13.02.21Ver
省燃費運転の励行について
(取組みの要点)
温暖化対策専門部会
地球温暖化の主要因
⇒化石燃料の使用によるCO2濃度の上昇
2011年は391ppm
出展:IPCC第4次報告書
世界の平均気温・海面水位の上昇予測
このまま「高度成長・化石燃料依存型」の社会が続けば
2100年に 気温上昇:約4℃(2.4~6.4℃)
海面上昇:26~59cm
気温上昇:max 6.4℃
自然災害増大、食糧危機
飲料水不足、健康被害
海面上昇:
max 59cm
℃
IPCC第4次報告書(2007.2)より
現場のエネルギー別比率
●現場CO2排出量のエネルギー別比率
⇒省燃費研修対象建機で6割強
⇒軽油起因が7割
【重油】
12.6%
【電力】
工事
11.9%
●軽油使用量の内訳
【電力】
事務所
その他
17.6%
5.1%
【灯油】
1.4%
バッ クホー
3 0 .3 %
ブルドーザ
5.6%
クローラクレーン
5.3%
【軽油】
【軽油】
重機
42.9%
発電機
7.1%
ラフタークレーン
9 .6 %
トラック・ダンプ
26.1%
電力:17% 軽油:69%
灯油: 1% 重油:13%
重ダンプ
( 場内)
4%
ダンプトラッ ク
( 場内)
2 0 .2 %
研修対象建機
重機系:40%
車両系:24%
ダンプ・トラックの省燃費運転手法(1)
●不要なアイドリングを避ける!
⇒冬でも暖機運転は5分で十分
●空ぶかしや急発進・急加速はしない!
⇒必要以上にエンジンの回転数を上げることになり、燃費悪化
の大きな原因
●グリーンゾーン(1200~1500rpm)で運転する!
⇒エンジン効率が最も高い回転領域(通常、タコメーターの10時
~12時の位置)で運転すると燃費が向上
●シフトアップは早めに、シフトダウンは遅めに!
⇒エンジンの回転数をなるべく低くすることが重要
ダンプ・トラックの省燃費運転手法(2)
●惰力走行で燃費改善!
⇒エンジンブレーキ使用時は燃料噴射がゼロ
停車時はエンジンブレーキを活用すること
●経済速度での走行!
⇒車の空気抵抗は速度が2倍になると4倍,3倍になると9倍
(例)走行速度100km/h⇒80 km/hで、燃費は20%向上
●波状運転はやめよう!
⇒加速と減速を繰り返す波状運転は定速運転と比べ燃費は
25%悪化
油圧ショベルの省燃費運転手法(1)
●省燃費モードの使用!
⇒通常の土質では作業効率はあまり低下せず燃費が7%向上
●不要なアイドリングを避ける!
⇒アイドリングはエンジン始動時と停止時の5分間で十分
●2段掘削を活用!
⇒まず上部を掘削し次に下部を掘削することでサイクルタイムが
短縮でき燃料節減
●旋回角度を極力小さく!
⇒油圧ショベルの旋回角度を小さくできる場所にダンプを誘導す
ることでサイクルタイムが短縮でき、燃料節減
油圧ショベルの省燃費運転手法(2)
●アーム・バケットを適正な角度で使用!
⇒アームを垂直にし、前後30~40度の範囲で掘削すると最も効
率的。遠方掘削や手前掘削を避け、適正な範囲を掘削する
よう心掛ける
●油圧リリーフを避ける!
⇒過負荷作業で油圧リリーフが作動すると、作業は止まり油圧
が逃げるだけで燃費が悪化します
●定期点検・日常点検の励行!
⇒オイルフィルタやエアークリーナーの目詰まり、バケットの爪
の摩耗、履帯の緩みは燃費の悪化の要因
省燃費運転の副次効果(安全面)
9
最後に!(省燃費運転研修の意義)
日建連が実施した省燃費運転の実技研修では
平均で約25%の燃費節減効果が得られています
●環境保全に貢献
●経営改善に寄与
CO2の排出量を削減し
地球温暖化防止に貢献
燃料使用量を削減し
経費節減に寄与
*重機・車両の長寿命化や事故防止にも効果あり
省燃費運転により、走行・作業のムダをなくす
ことで環境にも経営にも貢献できます
省燃費運転の重要性、実施方法の説明は以上です。
引き続き、理解度確認テストで確認しましょう。
ダウンロード

地球環境問題と地域環境問題