運動の重点推進事項(期間:10年間)
(1)普及啓発
(2)資源循環システムづくり
(3)土壌診断の実施
(4)環境にやさしい農業技術の実証・普及
(5)「有機の郷づくり地域」の拡大
1
(1)普及啓発
◇テーマ: 県内すべての販売農業者が土壌診断
① 重点指導期間の設定
✧4~5月 ・土壌診断重点指導
・堆肥、肥料、土壌改良材の適正施用、深耕、輪作
✧9~11月 稲わらの有効利用、次作に向けた土壌診断
② 広報用印刷物の作成・配布
✧内
容:「土壌診断の必要性や、メリット」
③ 土づくり推進資料の作成・配布
✧内
容:「土づくり技術マニュアル」(作物毎)
④ 「土づくりフォーラム」の開催
✧参集範囲:生産者、消費者
⑤ アップルネット(青森県農業情報ネットワーク)を通じた
土壌診断の効果をテーマとした土づくり情報提供の充実
2
(2)資源循環システムづくり
◇テーマ: 持続可能な土づくりシステムづくりの推進
① 耕種農家と畜産農家の連携強化
✧「土づくり相談窓口」の設置
✧技術講習会の開催、堆肥コンクール⇒地方本部主体
② 土づくり作業組織の育成
✧作業機械のリースを支援する補助事業の活用啓発
✧「稲わら商談会」の開催
③ 堆肥センターの利用促進
✧畜産農家への啓発
✧老朽化施設の改修
✧堆肥分析への支援
3
(3)土壌診断の実施
①土壌診断の考え方
①簡易土壌診断
(問診)
問題が
なければ
ちょっと
悪いな・・・ ②精密土壌診断
これは
いかん!
(精密検査)
問題が
なければ
③土壌改良
(手術)
もう
大丈夫!
④適正な土壌管理による栽培開始
4
②農協グループを中心とした土壌診断の体制整備
① 簡易キットを活用した土壌診断の集中的な実施
・対象:これまで土壌診断を行ったことのない販売農業者
(約3万戸を想定)
・分析項目:pH、硝酸態窒素、有効態りん酸、カリウム(4項目)
・事業主体:全農青森県本部
・活動主体:各地方本部
・営農指導員、市町村職員、普及指導員が
連携して実施
5
②農協グループを中心とした土壌診断の体制整備
② 広域的な土壌診断体制の整備
・全農青森県本部が平成20年度に「(仮称)広域土壌分析セン
ター」を整備
・平成21年度からの本格稼働に向け、
簡易キットによる診断結果を踏まえ
て精密分析の実施を啓発
JA全農あおもりが
県内全域をカバー!
JA
JA
JA
JA
JA
JA
JA十和田市
実施農協・市町村は
分析・診断を継続
JA
県は診断・生産指導を
バックアップします。
広域的な土壌診
断体制イメージ
6
(4)環境にやさしい農業技術の実証・普及
・環境にやさしい農業の現地技術実証ほの設置(29か所予定)、
講習会の開催
・土づくりを基本とした環境にやさしい農業技術マニュアルの作成
・有機農業実践農場の設置による技術実証と技術習得
環境にやさしい農業技術実証ほ
7
(5)「有機の郷づくり地域」の拡大
・環境にやさしい農業の実践事例のデータベース化
及び情報発信
・有機農業ネットワーク構築のための
フォーラムや情報交換会の開催
フォーラムの開催
8
ダウンロード

資料3 H20推進方針