平成27年度 群馬県立前橋高等学校
前期選抜 入学志願者案内
〒 371-0011 前 橋 市 下 沖 町 321番 地 1
TEL 027-232-1155
URL http://www.maebashi-hs.gsn.ed.jp/
1
志願してほしい生徒像
本校の校訓である「質実剛健 気宇雄大」の精神を尊重し、将来のリーダーたりうる資質と志を
有し、学習に対する能力・意欲が高く、部活動や生徒会活動に積極的に取り組むことができる生徒
2 応募資格
「平成27年度群馬県公立高等学校入学者選抜実施要項」の全日制課程前期選抜応募資格に記さ
れている資格を有する者とする。
3 募集人員
全日制課程 普通科 男子 募集定員320名の30%(96名)とする。
4 選抜方法
中学校長から提出された調査書と小論文・面接の結果等を総合して、本校の教育を受けるに足る
能力・適性等を判定して選抜を行う。その際に、人物・学力共に極めて優れていること、または人
物・学力共に優れ部活動等において顕著な活動実績をあげ、入学後も部活動に取り組む意志が強い
こと等を考慮する。なお、選抜方法の詳細は別表の通りとする。
5 出願書類
入学願書・志願理由書・調査書(いずれも県指定のもの)
なお、入学願書・志願理由書の*印欄の記入はしない。
6 選抜日程
⑴ 入学願書等受付
平成27年2月6日(金)午前9時~午後4時、2月9日(月)午前9時~正午
⑵ 検査(小論文・面接)日程等:平成27年2月16日(月) 本校
受付
8:10~ 8:30
諸注意等
8:35~ 9:00
小論文
9:20~10:20(60分)
面接
10:45~16:30[昼食休憩12:00~12:45]
な お 、面 接 検 査 の 予 定 時 刻 は 、2 月 1 3 日( 金 )午 後 4 時 頃 本 校 Webペ ー ジ に 掲 載 す る 。た だ し 、
この予定は当日の事情等により変更することがある。
⑶ 合格者発表
平成27年2月20日(金)午前10時に、本校において合格者の受検番号を掲示するととも
に 、県 教 育 委 員 会 が 指 定 し た 時 刻 以 降 に 、合 格 者 の 受 検 番 号 を 県 教 育 委 員 会 が 指 定 し た Webペ ー ジ
に掲載する。
ま た 、「 合 格 通 知 書 」を 、各 中 学 校 長 あ て に 郵 送( 簡 易 書 留 )す る こ と と し 、2 月 2 0 日( 金 )
午前10時から正午までの間に発送の手続きを行う。なお、中学校長からあらかじめ申請のあっ
た 場 合 に は 、「 合 格 通 知 書 」を 、本 校 に て 2 月 2 0 日( 金 )午 前 1 0 時 以 降 に 中 学 校 長 も し く は 委
任を受けた教職員に交付する。
すでに中学校等を卒業している受検者や他都道府県の中学校等からの受検者のうち、合格した
者に対しては、本人あてに「合格通知書」を郵送することとし、2月20日(金)午前10時か
ら正午までの間に発送の手続きを行う。
7 その他
⑴ 受検者の携帯品:受検票、鉛筆又はシャープペンシル、消しゴム、上履き、腕時計、昼食
① 携帯電話・スマートフォンの持ち込みは禁止する。
② 問題解答の参考となるもの(計算機能の付いた時計等)は携帯できない。
③ 筆記用具は、市販品(販売状態以外の記載がないもの)に限る。
⑵ 選抜検査当日は、自転車以外の車両の校内への乗り入れを禁止する。
⑶ 合 格 者 の 受 検 番 号 の Webペ ー ジ 掲 載 に つ い て
① 掲 載 開 始 予 定 時 刻 及 び 掲 載 Webペ ー ジ に つ い て は 、 出 願 時 ま で に 本 校 Webペ ー ジ に 掲 載 す る 。
② アクセスが集中することなどにより接続に時間がかかる場合がある。
③ Webペ ー ジ の 合 格 者 の 受 検 番 号 の 掲 載 は 、正 確 を 期 し て 行 う が 、本 校 内 の 合 格 者 の 受 検 番 号 の
掲示または「合格通知書」で確認すべきものとする。
⑷ 合格者への配付物
① 前 期 選 抜 合 格 者 用 課 題 : 2 月 2 1 日( 土 )( 9:00~ 11:00)[ 教 材 費 持 参( 概 ね 1,000円 程 度 )]
② 入 学 手 続 き に 必 要 な 書 類 : 3 月 1 7 日 ( 火 )( 11:00~ 12:00)
※①②とも、本校事務室前で、本人確認(受検票)の上で配付する。
⑸ 3 月 2 7 日( 金 )( 9:00~ 12:00)に 、合 格 者 に 対 し て 入 学 予 定 者 説 明 会( 保 護 者 同 伴 )を 実 施 す
る。当日は、選択科目発表、物品販売(教科書・体育着等)も行う。
- 前期
1/2 -
選抜方法別表
⑴ 選抜資料及び配点とその評価方法等について
選抜資料
配点
評価方法等
調査書の
各教科の
学習の記
録
50点
ア)
調査書の
特別活動
等の記録
10点
以下の①~④の項目について、調査書に記載されている内容を原則として
評価の対象とする。
①部活動等
中学校3年間当該活動を継続し、高校入学後も部活動に取り組む意志
を強く認められる者を評価の対象とする。
団体競技においてはレギュラーとしての活動実績を主に評価し、成績
に応じて「特活点」を与える。
なお、大会実績については、時期、主催団体、予選の有無、規模等を
考慮する。
[大会実績]
全国大会1位~8位、全国大会出場・出展、
関東大会1位~8位、関東大会出場・出展、
県 大 会 1 位 ~ 8 位 ( 個 人 種 目 で は 1 位 ~ 16位 )、 県 大 会 出 場 な ど
[その他]
県ジュニア優秀選手、県選抜選手、市郡選抜選手 など
②校外の活動で部活動に準ずるもの
①の評価方法に準じて「特活点」を与える。
③生徒会活動
生 徒 会 長 を 評 価 し 、「 特 活 点 」 を 与 え る 。
④その他
以 下 の よ う な 顕 著 な 実 績 に は 、「 特 活 点 」 を 与 え る こ と が あ る 。
青少年読書感想文全国コンクール優良作品
日本数学オリンピック本戦出場 など
小 論 文
15点
以下の3分野(3問)について文章や資料を提示し、受検者はそれをもと
に自分の考えを論述する。
①学校生活に関するもの
②自然科学に関するもの
③人文科学、社会科学などの分野に関するもの
各 分 野 ご と に 、 思 考 力 ・ 創 造 力 ・ 表 現 力 等 を 評 価 の 観 点 と し て 、「 小 論 文
点」を与える。
5点
高 校 生 活 や 将 来 に 対 す る 具 体 的 な 意 欲 等 を 評 価 の 観 点 と し て 、「 面 接 点 」
を与える。
面
⑵
接
1年次から3年次の各教科の学習の記録を用い、以下の算出方法に基
づく。
【1・2年次】
国語、社会、数学、理科、外国語、音楽、美術、保健体育、技術・家庭
の各評定を1倍
( 2学 年 × 9教 科 × 5段 階 = 90点 満 点 )
【3年次】
国語、社会、数学、理科、外国語、音楽、美術、保健体育、技術・家庭
の各評定を2倍
( 9教 科 × 5段 階 × 2倍 = 90点 満 点 )
【 合 計 点 】 180点 満 点
イ) ア)の 合 計 点 を 『 3.6で 除 し て 得 た 値 』 の 小 数 点 以 下 第 1 位 ( 小 数 点 第
2位以下切り捨て)までの値を「評定点」とする。
選抜方法について
合格候補者
評 定 点 42.0点 以 上 、 あ る い は 小 論 文 点 96位 以 内 の 受 検 者 を 合 格 候 補 者 と す る 。 た だ し 、 面 接
において著しく低い評価を受けた受検者は合格候補者とならない。
② 選抜の段階
①
⑶
選抜段階
選抜対象
選抜基準及び選抜人数
第1段階
合格候補者全員
評 定 点 ( 50点 )、 特 活 点 ( 10点 )、 小 論 文 点 ( 15点 )、 面 接 点
( 5点 ) を 合 計 し て 、 原 則 と し て 上 位 40名 を 合 格 と す る 。
第2段階
第1段階合格者以
外の合格候補者
評 定 点 ( 50点 )、 小 論 文 点 ( 15点 )、 面 接 点 ( 5点 ) を 合 計 し
て 、 原 則 と し て 上 位 28名 を 合 格 と す る 。
第3段階
第1・第2段階合
格者以外の合格候
補者
① 特 活 点 ( 10点 ) を 1.5倍 す る 。
② 評 定 点 ( 50点 )、 特 活 点 ( 15点 )、 小 論 文 点 ( 15点 )、 面 接
点 ( 5点 ) を 合 計 し て 、 原 則 と し て 上 位 28名 を 合 格 と す る 。
特別な事情を有すると認められる受検者に対しては、上記⑴⑵の選抜方法によらず、本校の教
育を受けるに足る能力・適性等を判定して選抜を行う。
- 前期
2/2 -
ダウンロード

平成27年度 群馬県立前橋高等学校 前期選抜 入学志願者案内