スポーツウエア等の
調達、物流、販売システム
に関する課題
常に効率化、スピードアップ、精度向上
を考えていく為に
2010年2月19日
株式会社デサント
情報システム室 鈴木
講師(自らの略歴)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
1980年
1982年
1984年
1988年
1992年
2001年
2004年
2007年
2009年
2010年
デサント入社 【マーケティング課】
サラリーマンでも買えるPC
会社のPC(オフライン処理) 【営業企画】
受発注WEB構築 【SIN推進部】
SKIバブル、業務フロー、物流 【業務課】
基幹システム再構築 プロダクトアウト⇒マーケットイン
中国での直納ロジ構築
インフラ変更計画 【情報システム室】
システムオープン化、ハウジング
今日
情報システムの流れ
■時代背景
•
•
•
•
•
•
1987年
1996年
2000年
2007年
2009年
2010年
電算⇒情報システム
windows95,インターネット
情報システム⇒IT
内部統制、IT統制
金融不況、投資抑制
2015年IFRS(国際会計基準)
スポーツ業界での流れ
「情報システム」期での 標準化取り組み
• スポーツ統一伝票
• JANコード附番促進活動
• S研フォーマットでのデータ交換促進
■環境変化
• 汎用機、端末機
• サーバー、パソコン、ネットワーク、Web
当社のロジスティック概要図
【生産地】
取引先
【日 本】
フロント処理
販売システム
(課別在庫)
工場
EDI
取引先
システム
第三者
検品場
入荷報告
フォワダー
通関
受発注Web
取引先
出荷指図(承認)
通関
海上輸送
ドレージ
取引先の指定場所
(倉庫/店舗)
物流システム
(ロケーション在庫)
入荷処理
出庫
指図書
値札発行
専用伝票
ピッキング
物流
センター
JANコードスキャン
出庫検品
路線便引渡し
付帯加工
出庫指図
ITFスキャン
納品書
配送処理
外装明細
ラベル
ASN/SCM処理
送り状
梱包処理
当社のシステム概要
仕入先
取引先
①生産指図
⑦納品処理
⑤発注
②入荷処理
調達システム
⑥出荷指図
物流システム
販売システム
③入荷実績
③⑧入出荷実績
④仕入
⑨売上
財務システム
販売システムに関して
•
•
•
•
社内フロント処理の効率アップ
取引先との接続強化
在庫状況、売上状況レスポンスアップ
様々なビジネスモデルへの対応
• 営業ニーズに左右されるがシステム化、ネッ
トワーク化は進む
物流システムについて
•
•
•
•
•
•
在庫管理
物流加工
取引先の指定する納品形態
取引先の指定する情報付加
出荷リードタイム維持改善
棚卸し業務(資産確定)
• 取引先のニーズに左右されるがシステム化
は進む
調達システムについて
• 生産指図発行
• 入荷計上での照合
• 生産(工場)管理とは違う側面であり、積極的
なシステム化が進められていない
さてシステム(IT)の目的とは?
• 効率化
• スピードアップ
• 精度向上
• 新たなモデルの
実現ツール
• コスト削減
• 成長戦略
システム(IT)の役割は? その①
• コストセンターか?
• プロフィットセンターか?
• システム(IT)無しでは、ビジネスは動かない
• 取引先のシステムオファーは避けられない
• システム(IT)は高額投資である
• 物流システム、販売システムでは実現済み
システム(IT)の役割は? その②
• コストセンターか?
• プロフィットセンターか?
• ネットワーク化にシステム(IT)の意味がある
• 労力軽減のためにシステム(IT)は使われる
• 物とドキュメントと情報は常に一致する
• 調達分野にシステム(IT)本来の価値が創出
されているか?
システム(IT)の役割は? その③
• 生み出される効果が試算可能であること
• あらゆる試算にトライすること
• 漠然、曖昧は困る
• 可能性の追求はいくらでもできる
• 付加価値を追いすぎると実行不能となる
• ITはどんどん複雑になり、ビジネスでの依存
度益々上がる
システム(IT)効果が出る可能性
• システム(IT)のミッシングリングは無いか?
• 人系の処理が多く介在していないか?
• 独自のフォーマットが横行していないか?
• e-mail依存しすぎていないか?
• 情報開示、情報共有の思想があるか?
一つの考察(調達部分)
企画
企画制定
MD領域
発注
生産
受注活動
(受注集計)
生産指図
発行
社内仕入担当領域
工場ライン
設定
材料投入
ロジステック
製造
第三者
検品
貿易処理
海上輸送
仕入先担当領域
仕入計上
在庫開示
物流センター
入荷処理
営業配分
物流領域
営業領域
事前の入荷情報が無い、
手書き明細で入荷処理工数大
【 シス テム連携 】
受注集計システム
物流システム
調達システム
「システムの空白エリア」
★情報錯綜、確認工数多大
ここをシステム的に埋めることで、
効率化、スピードアップ、精度向上が生まれないか?
販売システム
システム(IT)でのP/Lを考えると
• システム(IT)は安くはない(高い投資)
• 今の時代、システム(IT)は強力なアドバン
テージを生まない
• トータルコスト削減に寄与する可能性はある
• トータルコストを十分解析するセンスとスキル
• 最適なパートナー選び<規模の大小ではない>
(長い取組み、センス、スキル、マインド、ギブ・アンド・テイク)
ダウンロード

スポーツウエア等の調達、物流、販売システムに関する課題