う 二 者 択 一的 な 解 決 よ り も 、 両 者 の損 害 負 担 の 公 平 を 期
ぜ 被 保 険 者 が 四 〇 % の減 額 を さ れ る のか と い う 理 論 構 成 上 の難 点 を 克 服 で き る こ と 、 第 二 に 、 被 保 険 者 か 保 険 会 社 の
災 保 険 金 を 取 得 で き る こ と に な る と 思 わ れ る 。 こ の よ う に解 す る こ と に よ って、 第 一に 、 前 述 し た 本 判 決 の持 つ、 な
関 係 が 四 〇 % の 割 合 で 認 め ら れ 、 ま た 、 四〇 % の割 合 で 地 震 免 責 条 項 が 適 用 さ れ 、 被 保 険 者 は 残 り 六 〇 % の割 合 で 火
険 金 の支 払 を 免 責 し て い く の で あ る 。 こ の割 合 的 因 果 関 係 論 を 本 件 に 適 用 す る と 、 地 震 と 通 電 火 災 と の 間 の相 当 因 果
割 合 で地 震 と 火 災 と の相 当 因 果 関 係 が あ る か を 認 定 し 、 認 定 さ れ た 割 合 で 地 震 免 責 条 項 を 適 用 し て保 険 会 社 の火 災 保
の間 の相 当 因 果 関 係 が 明 確 で な く 当 事 者 間 に 疑 義 が あ る 場 合 に こ の理 論 が 機 能 す る ので あ る 。 す な わ ち 、 ど の程 度 の
震 と 火災 と の間 の相 当 因 果 関 係 が 当 然 に 認 め ら れ 割 合 的 因 果 関 係 論 自 体 が 問 題 と な ら な い が 、 一方 地 震 と 火 災 発 生 と
震 と 火 災 発 生 と の 近 接 性 が あ る 場 合 お よ び 第 三 者 に よ る 放 火 な ど の他 の原 因 が 介 在 し な い こ と が 明 白 な 場 合 に は 、 地
決 を 示し た 判 例 が 採 用 し た 割 合 的 因 果 関 係 論 を 採 用 し た ほ う が よ り ベ タ ー で あ った と す る 見 解 が 主 張 さ れ て い る 。 地
す る の であ ろ う か。 そ の 理 由 に は 釈 然 と し な い も のが あ る 。 そ こ で 、 本 件 のよ う な 場 合 に は 、 同 じ く 割 合 的 ・和 解 的 解
阪神大震災通電火災高裁判決
397
398
係 論 は 、 本 判 決 の理 論 構 成 よ り も ク リ ア であ り 、 ま た 、 地 震 と 火 災 と の間 の相 当 因 果 関 係 が 疑 わ し い 場 合 に 、 相 当 因
果 関 係 を 認 定 し て 地 震 免 責 条 項 を 適 用 し て い く 判 例 が 多 い こ と を 考 え れ ば 、 被 保 険 者 の 利 益 保 護 と い う 点 で は 一歩 前
進 を 試 み る 理 論 で あ ろ う 。 し か し 、 割 合 的 相 当 因 果 関 係 を 認 定 し 地 震 免 責 条 項 を 適 用 し て い く そ の割 合 の決 定 基 準 が
地 震 免 責 条 項 ・地 震 保 険 の情 報 開 示 説 明 義 務 違 反
あ い ま い で あ り 、 地 震 と 火 災 と の間 の相 当 因 果 関 係 が 恣 意 的 に 認 定 さ れ て保 険 会 社 に 有 利 に 利 用 さ れ る 危 険 性 が あ ろ
う。
四
本 判 決 は 、 保 険 会 社 が 地 震 免 責 条 項 の適 用 に よ って全 面 的 に免 責 さ れ ず 、 保 険 金 の 六 〇 % を 支 払 う 責 任 が あ る 理 由
の 一つと し て、 保 険 会 社 が 火 災 保 険 の勧 誘 の際 に 、 火 災 保 険 に は 地 震 免 責 条 項 が あ って地 震 に よ る火 災 に は 火 災 保 険
金 が 支 払 わ れ な い こ と お よ び そ のた め に 地 震 保 険 制 度 が 存 在 す る こ と の説 明 が 十 分 に な さ れ て こ な か った と いう 事 実
を 挙 げ て い る 。 本 件 保 険 契 約 が 住 宅 金 融 公 庫 特 約 火 災 保 険 契 約 で あ り 、 住 宅 金 融 公 庫 か ら 住 宅 ロー ンを 借 り る 条 件 と
し て 通 常 の火 災 保 険 よ り も 保 険 料 が 格 安 な 火 災 保 険 に 加 入 し た の で あ る から 、 保 険 契 約 者 の方 は 火 災 保 険 契 約 の内 容
に つい てあ ま り 関 心 や 注 意 を 抱 か な い こ と が 多 い こ と が 推 測 さ れ る 。 し た が って、 保 険 会 社 側 が 地 震 免 責 条 項 や 地 震
保 険 に つい て積 極 的 に そ の情 報 を 開 示 す る 義 務 が あ り そ の義 務 違 反 に つい て 何 ら か の効 果 を 与 え て い い よ う に 思 わ れ
る 。 そ の義 務 の履 行 を 確 保 す る 目 的 で 地 震 保 険 意 思 確 認 欄 を 昭 和 五 二年 に創 設 し 、 火 災 保 険 申 込 書 の 中 に 地 震 保 険 を
付 帯 し な い契 約 者 に 押 印 を し ても ら う よ う に な って い る の に、 地 震 免 責 条 項 や 地 震 保 険 に つい て説 明 を 十 分 し な か っ
た 場 合 、 本 判 決 の よ う に 、 そ の事 実 は 、 単 に保 険 会 社 に火 災 保 険 金 の支 払 責 任 を 根 拠 付 け る 一事 由 と み る の で は 足 り
な い と 考 え 、 地 震 免 責 条 項 ・地 震 保 険 の情 報 は 重 要 な 情 報 と し て 火 災 保 険 契 約 の付 随 的 合 意 部 分 を 形 成 し 、 そ の情 報
ムむ 提 供 説 明義 務 違 反 は 、 地 震 免 責 条 項 が 当 事 者 の契 約 内 容 に な って いな い こと に な る と 解 す る こ と も でき よ う 。
阪神 大 震 災 通 電 火 災 高 裁 判 決
399
注
(1 ) 本 判 例 を 登 載 す る 判 例 時 報 一七 一五 号 八 八 頁参 照。
(2 ) 神 戸 地 判 平 一〇 ・四 ・二七 判 例時 報 一六 六 一号 = 二八 頁、 神 戸 地 判 平 一〇 ・六 ・二 六 判 例 タイ ムズ 九 九 二号 二 一七 頁、 戸
地 尼 崎 支 判 平 一〇 ・八 ・ 一〇 金 融商 事 判 例 一〇 四 八 号 = 二頁 な ど。
(3 ) 本 件 原 審 判 決 であ る 。 神 戸 地 尼 崎 支 判 平 一〇 ・八 ・ 一〇 金 融 商 事 判 例 一〇 四 八号 一〇 頁 。
(4 ) こ の点 に関 し、 通 電 火 災 は 、 一定 の事 実 が 備 わ れ ば 、 か な り高 度 の蓋 然 性 が あ る と し 、 そ の 一定 の事 実 と は 配 線 が 損 傷 す
る 程 度 の被 害 が あ る こと お よ び 送 電 開 始 時 刻 と 出 火時 刻 と の近 接 性 が あ る こと と 解 す る 見 解 が あ る 。 山 本 哲 夫 ﹁地 震 免 責 条
項 にお け る 地 震 と火 災 の因 果 関 係 ﹂ ジ ュリ スト = 五 九 号 (一九九 九 年 ) 一五 九 頁参 照 。
(5) 前 掲 判 例 時 報 一七 一五 号 八 八 頁 。
(6) 前 掲 判 例 時 報 一七 一五 号 八 八 頁 。
、
(7) 同 趣 旨 の疑 問 を も た れ る本 事 件 の判 例 批 評 と し て、 安 井 宏 ・判 例 評 論 五 〇 六 号 (判 例 時 報 一七 三 七号 ) (二〇 〇 一年 ) 四
〇 頁参照。
(8 ) 神 戸 地判 平 一〇 ・六 ・二六 判 例 タ イ ムズ 九 九 二号 二 一七 頁 以 下。
(9 ) 安 井 宏 ・前 掲 判 例批 評 一九 四 頁 参 照 。
(10 ) 地 震 保 険 意 思 確 認欄 は 、 地 震 災 害 は生 じ た とき のト ラブ ル の未 然 防 止 と と も に、 地 震 保 険 の普 及 を 狙 った 制 度 で あ る。 日
本 地 震 再保 険株 式会 社 ・家 計 地 震 保 険 制 度 と 地 再 社 (三〇 年 の歩 み) 一六 頁参 照 。
(11) 黒 木 松 男 ﹁奥 尻保 険 金 請 求 訴 訟 第 一審 判 決 判 例 批 評 ﹂ 判 例 評 論 五〇 六 号 (判 例 時 報 一七 三 七 号 ) (二〇 〇 一年 ) 一九 九 頁
以下参照。
ダウンロード

阪神大震災通電火災高裁判決 (大阪高裁平成一 一年六月二日、 判例