University Museumのあり方
と協議会
北大総合博物館長 藤田正一
大学博物館の存在意義
教育貢献-実物を使った教育のために利用可能な
ように展示、収蔵、管理
 研究貢献-自らの研究による貢献と、現在・未来の
学内外の研究者が利用可能なように標本・資料の
収蔵管理、展示
 社会貢献-公開展示による興味の喚起、啓蒙活動
 大学の情報発信の拠点-大学で行われている研究
などを実物を持って社会に発信
 広告塔としての機能-単なる情報伝達ではなく、大
学の宣伝、高校生へのアッピール

大学博物館のターゲット









高校生
自大学の学生
自大学OB
大学訪問客 「学賓」
内外の研究者
小中学生ー総合学習
一般市民
高齢者
観光客
大学博物館の現状













博物館建物ー建物が無い大学が多い
予算ー大学のどんぶり勘定の中
標本・資料の蓄積 維持管理:標本維持費あるか
研究、研究費ー科学研究費申請先あるか
研究貢献、学内外の研究者対応:設備、人
教育貢献
社会貢献
展示公開、市民セミナー
大学ゲスト対応
その他のサービス
人:図書にはライブラリアン、博物館には学芸員
入館料、ドーネーション
ボランティア
標本・資料の蓄積 維持管理
標本・資料は大学の知的財産
劣悪な保存環境の改善
整理
データベース化
学術標本と展示可能な標本
問題は人と予算
研究費
現状では、文科省科学研究費の細目に「博
物館」とつくものが無い
 博物(館)学の細目を設置した場合どれくらい
の人がその細目で応募するか
 自分の専門分野に応募するのとどちらが出し
やすいか

協議会として対応すべき共通課題(1)
1)大学博物館の共通理念の検討
 2)全ての大学に大学博物館を
 3)学術的、歴史的に貴重な標本、資料の維持の
ための経費を運営費交付金とは別枠で
 4)「博物館には学芸員を置くこと」の義務付けを
 5)博物館の未来への投資について:標本の蓄積

協議会として対応すべき共通課題(2)









6)協議会の運営方法:実効性のある運営のための組織
7)協議会全参加館で共通の研究課題の応募
8)巡回展
9)旧国立大学以外の教育研究施設(私学その他)の博物館
の協議会参加について
10)情報の共有化:協議会のホームページ
11)参加館の役割分担
12)科研費細目に「博物館学?」を
13)博物館教員が参加したい学会(博物学会?)設立
14)博物館が小額無記名の寄付を受け付ける募金箱設置を
可能にする方策の検討
協議会の今後に関する提案
学会を持つ。「博物学会?」(当面研究会)
 分科会を設ける。
 学術分科会:博物学の現代的展開
 教育分科会:博物館やその標本を用いた教育の方
法論等
 展示分科会:展示技術と効果、新しい展示法等
 協議会は学会の開催時に開催
 学会長は持ち回りとする。

北大で開催する時には研究発表も
2006年 6月14,15日 於:学術交流会館
 各館から研究発表を募ります。手作りの学会
形式で行いたいと思います。
 各館の紹介パネルを会場または北大総合博
物館に展示します。パネルを送ってください。
 協議会とともに、実務担当者会議を開催しま
す。博物館専任教員や学芸員等による会議

ダウンロード

パワーポイントファイルはこちら - 大学博物館等協議会・日本博物科学会