業務・システム最適化計画策定
支援ツールの概要
(Microsoft EA Tool)
マイクロソフト株式会社
公共インダストリー統括本部
Agenda
• Microsoft EA Toolの概要
• 将来に向けた展望とデータの継承
• まとめ
Microsoft EA Toolの概要
業務・システム最適化計画の目的
電子政府構築計画(2003年(平成15年)7月17日各府省情報化統括責任者
(CIO)連絡会議決定)においては、業務・システムの最適化により費用対効果を高
め、人的・物的資源の効果的な活用を通じた行政の簡素・合理化を図ることにより、
予算効率の高い簡素な政府を実現することを主要目標の一つとしている。
上記目標を実現するためには、各業務を担当する組織がそれぞれ区々に情報シ
ステムの整備を行う現状のシステム整備の在り方を見直し、政府全体として統一
的な業務・システム管理手法の下、府省間及び府省内閣組織間で整合的な業務
の遂行及び情報システムの整備を行うことが必要である。
「業務・システム最適化計画策定指針(ガイドライン)第4版」より
http://www.e-gov.go.jp/doc/20050202doc.pdf
予算効率
行政・業務の簡素化 統一的な管理手法
業務・システム最適化計画策定業務
• EA策定モデルに基づき、各体系ごと検討と成果物
を作成し、次期システムモデルへ反映する
EA策定モデル
EA成果物
業務説明書
機能情報関連図
政策・業務体系
業務流れ図
情報体系整理図
実体関連図
データ体系
データ定義表
情報システム・関連図
適用処理体系
情報システム・機能構成図
ネットワーク・構成図
技術体系
ソフトウェア・構成図
ハードウェア・構成図
行政におけるEAプロジェクトの流れ
①立ち上げ
●プロジェクトを立ち上げるためのドキュメントを作成する
・WBS
・WBSディクショナリ
・プロジェクトチャーター
受注者(コンサル、SI
プロジェクトマネージャ)
●WBS、WBSディクショナリ、プロジェクトチャーターを発注者がレビューする
②計画
●プロジェクト計画を立案する
・プロジェクト計画書
発注者(事務局、担当者、CIO補佐官)
・スコープ管理計画書
・品質計画書
・組織図
受注者(コンサル、SI
合意ができた時点でプロジェクト開始
プロジェクトマネージャ)
●プロジェクト計画を発注者がレビューする
③実行
発注者(事務局、CIO補佐官)
●実作業を行う
合意ができた時点で受注者は実作業を開始する
・DFD
・WFA
・課題・要因
受注者(コンサル、SI
・WBS進捗
プロジェクトメンバー)
・・・
●成果物及び進捗をレビューする
④コントロール
●プロジェクト管理
発注者(事務局、CIO補佐官)
・EVM
・リスク
受注者(コンサル、SI)
●進捗やリスクに対してレビューを行い、必要な対策立案の指示を出す
すべての成果物に合意ができた時点で終結
効率よく進めるには・・・
プロジェクト管理の実施
統一的な管理手法
効率のよい文書作成
成果物の品質管理
標準化された
文書作成ガイドライン
情報共有
情報共有の手段と場所
複数組織をまたがるための仕組みを考慮する
Microsoft EA Tool
Microsoft Office System
Microsoft EA Tool
• エンタープライズアーキテクチャに基づいた、
策定フェイズにおける、プロジェクトマネージメントから、各担
当者の業務効率化と、品質向上を包括的に支援
• 成果物に対する一元管理と、各ステークホルダーとの情報共
有を効率的に行う
プロジェクトマネージメント支援
・コスト/スケジュールの管理
ドキュメントテンプレート
・文書作成の効率化
・統一的な成果物品質の確保
メンバー間の情報共有支援
・最適化計画ポータル
・共同作業
質の高いアウトプット
確実な情報伝達
プロジェクトマネージメント支援
• EA策定業務に基づいたプロジェ
クトテンプレートによる、
早期計画立案と、確実な計画立
案
• EPM支援機能を利用し、大規模
なプロジェクト管理に対応
– プロジェクトチームの立ち上げと
リソース管理
– WBSの策定
– コストの管理
– 成果物の共有
– 進捗管理の自動化
• プロジェクト管理の標準手法に準
拠
– PMBOK
– EVMS
プロジェクト
管理ツール
プロジェクト
管理者
WBS策定
プロジェクトメンバーとの共有
スケジュール管理
コスト管理
プロジェクト管理DB
タスク確認
進捗報告
Webブラウザ
プロジェクト
メンバー
ドキュメントテンプレート
• EA策定業務に必要な各種ドキュ
メントをテンプレート化
–
–
–
–
プロジェクトチャーター
WBS
DMM,DFD
WFA,UML
• テンプレートを利用することによ
る、効率的なドキュメント作成と、
品質の確保
• モデリング、文書作成、表計算等
に最適なツールが利用可能
• 標準的なフォーマットによる
データの再利用性
– XML
– Office文書
テンプレートの選択
参照モデル
ベストプラクティスの参照
Officeアプリケーション
成果物を保存
テンプレート・
ドキュメントDB
メンバー間の情報共有
• 最適化計画ポータルによる
情報共有
– メンバー
– CIO補佐官
– ステークホルダー
• 参照モデル、ベストプラク
ティスの共有と参照
• 全ドキュメントに対する全文
検索
• 共同作業を効率化する
チームサイト
プロジェクト
管理者
プロジェクト
メンバー
ポータル
成果物
プロジェクト進捗
ベストプラクティス
参照モデル
ポータルを解して、
プロジェクトに関わる
全ての情報を参照
ステークホルダー
CIO補佐官
Microsoft EA Tool 全体像
• プロジェクト管理ツールによる、プロジェクトの確実な遂行
• 策定業務に関わる全ての人に有益な情報の共有と、テンプ
レートの提供
テンプレートを利用したプロジェクト立ち上げ
進捗管理、コスト管理
成果物
プロジェクト進捗
ベストプラクティス
参照モデル
テンプレート
ポータル
プロジェクト
管理者
全ての情報の一元管理
テンプレートを利用した
成果物作成と共有
ポータルサイトを通じた共同作業
プロジェクト
メンバー
常に最新の
ステークホルダー
プロジェクト状況を把握
CIO補佐官
調達・構築フェイズでの
有効活用
Microsoft EA Tool利用イメージ
業務・システム最適化計画策定
マイクロソフトEA策定支援ツール
ツールからの
アウトプット
応用例
ツールへの
インプット例
立ち上げ
EA成果物
成果物記述書
業務説明書
WBS
CIO補佐官 担当行政官
調達仕様書
案
組織図
機能情報関連図
政策・業務体系
業務流れ図
情報体系整理図
プロジェクトチャーター
計画
スコープ記述書
資源要求文書
実体関連図
データ体系
データ定義表
適用処理体系
情報システム
関連図
情報システム
機能構成図
技術体系
ネットワーク
構成図
ソフトウェア
構成図
ハードウェア
構成図
投資計画
評価
Repository
Server
職務記述書
コミュニケーション計画書
リスク要因管理表
システム
開発
ツール
実行
EA成果物
課題一覧
コントロール
変更要求書
EA策定
請負業者
モデリング
文書共有
Visio 2003
SQL Server 2000
Office 2003
Sharepoint Portal
Server 2003
ツール
管理者
PM
Project 2003
Microsoft EA Tool
今後の展望と拡張
業務・システム最適化計画の今後
• 実際に最適化されたシステムを調達・構築フェイズに移行
• 策定フェイズの成果物をもとに、スムーズな構築作業を遂行
策定
調達
構築
現バージョンの
Microsoft EA Toolにて対応
策定フェイズで作成された、
DMM,DFD,UML等の成果物データを
XMLデータ化して継承し、構築フェーズ
に反映
構築フェイズ
•
•
•
•
策定フェイズにおいて定義された成果物をもとに、実際のシステムを構築
Visual Studio 2005 Team Systemとの連携
System Definition Modelのテンプレートとの連携
サービス指向アーキテクチャ(SOA)
– トップダウンによる業務・システムの構築方式
– 業務体系、データ体系に基づいた”サービス”を、技術体系に従って実装
– 適用処理体系に基づいた、サービスの連携を実装することで、システムを完
成させる
EAによる検討モデル
SOAを用いたEA体系
政策・業務体系
BPEL、BPMN等を用い
て業務統合、業務プロ
セスの改変
データ体系
実体毎にサービス化す
る
適用処理体系
業務処理毎にサービス
化する
技術体系
既存システムリソース、
新規システムリソース
“サービス”の構築、開発
今後のバージョンアップにて
対応予定
• 開発ツールとの連携
• 策定フェイズの成果物であるUML等をもとに、サー
ビス構築に必要なコードを生成
– Visual Studio 2005
– Visual Studio Team System
EA Tool 成果物
開発ツール
UML等、開発に有効な成果物を、
開発ツールに取り込み
策定フェイズのナレッジを、開発者に引き継ぐ
開発者
“サービス”の連携
今後のバージョンアップにて
対応予定
• 策定フェイズの成果物から、BPELを生成
• BPELをベースに、実際のサービスの連携を実行
– BizTalk Server 2004以降
– BPMN/BPELモデリング用パートナー様ソリューション
BPELに基づいた
“サービス”の連携を実行・管理
サービスHUB
EA Tool 成果物
サービスA
サービスB
サービスC
Microsoft EA Toolとは
• Microsoft Office Systemを基盤とした、
・プロジェクトマネージメント
・成果物作成
・情報共有
を支援する、ツールとテンプレートの集合体
• 策定フェイズの成果物を、構築フェイズにスムーズ
に反映するためのバージョンアップを計画中
© 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved.
This presentation is for informational purposes only. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, IN THIS SUMMARY.
ダウンロード

業務・システム最適化計画策定 支援ツールの概要 (Microsoft EA Tool)