医学研修生割り当て問題
マッチング班
実験背景


制度の変更
2003年まで医局の教授が研修
先の病院を決定していた
(インターン制度)
→これを廃止して米国の
マッチング制度
を導入
現在発生している問題
地方病院、大学病院の人手不足
→国は、都市部病院の募集定員
削減、地方間移動の制限などを
検討中
実験の目的
医学研修生は希望の病院(人気のある病院)
に行けるとは限らない。
⇒ウソの希望(選好)を表明し、行きたい病院に
行こうとする?
 都市部の病院に研修生が集中
⇒募集定員を制御
都市部:削減
地方:増加
することによる影響は?

とりあえず、結論。

虚偽申告について
虚偽の選好を申告しても得点の変動には影響を与えない
医学生には嘘をつくインセンティブはない

社会的厚生性について
地方病院の人手不足解消のため、都市部病院の定員を削減
地方病院の定員を増やす政策をすることで、社会的厚生の向
上が期待できる
☆これからその内容について説明します☆
実験の方法(1)
applicant-proposing procedure を使う
→現在の制度と同じアルゴリズム
実験回数 プレーヤー 病院の定員

実験A
実験B
各5回
病院:4
医学生:16
(地方)
W:3
X:3
(都市部)
Y:4
Z:4 計14人
(2人OUT)
(地方)
W:5
X:5
(都市部)
Y:2
Z:2 計14人
(2人OUT)
あらかじめ、各病院と各医学生の真の選好は決めてある。
ゲームの得点は真の選好に基づいて決められる。
applicant-proposing procedureとは?

それぞれの選好をもと
にした、医学生と病院
の安定的なマッチング
を求める方法のひとつ
a:XYZ
b:XZY
c:XYZ
d:YZX
e:YXZ
1
2
X ab ac
2 c e
X:aecbd 名
Y : d a b c e Y de d
Z:abebc 1
名
Z
b
1
名
… 5day
ae
d
b
cア
ウ
ト
実験の方法(2)
◎得点の決め方◎
(医学生)-真の選好表の第1志望4点、第2志望3点…
どこにも行けないと0点
(病院)-マッチングの結果で割り当てられた生徒の組を、
真の選好表に当てはめて求める。
1位の生徒を獲得→16点、2位→15点…16位→1点
ex)生徒の組がランキングで{1位,4位,5位} だと、{16点,13
点,12点} の合計を定員で割った平均{13.6}を病院役のそ
のゲームの得点とする。
実験の結果
~虚偽の申告~

クロス表による分析
得点アップ
得点ダウン
計

ウソをつく
11 (11.62)
14 (13.37)
25
ウソをつかない 計
9 (8.37)
20
9 (9.62)
23
18
43
カッコは、統計的に独立な状態における期待度数(ク
ロス集計表の周辺度数はそのままで、なおかつ二つ
の変数の間にまったく関係がない場合に、期待される
各セルの度数)を表す。
考察(1)~虚偽の申告について~
帰無仮説:
「虚偽申告と得点の変動に関係性がない」





自由度1、有意水準が0.05のとき、カイ2乗値が3.84
以上であれば帰無仮説は棄却される。
ここで、カイ2乗値は0.15であった。よって帰無仮説
は棄却されない。
したがって、虚偽申告と得点の変動には、統計的に
有意な関係がみられないといえる。
今回の実験のように 医学生が自分以外の選好を
知っていたとしても、虚偽の申告によって確実に得
点をアップさせる事は望めないといえる。
実験の結果
~社会の厚生性~
3つの評価方法
功利主義的厚生関数
a+b+c+d+・・・
 ナッシュ厚生関数
a*b*c*d* ・・・
 ロールズ厚生関数
min{a,b,c,d, ・・・ }

}
社会全体の効率性
社会公平性の判断
厚生関数の評価
実験の5回のゲームにおける学生の得点
を用いた各厚生関数の平均
功利主義的厚
生関数
ナッシュ厚生関数
ロールズ厚生関数
実験A
46.4
0.079
1.6
実験B
47.8
0.130
2.2
増加率
+3%
+64.6%
+37.5%

3つの厚生関数において、すべての値が実験Bにおいて増加し
ている。
功利主義的厚生関数はわずかだが、増加している。

ナッシュ、ロールズは公平性が明らかに増したことを示している。

考察(2)~社会厚生について~
すべての厚生関数について、数値が増加して
おり、実験Aに比べて実験Bの社会的厚生は
高まったといえる。
したがって、地方病院の人手不足解消のた
めに、都市部病院の定員を削減して、地方病
院の定員を増やす政策をしても問題はないと
考えられる。
結論

虚偽申告について
虚偽の選好を申告しても得点の変動には影響を与えない
医学生には嘘をつくインセンティブはない

社会的厚生性について
地方病院の人手不足解消のため、都市部病院の定員を削減
地方病院の定員を増やす政策をすることで、社会的厚生の向
上が期待できる
今後・・・
○実験Bで病院に必ず選ばれない2人が存在す
る。病院に割り当てられない医学生が存在し
ない実験をして、比較・検討してみる必要があ
るだろう。
○病院のデータ数を増やし、病院が嘘をつくインセ
ンティブがあるのか、比較・検討してもよいだろう。
参考URL
http://www.pmet.or.jp/
⇒財団法人医療研修推進財団

http://www.jrmp.jp/match_dir/common/jrmp_1_
4_about.html
⇒日本医師臨床研修マッチングプログラム

http://www.dc-training.or.jp/matchswf.html
⇒財団法人歯科医療研修振興財団

http://risya.hus.osakau.ac.jp/taroh/SocialStatistics/ss04/2ReadingCross
Tab.pdf
⇒クロス集計表の読み方

渡邊先生、大久保先生
グループのみんな
実験に協力していただいた
ありがとうございました。
おつかれO(≧▽≦)O
みなさま、ありがとうございました。
謝
ありがとうございました
謝
ダウンロード

医学研修生割当問題 - Info Shako