情報処理学会・経営情報学会
連続セミナー第3回
情報システム構築アプローチ
まとめ
2006年 9月 5日
原田 騎郎、小池 俊弘、手島 歩三
NPO法人技術データ管理支援協会
はじめに
連続セミナー第3回「情報システムアプローチ」の目的
セッションの予定
1.概念形成と問題解決
2.ビジネス・アーキテクチャ
3.概念データモデル設計
4.アプリケーション・アーキテク
チャ
利用者の責任において
情報技術活用の仕組を
企画・構築する
情報技術者の能力を
適正に活用する
利用者の立場から
日本のソフトウェア産業の
構造改革を方向づけする
本日学んだこと
1.「情報システム構築アプローチ」主旨
 情報システムは、「情報」を取り扱うことを目的として構築さ
れる。
 情報システム「機能」は手段にすぎない。
 ビジネスの事実を捉える概念データモデルを利用者の手で
設計し、データ構造に基づいて情報システム構造を導き出
す、構築アプローチが必要である
 情報システム構築を通して、ビジネスに関与する人々の「意
思疎通」を支援する
 利用者と情報技術者の意思疎通もその中に含まれる
本日学んだこと
2.概念形成と問題解決
 情報システムの使命である「意思疎通を支援する」ために、人を傷
つけない言葉遣いで問題について語り合う習慣を身に付ける必要
がある
 語り合う過程で為すべきこと、すなわち要の「もの」「こと」の概念が
共有される(概念形成)
 要の「もの」「こと」を表す情報を設計し、それをビジネス改革の梃
子として、問題解決可能なビジネスの仕組を設計する
 情報システムはその一環として導き出される
本日学んだこと
3.ビジネス・アーキテクチャ
 情報システムはビジネスの仕組に対応する必要最小限の複雑性
を持っていなければならない
 科学・技術が発達した現在のビジネス組織は、ハイテクのジェット
機よりも複雑な構造を持っている
 ビジネスの仕組(ビジネス・アーキテクチャ)を捉える目を情報シス
テム技術者は持つ必要がある
本日学んだこと
4.概念データモデル設計法
 情報システムの目標成果物は「ビジネスの事実を表すデータ」で
ある
 ビジネス上の関心対象世界に存在する「もの」と、ビジネスに関与
する人々が行う「活動」(こと)に着目してデータを設計する
 「もの」と「こと」をどのような詳しさで捉えるか、識別子を設定する
ことが肝要である
 データ構造を文章表現すると、ビジネスの仕組の説明文になって
いなければならない(妥当性検証)
 データの品質保証責任体制を明らかにする必要がある
本日学んだこと
5.アプリケーション・アーキテクチャ
 情報システム構造(情報システム・アーキテクチャ)はビジネスの
事実を捉えるデータ構造に基づいて導出される
 アプリケーション機能はデータ構造の対応関係の崩れを補うため
に必要になる
 情報技術者はデータの品質保証のための補足を加え、アプリケー
ション・アーキテクチャを設定する
 ビジネス上急ぐ、明確な部分を早く実現するとき、情報システムは
経営に貢献できる
 情報技術者がデータ構造に基づいてプログラムの骨格を作った後
で、利用者に参画してもらって要求の細部を実現するアプローチ
が有効である
ご静聴有り難うございました。
技術データ管理支援協会は1998年以来
「日本の製造業の長所を強化するための情報技術
整備と普及」に取り組んでいます。
企業ネットワーク(あるいはサプライチェーン)を利用
するビジネス遂行が進行する現在では、業種を超え
て日本社会を強化するための情報技術を整備し、普
及することが求められています。このセミナーを通して
多くの方が問題解決に取り組まれることを期待してい
ます。
ダウンロード

まとめ 「情報システム構築アプローチ」