東京理科大学基礎工学部生物工学科
教員募集
1.募集人員 独立して研究室を運営する准教授または講師
2.専門分野と担当予定の授業科目
以下の3分野(各1名)
①分子生理学分野:分子の構造や動態の観点から生体膜タンパク質・センシングの機能
などの生体機能の解明を目指す研究
担当する講義:生化学、生物工学に関する専門分野の講義、演習、
学生実習、大学院講義
②健康科学分野:Quality of life の維持および増進に関する研究。たとえばガンの分子生
物学、食の安全などの研究。
担当する講義:生理学、薬理学概論、生物工学に関する専門分野の講義、
演習、学生実習、大学院講義
③微生物科学分野:微生物機能の高度化により、食品・医薬品製造、環境改善などへの
応用を目指す生物工学的な基盤研究
担当する講義:微生物学、生物工学に関する専門分野の講義、演習、
学生実習、大学院講義
勤務地は理科大葛飾キャンパスです(将来は変更になる可能性もあります)。いずれの方も
学部学生および大学院学生に対する講義、実験、実習および演習、研究指導を担当して
いただきますが、ご自身の研究分野と直接的な関連の少ない分野の講義を担当していた
だく可能性があります。
3.応募資格 博士の学位を持つこと
4.採用予定 2015 年4月1日付け
5.提出書類
応募される①〜③の分野番号と分野名を明記してください。
(1)履歴書(次頁の指定様式を使用してください)写真貼付のこと。教育経験等について具体
的に記述してください。資格等があれば明記してください。
(2)業績リスト(様式自由)
(3)主要業績5点の別刷り(またはコピー)各1部を添付
(4)これまでの研究概要(2000 字程度)
(5)教育に関する抱負(1000 字程度)
(6)今後の研究計画と研究に対する抱負(1000 字程度)
(7)学位記の写し(あるいは学位を証明するもの)
(8)2名の方の推薦状(推薦者に当方から問い合わせをすることがあります)
6.応募締切 2014 年6月30日(月)必着
7.選考方法 書類審査による第一次選考、および公開セミナーを含む第2次選考を経て採用
候補者を決定する予定。選考の結果は応募者あてに郵便にて通知いたします。応募書類は
返却いたしませんのでご了承ください。
8.書類送付先
東京理科大学基礎工学部生物工学科
学科主任 島田浩章 宛
〒125-8585 東京都葛飾区新宿 6-3-1
赤字で「応募書類在中」と記し、簡易書留便等でお送りください
9.問合せ先
東京理科大学基礎工学部生物工学科
e-mail: shimada2 @rs.tus.ac.jp(電話による問合せはご遠慮ください)
東京理科大学基礎工学部生物工学科 履歴書(指定様式)
履
歴
書
平成
年
ふりがな
姓
氏
名
月
日現在
性別
男・女
写 真
縦 36~40 ㎜
横 24~30 ㎜
印
名
年
生年月日
(年齢)
月
(満
日生
国 籍
歳)
〒
電
携
現 住 所
話
帯
(
(
)
)
E-mail
現
職
(
学
年
月
月
年
月
年
月
年
月
年
月
年
月
年
月
学
取得年月
日
年 月
日
入学
卒業・修了・退学
位(修士/博士)
学位名称
年 月
月~現在)
歴(高等学校卒業から記入)
学校/大学名(学部・学科等まで記載のこと)
年
年
取得大学名(外国の大学の場合は所在国名も記載のこと)
専 攻 分 野
(教育系職員は記載のこと)
職
始
至
始
至
始
至
始
至
始
至
年 月
年 月
年
年
年
年
年
年
年
年
歴
(次のページに続く)
勤務先等名・所属・職名等
常勤・非常勤
無期・有期
月
月
月
月
月
月
月
月
2/3
東京理科大学基礎工学部生物工学科 履歴書(指定様式)
職
始
至
年 月
年 月
歴
(前のページの続き)
勤務先等名・所属・職名等
始
至
始
至
始
至
始
至
年
年
年
年
年
年
年
年
月
月
月
月
月
月
月
月
始
至
始
至
始
至
始
至
年
年
年
年
年
年
年
年
月
月
月
月
月
月
月
月
常勤・非常勤
無期・有期
学会活動・専門活動・学識経験者活動 等
免許・資格等
取得年月
名称等
年
月
年
月
年
月
賞
年
月
罰
名称等
年
月
年
月
年
月
その他(特記事項等)
* 記入上の注意
◎記載にあたっては、虚偽の記載がないようにすること。
・ 文字は楷書、数字はアラビア数字を使用すること。
・ 和暦・西暦はどちらかに統一して記載すること。
・ 印鑑を持たない場合には、押印欄には直筆にてサインすること。
・ 職歴以降の項目については、必要に応じて行を挿入すること。
3/3
ダウンロード

東京理科大学基礎工学部生物工学科 教員募集 1.募集人員 独立して