ごみ処理問題についての考察
担当
倉元・高田
例)ドイツのゴミ処理
ドイツでは、DSDという会社が国内で使用される殆どの容器包装
廃棄物に対して、分別収集からリサイクルまでを責任を持って組織
運営している。
前に示した図を見てもらえば分かるように、ドイツの
一般家庭から出ている廃棄物の33.5%をDSDが
リサイクルしている。
ちなみに、このDSDという会社が設立される1991
年以前は、今リサイクルされているものは全て最終
廃棄物と同じように廃棄されていた。家庭からの廃
棄物の約70%は埋め立てや焼却だけの処理を施
されていたというのだから、DSDの果たした役割は
実に大きいといえる。
また、分別の区分も細かく、以下の表のよう
に分別されている。
日本の実情
リサイクル量(
全国)
平成9
年度
平成10
年度
平成11
年度
平成12
年度
無色ガラス
全 国
292775
322284
326110
352386
茶色ガラス
全 国
243916
274374
290127
312539
その他の色のガ
ラス
全 国
107533
136953
149332
164551
紙製容器包装
全 国
ペットボトル
全 国
プラスチック製容器包
装
全 国
-
-
-
100810
うち白色トレイ
全 国
-
-
-
3039
スチール缶
全 国
464662
471638
471127
484752
アルミ缶
全 国
112527
121214
128541
135910
段ボール
全 国
紙パック
全 国
-
-
21361
-
47620
-
6644
34537
-
75811
380290
-
8939
124873
9574
12565
※(単位 /t)
現在の日本のリサイクル状況は、前に示した表の様になっている。
はじめは分別の種類も少なかったが、平成12年になって、ようやく細分
化が計られたと見て取ることが出来る。
ちなみに、平成9年度の日本全体のゴミの排出量は約5145万tに上る。
そのうち、リサイクル量は約350万t(全体の10%以下)である。
考察
ドイツと日本の環境対策には、少なくとも10年以上の差があ
るのは明らかだろう。ドイツは90年代初頭にあって、既に環境
保護に関わる大規模な企業が設立されていたが、日本ではそ
のような企業で大規模と呼ばれるものは残念ながらまだ無い。
これは、国民の環境に対する意識レベルの差であると考えら
れる。
日本は政府と企業が一丸となって国民一人一人に環境保護
の概念を植えつけなければドイツのような環境対策先進国に
追いつくのは困難だろう。
出展
リサイクリング キーポイント http://recycling-keypoint.org
Lion Corporation http://www.lion.co.jp/
宮城県資源循環推進課 http://www.pref.miyagi.jp/sigen/
(※日本の実情の表出展、表改造)
ダウンロード

ごみ処理問題についての考察