InfoLibDBRによる
システム構築
山口大学 情報環境部
深川昌彦
システムデザイン時の目的
システム継続運用の不安要素削減
■大学情報基盤サービスとの融合
• システム担当者への依存性の回避
• 機能別サーバ分散(ソフト、ハード障害を要因と
したサービス停止の回避)
• 閲覧者、登録者、サービス提供者それぞれの
操作性の確保と作業の簡素化
概要
インターネット
大学情報基盤※
link
一次データ公開
基盤認証サーバ
メタデータ公開
収集用エリア
CSV
Web入力
更新通知
YUNOCAマスターDB
※ 大学情報機構提供の全学向け基盤サービス
機能構成
インターネット
大学情報基盤
機能3
link
基盤認証機能
機能4
CSV
機能1
機能2
ソフトウェア構成
インターネット
大学情報基盤
link
Web,
ファイル共有
InfoLibDBR
Web,
ファイル共有
ファイル共有
Web入力(cgi による処理)
Microsoft Access
CSV
機能1(収集)の特徴
• 大学情報機構の提供する大学情報基盤サービス
(以下、「基盤サービス」という)を活用し、Webサー
バ機能とファイル共有機能を組み合わせて、データ
収集の軸とした。
• 基盤サービスの認証機能との連携により、登録者
情報に既知の項目がある場合、初期値として挿入
される。
• 可能な限りメタデータ項目を入力してもらえるよう、
Webブラウザの操作で、一次データを含めて登録
できるツールを公開した。※1
• 登録と同時に“機能2”の担当へMail通知される。
※1 当然ではあるが、収集手段はWebに限らない。
機能2(メタデータ付与)の特徴
• MS-Accessを使用したデータ構築であるため、操
作面での教育支援が少なくてすむ。
• インポート、エクスポートが容易であり、複数の担当
者それぞれが分割作業しても、後の統合が容易。
• 基盤サービスの共有エリアの利用により、どこでも
マスターDBの更新※2が可能。
※2 マスターDBの管理が一番重要。
機能3(一次データ公開)の特徴
• 収集エリアには、登録者が入力したメタ部分と、同
時登録された一次データが特定ディレクトリに保存
される。
• Webからの登録後、公開可能となるまで、登録者
のみに閲覧を制限している。
• 公開可能と判断したデータは、 Windowsのフォル
ダ操作程度で、公開エリアへ移動。
機能4(メタデータ公開)の特徴
• InfoLibDBRは、公開のためツールとして位置付け
ている。
• 各種設定の操作がWebブラウザで可能となるため、
複雑なコマンドを覚えなくてよい。
• マスターDBからエクスポートされたCSVファイルを、
一括登録する手法で公開され、登録集合単位での
公開/非公開設定が可能。
• 各集合は、フラグの設定により横断的検索が可能。
• 本学の学術成果物のみならず、今後、地域の特色
ある資料を収集した場合でも、既存の公開データと
は別のデータ集合として公開できる。
閲覧者から見たシステム
①
②
③
④
検索を行う(詳細検索も可)
結果が一覧できる。
詳細を確認する
一次データを閲覧する
④
②
①
③
コンテンツ登録者から見たシステム
①
②
③
④
⑤
登録申請を行う(初回のみ)
確認メールが届く
入力可能となった旨のメールが届く
コンテンツ登録を行う(2回目以降は、ここから)
公開後確認
③
①
②
⑤
④
サービス提供者から見たシステム
①
②
③
④
⑤
⑥
申請メールが届く
入力画面へのアクセス権限を付与
申請者へメールを出す
コンテンツ登録通知が届く
不足メタの付与を行い、マスターDBへの追加
一次コンテンツ公開と同時にInfoLibDBRへの登録
①
④
⑥
②
⑤
③
InfoLibDBRのサーバ環境
• ハードウェア
• CPU:Pentium4(3.0GHz)
• メモリ:2GB
• HDD:400GB(RAIDユニット搭載)
• ソフトウェア
• OS:RedHat Linux 3.x (linux version 2.4.x) ※3
• InfoLibDBR
• InfoLibDBRの使用するDBとしては、Postgresqlを選択
※3 セキュリティアップデートを容易にするため、GUI環境もインストール。
InfoLibDBRサーバ立ち上げ作業
• OSのインストールおよび初期設定(大学側の作
業)
•
•
•
•
•
ネットワーク利用申請等(学内サーバ設置手続き)
ライセンス登録(RedHat保守に必要な手続き)
セキュリティパッチ当て(セキュリティ設定)
業者の作業用アカウントの発行
業者設定完了後、InfoLibDBR関連のユーザ管理ならび
にデータベース管理の各設定
• InfoLibDBRのインストールおよび初期設定
(InfoComの作業)
• InfoLibDBRのインストールならびに関連環境の設定
運用体制
学術機関リポジトリ運用体制概要
データ
ソフトウェア
データ
(コンテンツ)
ソフトウェア
(html, cgi)
ソフトウェア
(OSや認証を含む基盤機能(Web, 共有等))
データ(メタデータ)
ソフトウェア
(InfoLibDBR)
ソフトウェア(OS)
業者外注
図書館職員(情報環境部)
ハードウェア
ハードウェア
大学情報機構(メディア基盤センター)内の
基盤サービス提供機能
大学情報機構(図書館)内の
サービス提供機能
メディア基盤センター職員
各担当部局管理
メリット,デメリット(基盤サービスとの融合による)
• メリット
• コンテンツ登録者が行う認証は、大学情報機構の提供する基盤認証を
利用できるため、学内の情報基盤システムの認証と同じ統一的なユー
ザ認証ならびに操作で可能となるため、敷居が低く感じられること。
• 機能1~4までの機能実現のための機能は、それぞれ簡易なもので、操
作も容易であることから、担当者への依存性が低くなると考えられること。
• メンテナンスに関しても、基盤サービス提供部門の十分な協力が得られ
ること。
• 機能1~4までのいずれかが障害している場合でも、全機能の停止には
至らないこと。ただし、ネットワーク障害については、この限りではない。
• デメリット
• 複数の機能の組み合わせで構成したため、全て機能しているかどうか
の状況把握が、現状では単一操作で行えない。
• 構築過程において、各機能を支える“ひと“の連携による工程があるた
め、若干の危険が潜んでいると考えられること。
その他
•
•
•
•
•
現在の導入しているInfoLibDBRに、OAI-PMHオプションを追加すること
により、ハーベスティングに対応する予定である。
汎用的な保存形式で構築しているため、学内の他のシステムへ、また
は、他のシステムからのデータ流用の可能性も残している。
機能1~4までは、それらの機能を他の機能部分へ移行することが可
能であるため、今後の基盤サービス内での構成変更もあり得る。
InfoLibDBRでは、メタ部分の登録集合に対して、200MB MAXの制限が
ある(マニュアル記述)が、登録集合を分けても、サーバ上の全ての集
合に対しての横断検索が可能であるため、大きな問題とは考えない。
簡素化という点では、作業の工数が増したことで複雑になり、当初の
目的を達成していないかもしれないが、機能統合されたサーバを使っ
たシステムの、バージョン管理やセキュリティ管理にかかる要員の育
成や人材確保が困難となりつつある現在、基盤サービスを支える部署
の協力のもと、コンテンツ提供を支援する土台として機能しつづけると
考えている。今後を期待していただきたい。
ダウンロード

InfoLibDBRによる システム構築