社会心理学のStudy
-集団を媒介とする適応(仮)
知識構造論講座
下嶋研 M1
関本和弘
人がグループを重要な社会的決定に使うのはなぜだろうか?
CASE1:有能で善意の独裁者
人々の様々な意思を推し量り最適な解を導く
公平で良心的な立場から意思決定を下す
利点
効率的
集会、会議の煩わしさからの解放
コストが少ない
受け入れられますか?
民主的が指示されるのはなぜだろうか?
“民主的“な決定の仕組みに対する信頼が強力に
作用している。
知らず知らずのうちに「集団の知」への信頼や期待
を持っている?
三人寄れば文殊の知恵
Two heads are better than one.
平凡な人でも三人が協力すれば、よい知恵が出るものだ。
大辞林第二版
三人寄れば文殊の知恵
Two heads are better than one.


個人が1人で問題を解く時の効率
4人グループが問題を解く時の効率
(Show,1932)
グループは個人と比べて高い正解率を示す
グループには誤答をチェックする機能がある
「三人寄れば文殊の知恵」を支持!
三人寄れば文殊の知恵のもう一つの側面
~創発性~
グループのメンバーが持つ知的資源の総和以上
の成果が、相互作用を通じて現れる。
実験
グループのメンバーの少なくとも1人が問題を解決できる
能力を持っているなら、グループはそのメンバーの提出し
た回答をそのまま採用して正答に到達する。一方、個人
で問題解決できるメンバーが含まれていない場合、グル
ープは問題を解けない。
注) ただし、ここでは創発を仮定しない
1人のメンバーが正しく問題を解ける確率を p と
すると n 人からなるグループが正答に到達できる
確率 p は
P = 1 -(1- p )n
として予測できる。
「文殊の知恵」説が正しいならこの予測値を上回るはず!
結果
グループにおける問題解決の遂行は基準モデルの予測値を
下回った!
結論
新しい知恵がグループレベルで創発することは
非常にまれである。
では、グループ内で何が起こっているのか?
プロセスの損失
グループに期待される効率水準と実際の実際の
遂行との落差
メンバーが本来備えているさまざまな資質が十分に
生かされずに損失が生じる。
なぜプロセスの損失が生じるのか?

メンバーのやる気の低下
他のメンバーの努力にただ乗りしようとする誘因

相互調整の失敗
「グループ全体の力=個人の力の総和」が実現できない
グループの初期
パターン
正答者数
誤答者数
グループの回答
正答
観察頻度
誤答
(5,0)
1.00
0
8
(4,1)
1.00
0
14
(3,2)
0.96
0.04
26
(2,3)
0.92
0.08
37
(1,4)
0.73
0.27
33
(0,5)
0.08
0.92
12
考察
グループによる問題解決は個人の遂行を平均的に
上回るが、最良メンバーの遂行水準に及ばない。
正答者が2人以上いる場合、グループでの正答率は
大きく100%に近づく。
まとめ
「2人以上の合意を必要とする」社会過程はグループ
が最高の最高の効率で機能することを犠牲にするが、
同時に大きなエラーを防ぐ働きがある。
ゆえに重要な意思決定を行う際にグループでの
決定は効率は悪いがエラーを防ぐ。しかし、長い
目で物事を見るなら、結果的に効率がよいと考え
られる。
多数派主導における問題点

集団極化現象

集団決定の操作可能性
集団決定は操作できる
集団極化現象
個人の考えが集団の中の多数派に流されて
しまう可能性
個人の意見が相互作用を通じてグループの
規範の方向に流されてしまう
集団における意志決定は
非効率的な意志決定である
しかし
致命的なエラーを防ぐ
ダウンロード

社会心理学のstudy -集団を媒介とする適応