営農活動支援に係る留意事項
0
Ⅰ 活動組織における規約、活動計画等の作成に当たっての留意点
1 規約における構成員一覧表の作成
① 営農活動対象区域内農業者の特定は、営農活動対象区域毎に行うこと(営農活動対象区域と共同活動支援
の対象地域が一致する場合、活動組織の構成農業者等と営農活動対象区域内農業者等は一致。)
② 営農活動対象区域内農業者の特定に当たっては、どのような手順で行ったかを説明できるようにしておくこと。
(例) ・営農活動対象区域内のほ場毎の耕作者名を記載した一覧表を農地基本台帳を基に作成した。
・活動組織の全構成農業者に対するアンケートを実施した。
等
③ 営農活動対象区域内農業者は、区域内で耕作の業務を営む農業者の一覧であることから、入作農家も含め
ること(農家の住所は関係ないことに留意)。 ただし、入作農家が活動組織の構成員となっていない場合には、
営農活動対象区域で耕作を行っていても営農活動対象区域内農業者とはしない。
(
添付様式28-1)
■■活動組織 構成員一覧表
■■活動組織の構成員は以下のとおり。
1 農業者等
氏 名
a
b
c
d
e
f
g
2 非農業者等
氏 名
住 所
営農活動対象区域内農業者
(
該当農業者に○を記入)
A区域
○
○
○
住 所
B区域
○
○
○
○
備 考
C区域
本農業者を営農活動取組実
践計画の表1又は表3の「営
農活動対象区域内農業者」欄
に転記すること。
○
○
○
備 考
○○PTA
1
Ⅰ 活動組織における規約、活動計画等の作成に当たっての留意点
2 活動計画の作成
① 営農活動対象区域は、協定農用地内又は共同活動支援の対象農用地内の一団の農用地として設定すること
・このため、農振農用地以外の農用地を除外して営農活動区域を設定することも可。
・一方、水田と畑が混在している協定農用地の場合、水田だけを取り出して営農活動対象区域とすることは
不可。
② 資金計画は、5カ年計画とすること。原則として初年度の交付金の交付額及び支出額の5倍を記入すること。
③ 先進的営農支援に係る交付金を活動組織で活用する場合、その資金使途を記載すること。
(例)・営農活動支援交付金の交付等に係る事務経費
・農業生産活動に伴う環境負荷の低減に資する活動(フェロモントラップの設置による発生予察の強化等)
等
■ 営農活動対象区域の区域設定の考え方
農振農用地(49ha)
協定農用地(50ha)
農振白地(1ha)
※ 営農活動対象区域は、共同活動支援の対象農用地(農振農
用地)をベースに設定することも可。(左図の斜線部分)
2
Ⅰ 活動組織における規約、活動計画等の作成に当たっての留意点
3 営農活動取組実践計画の作成(作物全体のまとまり用)
① 利用権特例または法人特例を活用する場合、営農活動取組実践計画の第1の区域内対象農家数と第2の
(2)の区域内対象農家数は一致しないことがある。
② 表1の区域内対象面積については、畦畔等を含んだ面積とすることができること。(区域内対象農家の経営耕
地面積(X)を畦畔等を含まない面積、不作付農地等面積(Y)を畦畔等を含んだ面積とすることはできない(まと
まりの判定上、分母が小さくなり、活動組織にとって有利になってしまうため)。)
③ 先進的な取組の実施農家の一覧表に、支援の対象とならない先進的な取組(農振農用地以外の農用地にお
ける取組等)を含める場合、当該先進的な取組については、網掛け、< >等により支援の対象となる先進的
な取組と明確に区別するとともに、交付金の支払対象面積から除くこと。
④ 1年間に複数回作付けする作物の場合は、本資料4ページの別紙1を参考に記載すること。
⑤ 表1の営農活動対象区域内農業者には、規約における構成員一覧表の営農活動対象区域内農業者を転記
すること。
※ 作物毎にまとまりを判定する場合も、上記に準じて取り扱うものとする。
3
別紙1
■ ほうれんそう等1年間に複数作付けする作物の場合の記載例
添付様式50-1別添2
(添付様式26別添5-3)
(表2)先進的な取組の実施農家の一覧表(作物全体のまとまり用)
先進的な取組の
実施農家名
作物区分※
作物名
ほ場
番号
ほ場所在地
①
①
①
○○市△△115
○○市△△115
○○市△△115
計画
葉茎菜類 ほうれんそう
葉茎菜類 ほうれんそう
葉茎菜類 ほうれんそう
A
経営耕地面積が
30a以上
12.3
(12.3)
(12.3)
経営耕地面積が
30a未満で農産物
販売金額が年間
50万円以上(Z)
先進的な取組の
実施農家数
計 (エ)
画
実 (ケ)
績
1
交付金の支払対象
面積(a)
先進的取組
実施面積(a)
戸
先進的取組実施面積合計(のべ)
戸
うち、重複してカウントした面積
(オ)
(カ)
(農家ごと、作物区分
ごとに合計して記入)
実績
a
a
a
a
a
a
a
a
a
a
36.9 a
24.6 a
計画
a
a
a
a
a
a
a
a
a
a
(コ)
(サ)
36
a
a
計画
の面積
実績
36 a
交付金の支払対象面積合計(のべ)
うち、葉茎菜類
実績
(キ)
36 a
a
(シ)
a
4
Ⅰ 活動組織における規約、活動計画等の作成に当たっての留意点
4 生産計画の作成
① 生産計画番号は、市町村、都道府県の事務処理を円滑に行うための番号であることから、その番号の付け方
については、各都道府県毎に設定すること。
② 支援の対象とならない先進的な取組(農振農用地以外の農用地での取組等)を含める場合、当該先進的な取
組については、網掛け、< >等の括弧書き、備考への記載等により支援の対象となる先進的な取組と区別
すること。
③ 1年間に複数回作付する作物の場合は、本資料6ページの別紙2を参考に記載すること。(施肥、防除の方法
が各作付けごとに同じ場合は、同一の生産計画とすることができるが、各作付けごとに慣行基準が違う場合や
施肥、防除の方法が異なる場合等は、原則として別々の生産計画とする。)
※ ただし、複数作の生産計画を1枚にまとめて提出しても、生産記録については各作付毎に記載して提出す
ることが必要。
5
(別紙2)
■ ほうれんそう等1年間で複数回作付けする作物の場合の生産計画の記載例(一部抜粋)
(参考様式第43号)
(水稲用)
A
農家名
生産計画・生産記録
生産計画番号※
生産記録番号※
※ 市町村が記入
1 基礎情報
3 土づくり、化学肥料
(1)農家情報
(1)土づくり、化学肥料低減のための技術の内容
(計画) (実績)
対象作物名
活動組織名
営農活動対象区域名
経営耕地面積
30a以上 30a未満
(該当する方に○を記入)
農家名
経営耕地面積の項目で30a未満に○を付けた農家のみ記入
対象作物のエコファー
マー認定年度
平成
年度
農産物販売金額
(該当する方に○を記入)
(計画) (実績)
土づくり
化学肥料低減
(方法:
■ □ たい肥等有機物資材施用技術□ □ 局所施肥技術
□ □ 緑肥作物利用技術
(緑肥作物の種類:
)
)
□ □ 肥効調節型肥料施用技術
□ □ 有機質肥料施用技術
□ □ その他(
50万円以上 50万円未満
)
(注)該当する技術名の□に■を入れる。 (2)ほ場情報
先 進 的 取 組
実 施 面 積
計 画
実 績
ほ 場 番 号
ほ 場 所 在 地
( 字 地 番 )
①
○○市△△115
12.3
a
a
〃
〃
(12.3)
a
a
〃
〃
(12.3)
a
a
a
a
a
a
36.9
合 計
その他
資材等
の
名 称
計
画
化学肥料
うち化学
窒素成分
の割合 使 用 使用予定 肥料窒素
量(/10a)
成分量
予定時期
(%)
(kgN/10a)
実 績
使用
時期
使用量
(/10a)
慣行の5
うち化学 割低減の
肥料窒素
水準
成分量 (kgN/10a)
(kgN/10a)
備 考
①肥料
○○
2 作業工程
作 業 名
(2)肥料等
21.0
定植前
50kg
定植前
2000kg
(1作目:4月上旬、2作目:5
月上旬、3作目:6月上旬)
10.5
②たい肥等有機物
計 画
播種日
3月中旬、4月中旬、5月中旬
定植日
4月上旬、5月上旬、6月上旬
収穫開始日
4月下旬、5月下旬、6月下旬
収穫終了日
4月下旬、5月下旬、6月下旬
実 績
備 考
完熟たい肥
合 計
(1作目:4月上旬、2作目:5
月上旬、3作目:6月上旬)
10.5
○
(注) 化学肥料窒素成分を含まない有機質肥料も含めて記入する。
6
Ⅱ 活動組織における交付金執行に当たっての留意事項
1 交付金の管理の方法
・ 営農活動支援交付金については、先進的営農支援と営農基礎活動支援を区分して管理すること。
・ また、活動組織中に複数の営農活動区域を設定する場合にあっては、各営農活動対象区域ごとに交付金を
管理すること。
2 交付金の使途
・ 営農基礎活動支援については、検討会の開催、実証ほの設置、土壌・生物調査等要領で定められた活動
にしか使えないことから、営農基礎活動支援に係る交付金(1地区当たり20万円)の活用に当たっては当該活
動に必要な経費といえるのかどうかをよく検討すること。
(同じ資材費に対する支出にしても、実証ほの設置に必要な資材費としての支出は可能だが、地域全体の農
家が行う環境負荷低減に資する取組に使用する資材費としての支出は不可。)
・ 先進的営農支援交付金の一部を活動組織で活用する場合、その使途については制限がかかるので、どの
ような活動を行うために当該支出を行ったのかを明確にしておくこと。
3 各種証拠書類の整備
・ 先進的営農支援に係る交付金の交付を受ける農業者については、購入伝票、日誌等を整備しておくこと。
4 体制の整備
・ 活動組織の中に複数の営農活動区域を設定する場合にあっては、それぞれの営農活動対象区域毎に責任
者を定める等、対策の円滑な実施に必要な体制を整備すること(結果として、同一の者が各対象区域の責任
者となっても差し支えない)。
7
ダウンロード

スライド 1