第11回県南部血液浄化技術透析懇話会
透析業務支援システムの構築
「透析記録用紙・IT化への工夫」
埼仁クリニック
透析室
千葉 法男 鈴木 隆浩 荒 逸子
西堀 文男 荒 隆一
2006年05月11日(木)
業務支援システムの特徴
1、毎回の透析記録用紙への手書きを解消
★ スタッフの仕事効率を大幅に軽減
2、透析記録用紙へのデータ一元化
★ A4用紙に集約記載が可能
3、定期投与薬剤のうっかりミスを防止
★ 毎回定期薬剤名の自動印字が可能
4、最新検査データの共有化と維持範囲での表示
★ 維持範囲外は警告カラー印字
5、透析記録用紙の保存はDVDの取り込み省力化
★ 透析患者一年分(約100名)の用紙はDVD1枚に保存可能
透析業務支援システム変更
変更前の作業
患者氏名、生年月日、透析
実施日、ベッド番号、標準体
重、前回体重、Δ体重
ダイアライザー名、透析液名
抗凝剤量、定期薬剤、注射
処置等の手書き作業
変更後の作業
透析後の体重・Δ体重の入力
と次回記録用紙の印刷
透析記録用紙
透析記録用紙
入
力
か
ら
印
刷
ま
で
の
手
順
透析業務支援システム
入 力 項 目
患者基礎データ
体重データ
CTR/DWデータ
血液検査データ
患者来院設定カレンダー
カルテ印刷確認カレンダー
ダイアライザー項目設定
検査項目設定
印刷カラー設定
システム終了
システムTOP画面
透析支援システムの日常
入力項目
毎回入力
カルテNO
患者氏名
○
毎月入力
○
年 月 日
○(半)
透析後体重
○
Δ体重
○
CTR/BW
自動入力
○
検査データ
○
定期薬剤
○
日常業務入力画面
透析業務支援システム
日常入力業務
血液浄化記録用紙出力
検査データ取り込み・表示
透析記録用紙取り込み状況
連続読み込み
透析記録用紙保存用ソフト
透析記録用紙保存方法の比較
透析記録用紙保存方法の比較
旧ファイル保存
・操作性
・管理面
・費 用
・保存量
・具体例
煩 雑
書棚に保管
ファイル人数分
108kg(90人)
ダンボール箱約4箱
DVD入力保存
簡 単
DVD・HDD
DVD1~2枚
10g(90人)
記録用紙1枚当り326KB
結
語
• 本システムを導入し、スタッフの手書きによ
る記録用紙作製の仕事量を大幅に軽減す
ることができた。
• 定期薬剤・処置・注射薬の記入が自動化さ
れ、うっかりミスの防止に有益であった。
• 透析記録用紙保管が、簡素化・省力化さ
れた。
• 透析業務支援システムは操作・設計が容
易で機能の追加変更ができ、業務効率の
改善に寄与した。
ダウンロード

透析業務支援システムの構築