【事業名】○○に関する技術開発
平成22年2月○日
【代表者】㈱○○ ○川○介
【実施年度】平成22~○年度
(3)目標
(1)事業概要
【事業の概要について、平易な表現で一読してわかるよう記載願います。(200文字程
度)】
【本事業により達成する設備等の最終的な目標となるスペック等について、具体的に記載
してください。】
開発規模:空調能力○kW、風量○○m3/h、サイズ○リットル
仕様:COP ○.○、耐用年数○○年
エネルギー損失率:○%以内
省エネルギー率:○○%以上程度(従来型システム比)
(2)システム構成
【簡単なシステム図を記載願います。】
【記載例】
超臨界水
供給装置
破砕機
<事業展開におけるコストおよびCO2削減見込み>
実用化段階コスト目標:○○万円/kW
実用化段階単純償却年:○年程度(従来型システムとのコスト差額+○○万円)
熱回収装置
貯蔵槽
反応装置
水
灰分
サージタンク
電力
2010
201X
201Y
201Z
2020
ガスホルダ
目標販売
台数(台)
気液分離
可燃性ガス
ガス精製
装置
ガスエンジン
発電機
ガス混合装置
都市ガス
【想定される機器の写真等、上記システム図の具体的なイメージを表す図等を用いて、
本事業の全体像を記載願います。】
▲
▲
シ
ス
テ
ム
都市系廃棄物
食品廃棄物
年度
連続高圧注入装置
搬送ポンプ
温水
(4)導入シナリオ
超臨界水ガス化システム
厨芥、食品残渣等
可燃性
ガス
ガ
ス
エ
ン
ジ
ン
発
電
機
電気
目標販売
価格(円/台)
CO2削減量
(t-CO2/年)
<事業スケジュール>
(B)社の販売ネットワークを核として、2010年からの導入初期は公共施設へのモデル事
業等を中心に商品生産・販売開始を実施する。そして、201X年からは、建替え需要をね
らって本格的な導入拡大を目指す。
年度
公共施設へ
の導入
ガス
販売網による
販売拡大
建て替え需要
への対応
2010
201X
201Y
201Z
2020
(5)スケジュール及び事業費
(8)現時点での実績
H22年度
H23年度
H24年度
Aシステムの開発
Bシステムの開発
C要素の開発
システム運用技術の開発
要素・システムの統合
全体システムの評価
・ ○○kWの試験機(実用機の○分の1規模)を作成
・ COP :○.○(目標の○割達成)
・ 省エネルギー率:○○%(目標の○割達成)
○○○千円
○○○千円
○○○千円
(9)特許取得状況
(6)実施体制
技術開発代表者
(A)社
(Aシステムの開発、総括)
【事業の対象設備やシステムの具体的なスペック等について、現時点での実績を記載し
てください。】
再委託先
(B)社
(Bシステムの開発)
【関連する取組のこれまでの実績について、特許の申請状況、プレスリリースや学会
等での発表、学術論文やマスメディアへ取り上げられた状況など、対外的な成果発
表の実績を記載してください。】
再委託先
(C)大学
(C要素の開発)
再委託先
(D)社
(E)大学
(システム制御技術の開発)
・○○学会発表(○月○日~○日) 「・・・に係る開発について」(発表者:○○)
・○月○日▲▲社よりプレスリリース「・・・の紹介」
・雑誌「□□」、「・・・のシステム最適化」(p.△~p.▲;著者名) など
・関連特許の取得・申請状況
(10)期待される効果
(7)技術・システムの技術開発等の詳細
【本事業の具体的な内容・システムの概要を、簡潔にわかりやすく記載して下さい。】
(1)要素技術Aの開発
・○○機能や○○機能を有する・・・を開発する。
・実用化する上での課題は○○であり、○○や○○等の方法により対応する。
(2)要素技術Bの開発
・○○機能を有する・・・を開発する。
・○○を達成する上では○○と○○が課題となるため、○○に○○を用いて対応する。
(3)技術A及びBを組み込んだ高効率なシステム開発
・○○機能を有する・・・を開発する。
・○○と○○が効率化を図る上での課題であり、○○を○○する上で改善を図る。
(4) 全体システム(制御システム)の最適化
・○○条件、○○条件・・・等に基づき、システム全体を適正に管理・運転する制御
システムを開発する。
・○○や○○の最適化等により、エネルギー効率を○%程度向上させ、年間を通して
ランニングコスト削減を図る。
【本事業終了後、実用化した場合のCO2削減効果について、計算根拠をできるだけ詳
細に記載してください】
○201X年時点の削減効果
・モデル事業により○台導入
・年間CO2削減量:○○t-CO2
(試算方法パターン B-a,Ⅱ-ⅰ)
従来システム ○○kg-CO2/台/年
本システム ○○kg-CO2/台/年(2010時点)
以上より、○○台×○○kg-CO2/台/年=○○万t-CO2
○2020年時点の削減効果
(試算方法パターン B-a,Ⅱ-ⅰ)
・国内潜在市場規模:○○万台(既設の従来システムのストック台(○○統計)
に基づき推計)
・2020年度に期待される最大普及量:○○万台(生産能力増強計画に基づく
最大生産台数。なお、従来システムの販売台数は年間○○台)
・年間CO2削減量:○○万t-CO2
本システム ○○kg-CO2/台/年(20XX時点)
以上より、○○台×○○kg-CO2/台/年=○○万t-CO2
(11)技術・システムの応用可能性
(12)終了後の事業展開
【事業の成果である要素技術やシステムにおいて、今後見込まれる他分野での応
用の可能性について、図や写真等を含めて記載してください。】
要素技術Aは、今回開発したシステム以外にも、○○システムへの組み込みが可能
であり、更なるCO2削減効果が期待される。
全体システムについては、○○装置への適用が考えられるほか、▲▲システムとの
強調運転によるCO2削減効果の拡大が見込まれる。
以上より、本システムの開発により□□分野の××部門における大幅なCO2削減効
果の発現と低炭素型機器への更新が進むことが期待される。
<技術・システムの応用>
○○システムへ
の組み込み
<全体システムの応用>
全体システム
要素技術A
大型化による
○○への応用
要素技術B
システムC
○○として個別
製品化
・・・
要素技術A
システムC
・・・
・・・
○○システムとの
協調システム
○○システ
ムへ適用
○事業拡大シナリオ
2010
20WW
20XX
20YY
低コスト化技
術開発
販売網による
販売拡大
海外への事
業展開
・・・
○シナリオ実現上の課題
・事業化に向けた○○技術の開発、実証
・低コスト化のためのシステムの軽量・小型化のための技術開発
・販売網拡大のためのメーカーとの連携強化
・海外への事業展開に向けた海外動向調査 等
・・・
・・・
・・・
○量産化・販売計画
・ 20XX年までに、海外委託生産を行い○○部分の低コスト化を推進。
・ 20XXまでに、システム全体の低コスト化、高効率化及び省力化を推進。
・ 20XX年を目処として、関連企業における販売ネットワークを核として、公共施設へのモデル
事業等を中心に商品生産・販売開始を実施
年度
○○システムの応
用開発
○○システムとの
協調運転
要素技術B
【事業が終了した後、その成果を用いた事業展開、拡大シナリオ及びその問題点等につ
いて、できるだけ詳細な見通しに記載してください。】
○行政との連携に関する意向
・更なる省CO2型機器の開発に対する政府方針の明確化
・省エネ機器の買い換え促進による市場への導入推進
・地方公共団体による地域への導入支援事業の展開 等
20ZZ
(最終目標)
余白を2cm程度設けること
○平成22年度の予定
<留意事項>平成22年度に実施を予定している内容および開発等目標について必ず記載願います。
開発等項目
1
【開発等項目について、実施
計画書にあわせて記載してく
ださい】
2
3
4
5
余白を2cm程度設けること
平成22年度の目標
【平成22年度の目標について、開発
等項目にあわせて、できるだけ具体
的かつ定量的に記載してください】
技術開発内容
【平成22年度に実施予定の内容について、できるだけ具体的
かつ定量的に記載してください】
余白を2cm程度設けること
○参考資料
<留意事項>
※必要に応じ、写真、図表など事業内容を理解するうえで参考となる資料を添付願います。
余白を2cm程度設けること
ダウンロード

太陽エネルギー高温集熱利用高効率 ハイブリッド冷暖房システムの研究