情報システム企画設計の事例研究
シャボン玉石けん
(株)
情報システム企画・設計特論
2004年5月27日(木)
2312004024 高橋 充
企業概要
【企業名】
【設 立】
【事業内容】
【資本金】
【売上高】
【従業員数】
シャボン玉石けん(株)
1949年5月
無添加石けん製造・販売
3億円
57億円
121人
システム導入の背景(1)


合成洗剤の製造販売をしていたが,無添
加石けんの製造販売に切り替えた所,17
年間赤字に苦しんできた
ユーザが増加していく中で,「限られた人
員での効率的な事務処理」・「受注機会の
損失,顧客不満足の回避」を経営課題とし
た
システム導入の背景(2)



民生用の浴用石けんの需要が圧倒的で,顧
客は主に個人を対象としている。
売上高の約半分を通信販売が占め,その受
注をコールセンターが支えている
受注作業に対してコンピュータを利用してい
たが,それでも処理が追いつかない状況
システム導入の目的


前年度比2ケタ台の受注の伸びに対し,顧
客からの受注への対応や業務煩雑化が問
題となった
電話を受け取った際に,各オペレータが顧
客に対する情報を瞬時に取得し,速やか
な対応の実施
導入したシステムについて

導入システム
‐CTI(コンピュータテレフォニーインテグレーション)
→電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術
‐インターネット販売(BtoC)
システムの特徴(1)

全社員参加の手作り型によるシステム
-大手ベンダーと社員による検討の繰り返し
-CTI導入の決定までに5年
-準備期間を1年かけた
“情報化=機器・システム導入”という短絡
的な発想で留まらない,「経営と情報化の
連動」を強く意識している
システムの特徴(2)


NTTのナンバーディスプレイを組み込んだ
CTIの導入
20台のPCをLANで繋ぎ,情報の共有化
システム導入による効果

受発注業務の効率向上
-人件費の削減
-伝票と値札の発行が同時に


オペレータ間の情報共有化により,受注が
的確になった
インターネット販売における受注は1日50
~60件
今後の課題

得られた情報の多面的な活用
-電子メールによる情報提供

販売部門以外の部門との緊密な連帯
-SCMを取り入れる
ダウンロード

情報システム企画設計の事例研究 シャボン玉石けん(株)