明治大学大学院情報コミュニケーション研究科フォーラム
シンポジウム「検察、世論、冤罪」
パネリスト
郷原信郎(名城大学教授・弁護士・元「検察の在り方検討会議」委員)
山下幸夫(弁護士・元最高検察庁アドバイザー)
山口一臣(週刊朝日前編集長)
八木啓代(「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表)
総合司会 : 江下雅之(明治大学情報コミュニケーション学部教授)
進行 : 岩上安身(フリージャーナリスト)
5 23
日程: 月
日(月) 18 時 30 分 (開場 18 時)
会場: 明治大学駿河台キャンパス アカデミーホール (アカデミーコモン3階)
※3階まではエスカレーターをご利用ください。
※場所は駿河台(最寄り駅:JR 御茶ノ水または地下鉄神保町)です。
駅からのアクセスは地図をご参照ください。
当日は標記テーマに関し5名のパネリストによる
パネル・ディスカッションを実施します。なお、
パネリストは当日に変更あるいは増員になる可能性
があります。
入場は無料です。一般公開ですので、学外者の方も
ぜひご来場ください。
予約は不要です。ただし当日は先着順のご着席とな
ります。満席となりましたときは、入場をご遠慮い
ただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
主催:明治大学大学院情報コミュニケーション研究科
協力:健全な法治国家のために声をあげる市民の会
ダウンロード

シンポジウム「検察、世論、冤罪」 - 健全な法治国家のために声をあげる