(様式Ⅰ)
履
男・女
名
生年月日
書
都 道
ふりがな
氏
歴
本籍地
年
(年齢)
月
(
日
現住所
真 貼 付
(脱帽,正面向き,
府 県
昭和
写
3 ヶ月以内に撮影
〒
したもの)
℡
(たて3×よこ3)
E-mail
歳)
学
年 月
歴
事
項
免 許
学 位
職
年 月
歴
事
項
学会及び社会における活動等
年 月
事
賞
項
罰
年 月
上記のとおり相違ありません。
平成
年
月
日
氏
名
印
(様式Ⅰ) (記 載 例)
履
男・女
名
生年月日
書
都 道
ふりがな
氏
歴
本籍地
年
(年齢)
月
(
日
現住所
真 貼 付
(脱帽,正面向き,
府 県
昭和
写
3 ヶ月以内に撮影
〒
したもの)
℡
(たて3×よこ3)
E-mail
歳)
学
年 月
歴
事
項
昭和 54.3
○○県立○○高等学校卒業
昭和 54.4
○○大学○○学部○○学科入学
昭和 58.3
同大学○○学部○○学科卒業
昭和 58.4
○○大学大学院○○学研究科○○学専攻(修士課程)入学
昭和 60.3
同大学大学院○○学研究科○○学専攻(修士課程)修了
昭和 60.4
○○大学大学院○○学研究科○○学専攻(博士課程)進学
昭和 63.3
同大学大学院○○学研究科○○学専攻(博士課程)単位修得退学
免 許
昭和 58.3 ○○免許取得(第○○○号)
学 位
昭和 60.3 ○○修士(○○大学) 平成 3.12 ○○博士(○○大学)
職
年 月
歴
事
昭和 63.4
○○大学○○学部助手採用
平成 10.3
○○大学○○学部助手辞職
平成 10.4
○○大学○○学部講師採用
平成 15.4
○○大学○○学部助教授昇任
現在の担当科目 (学部)
項
現在に至る
○○学,○○理論
(大学院) ○○論,○○演習
学会及び社会における活動等
年 月
平成 2.4
事
○○学会会員
賞
平成 12.10
項
罰
○○学会賞受賞
上記のとおり相違ありません。
平成
年
月
日
氏
名
印
(様式Ⅱ―1)
教 育 研 究 業 績 調 書
年
教育上の能力に関する事項
1
教育方法の実践例
2
作成した教科書,教材
3
実務家教員についての
月
日
氏 名
印
年
月 日
概
要
年
月 日
概
要
特記事項
4
その他
職務上の実績に関する事項
1
資格,免許
2
特許等
3
実務家教員についての
特記事項
4
その他
(様式Ⅱ―2)
著書,学術論文等の
単著・共著 発行又は
名称
の別
(著書)
1.
2.
3.
4.
5.
・・・
(学術論文)
1.
2.
3.
4.
5.
・・・
(その他)
1.
2.
3.
4.
5.
・・・
発表の年月
発行所,発表雑誌
又は発表学会等の
名称
概
要
履歴書及び教育研究業績調書記載要領
1.履歴書
(1) 「学歴」の欄には,高等学校卒業からの学歴を年月日順にすべて記載する。
(2) 大学の別科,専攻科については「学歴」の欄に,研究生・副手・聴講生等は「職歴」の欄に
記入する。
(3) 学位は,授与大学等も記載する。
(4) 職歴は,年月日順に職名・地位等,常勤・非常勤等も記載する。いつからいつまでの職歴か
が明確になるよう記載する。研究生等,外国出張(海外研修旅行は除く。
)も記載する。
(5) 自営業・無職等についても省略しないで「職歴」の欄に記入する。
(6) 学会及び社会における活動等には,本人の専攻・研究分野等に関連した事項についてのみ記
入する。
2.教育研究業績調書
(1) 担当授業科目等に関連する教育上の能力に関する事項,職務上の実績に関する事項及び主要
な著書,学術論文等(発行又は発表が予定されているものを含む。)について作成すること。
(2) 「教育上の能力に関する事項」の「4 その他」欄には,1から3に該当するもの以外の事
項ついて幅広く記入すること。
(3) 「職務上の実績に関する事項」の「4 その他」欄には,1から3に該当するもの以外の事
項ついて幅広く記入すること。
(4) 「著書,学術論文等の名称」の欄には,著書,学術論文及びその他の順に,それぞれ年月順
に,番号を付して記入すること。
(5) 「概要」の欄には,教育上の能力に関する事項,職務上の実績に関する事項及び著書,学術
論文等の概要について,教育上の能力に関する事項の各欄,職務上の実績に関する事項及び各
著書,各学術論文等ごとに200字程度で具体的に記入すること。
なお,著書,学術論文等が共著の場合は,担当部分及び頁数を明記し,また,本人の氏名を
含め著作権全員の氏名を当該著書,学術論文等その他に記載された順に記入すること。
(6) 学術論文については,「著書,学術論文等の名称」欄に査読の有無を明記すること。
(7)
最近5年間の主要著書・論文の別刷の提出があるものは,「著書,学術論文等の名称」欄に
「別刷あり」と記入すること。
教育研究業績調書(様式Ⅱ-1)記載についての補足
「教育上の能力に関する事項」の「3 実務家教員についての特記事項」欄は,
・大学から受け入れた実習生等に対する指導
・日本薬剤師センター等の職能団体の依頼による研修指導等
・訴訟・審判・監査・与信・企業提携・研究開発等の専門的な実務に関する教育・研修
・大学の公開講座や社会教育講座における講師,シンポジウムにおける講演等 を記入すること。
「職務上の実績に関する事項」の「3 実務家教員についての特記事項」欄は,
・大学との共同研究
・訴訟・審判・監査・与信・企業提携・研究開発等の担当実績
・各種審議会・行政委員会,各種 ADR 等の委員
・行政機関における調査官等
・研究会・ワークショップ等での報告や症例発表
・調査研究,留学,海外事情調査等
・上記を裏付ける報告書,手引き書,マニュアル,雑誌等 を記入すること。
ダウンロード

の「様式Ⅰ・Ⅱ」