STEP4
目標を
たてる!
長期的なBCP対応策の実施計画立案
ギャップを
把握する!
ギャップを
埋める!
-ポイント• STEP3で整理したBCP対応策のうち、長期的に取り組む対応策 の実施計画を作成してください。
• 耐震補強などの多額の費用を要する対応策は、事業所や店舗の移転・新築などの全社的な投資計画と一緒に検討することで、対策費用の最適化を図りましょう。
• 人命に係わる対応策は、優先的に取り組む必要があることを十分認識してください。
実施予定時期と必要資金(万円)
対策費用が必要な場合
重要な経営資源
の区分
対応策
実施済
平成 年度
必要資金
(万円)
資金
調達法
前期
後期
平成 年度
前期
後期
平成 年度
前期
後期
平成 年度
前期
備考
後期
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
合計金額
(小計)
13
3.事業継続対応
-ポイント• 被災後、事業を継続または早期に復旧させるには、どのような場合に、どのような対応を行うのかをあらかじめ決めておくことが重要です。
• また、各対応の担当責任者とその代理を決めておくことも重要です。
• BCPの発動基準、対応体制については、全従業員に周知するよう努めてください。
※東海地震に関する情報(観測・注意・予知情報)が発表された場合に
は、警戒宣言やあらかじめ決められている市町村の防災計画等に
従って、適切な行動をしてください。
BCP発動基準
【BCP対応と体制一覧】
対応区分
BCP対応
行動内容例
担当責任者
使用する様式
(第一順位)
事前~復旧
(災害発生)
BCP発動!
初動対応
復旧活動
平時業務
(営業再開)
BCP対応要員以外の従業員
14
統括
・全社の対応に関する重要な意思決定、指揮命令、統括
・BCP対応拠点の立ち上げ
様式①
避難誘導
・避難計画に基づく避難の実施
様式②
人命の安全確保
・防災備蓄品を用いた救援活動
・二次災害防止対応
・ルールに従い従業員・家族の安否確認実施
様式③
様式④
様式⑤、様式⑥
地域貢献
・初期消火等周辺地域の安全確保に協力
様式⑦
被災状況把握
・事業所建物、設備、通信システム等の被害状況の確認
様式⑧-1
対外的な情報発信
および情報共有
・顧客・関連会社の被災状況の収集、インフラの被災・復旧状況把握
・自社主要拠点の被害状況、稼働状況の情報発信
様式⑧-2
様式⑨
復旧作業
・関連企業と協力した片付け
・施設・設備、データの復旧作業
様式⑨、様式⑩
様式⑪
地域貢献
・周辺地域の被災建物の片付け作業等に協力し復旧活動に貢献
様式⑦
対外的な情報発信
および情報共有
・重要業務の再開
・各種取引先への連絡、調整
様式⑨
重要業務の再開
・業務再開、各種取引先への連絡・調整
様式⑨
初動対応
・決められたルール(従業員携帯カードに記載)に基づく初動対応
様式⑫
(第二順位)
(第三順位)
【様式 ⑫】
従業員携帯カード
-ポイント-
• 各従業員が、被災時の連絡先や自分のやるべきことについて記入しましょう。
• 記入したものは、定期入れや財布に納め常に携帯するようにしてください。
[1]初期動作
[2]行動要領
屋内
屋外
①落ち着いて!
①落ち着いて!
②カバンなどで頭を保護し、落下
②机の下に入るなどして身を守る
部から離れる
③揺れがおさまったら火元を確認
③ブロック塀や門柱等のそばには
④出口を確保
近寄らない
⑤靴を履き、非常持出品を用意 ④運転中の場合、自動車での避
⑥消火活動・救助活動に協力
難はしない。放置する場合は
キーをつけたままロックはしな
いこと
[2]行動要領へ
[3-1]本人情報
外出・通勤時
早朝・夜間・休日
• 原則として帰社(外出先が自
宅に近い場合は帰宅するな
ど状況により判断)
• 帰宅後、安否報告ルールに
従い、会社に安否等を報告
• 原則として指示があるまで
自宅待機
• 安否報告ルールに従い、会
社に安否等を報告する
就業時
まずチェック!
• あらかじめ定めた初動対応の
実施
• 自分の周辺の機器の
電源をOFF
• 指示に従い避難
□
火の始末
□
□
[3-2]取引先情報
氏名
[4]東海地震に関する情報
取引先①
住所
取引先②
TEL
従業員携帯カード
東海地震
観測情報
東海地震の前兆現象の可能性について直ちに評価できな
い場合(単なる異常データ)や東海地震発生のおそれがな
くなったと認められた場合に発表される
東海地震
注意情報
東海地震の前兆現象の可能性が高まったと認められた場
合に発表される
• 学校の児童、要援護者等の帰宅
• 旅行等の自粛
• 物資等の手配準備
等
取引先③
生年月日
警戒宣言
血液型
関係団体
保険証番号
東海地震
予知情報
東海地震が発生するおそれがあると認められた場合に発
表される
• 危険な地域(津波、崖)からの避難
• 交通規制、百貨店・劇場の営業停止
その他
避難場所
[5]安否報告ルール
[5-1]店舗への連絡方法
①基本ルール
・安否情報を所属長へ連絡する。所属長への連絡がつかない場合、
対策本部のアドレスへメールまたは電話を通じて報告する。
A
携帯
携帯メール
他
安否確認
実施基準
B
[5-3]NTT災害伝言ダイヤル 171
日頃から災害時の連絡方法について家族と確認しておきましょう。
NTT災害用伝言ダイヤル171や携帯電話の伝言板サービスを活用しましょう。
安否確認システムに状況を入力
アクセス
伝言を再生
(被災地の市外局番)-XXX-XXXX
再生
原則として、Web171も災害用伝言ダイヤルと同時提供されます。
登録
登録件数
ド
コ
モ
i-menu→ 4つのコメントから選択ま
たは100字以内のコメント
災害用伝言板 登録可
au
トップメニュー→ 5つのコメントから選択ま 1電話番号に
たは100字以内のコメント
つき10件登録
災害用伝言板 登録可
可能
2
メニューを選択
ガイダンスに従ってください
集合場所
[5-4]携帯電話「災害伝言板サービス」
171をダイヤル
録音
連絡先
2.店長に連絡がつかない場合は対策本部へ直接連絡
③報告を行う場合は以下のいずれか
(30秒以内)
氏名
携帯
携帯メール
自宅
・本人および同居家族の安否
・自宅の損傷状況、出社の見込み
・避難している場合、その場所・電話番号
伝言を録音
[5-2]家族への連絡方法
店長に連絡する(店長は対策本部へ連絡)
②報告内容
1
等
バ ソ Yahoo!ケータイ 4つのコメントから選択ま
→
たは100字以内のコメント
ンフ
ク ト 災害用伝言板 登録可
送信
確認
PC・他社携帯から
http://dengon.docom
o.ne.jp/top.cgi
①伝言板トップから「確
認」を選択
設定されたアドレ ②確認したい電話番 http://dengon.ezweb.
ne.jp
スに安否情報を
号を入力・検索
送信
③安否情報を選択
④安否情報が表示
http://dengon.softban
k.ne.jp
29
ダウンロード

PowerPoint256KB(A3ページ)