遠隔講義、テレビ会議
ネットワーク屋がマルチメディアをすると
大阪市立大学
創造都市研究科 都市情報学 情報基盤研究分野
学術情報総合センター
中野秀男
[email protected]
http://www.media.osaka-cu.ac.jp/~nakano/
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
今日の話
私のインターネット放送/会議等の遍歴
いろいろなシステムとコメント
遠隔講義やVOD講義について
おおさかIT拠点構想
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
私のインターネット遍歴
1986年に学科(阪大通信)のLAN構築
1987年にJUNET接続
1993年 WINCとして地域プロバイダ
1996年 大阪市大学情センター教授
1998年 大阪市西成地区情報化から大
阪市の情報化に関わる
2003年 創造都市研究科
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
私のインターネット放送遍歴
Streamworks
Real Player
Media Player
スライド連携 自動講義収録
松下電器謹製
 ソニー、富士通、MegaFusion
 PowerPoint + Add On

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
私のインターネット会議遍歴
CUSeeMe
PictureTel
MeetingPoint → CUSeeMe Conference
Server
MeetingTable
iVisit
Polycom
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
私のマルチメディア遍歴
動画編集
カメラ
 録音
 キャプチャリング
 編集
 出力

演技
照明
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
いろいろなシステム
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
Streamworks
最初のストリーミング・システム

ソフト、エンコーダー、Workstation
2セット購入
イベントの中継
学術情報総合センターのオープニング中継
 おまけでCU-See-Me

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
REAL
Real AudioからReal Playerに
Player, Producer, Server
ProducerとServerはHelixに
 価格的にもReasonableか

Playerの覇権争い
vs Windows Player
 Realplayer → RealOne → Realplayer 10

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
自動講義収録システム
スライド連携
各社から出ている
 我々は松下電器産業のシステムを利用
 安ければPowerpoint + AddOn

幾つかを比較検討
まだまだですが
 企業ではIRなどで積極的に利用

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
CU-See-Me
昔からの定番
Reflectorがサーバ的役割
 今はクライアントソフトが入手困難

サーバは
MeetingPoint
 CU-See-Me Conference Server

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
PictureTel
ISDNの帯域保証があるので比較的安心
して使えた
LAN版もある
NTTだとフェニックス
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
iVisit
フリーのソフトだったが今は有料の方向
サーバが用意されている
デモ
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
Polycom
業界的には定番
インターネットの帯域が保証されていれば
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
遠隔講義やVOD
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
遠隔講義
遠隔講義、リアルタイム遠隔、VOD講義
グループウェアとしてIT技術利用
 対面vs遠隔、リアルタイムvsオンデマンド

国立大学や大手企業等では衛星利用

カメラは講師のいる所2台、遠隔に夫々1台
金を掛ければテレビ局に近づく
研究会等での中継と遠隔地との対話
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
事例:研究会の中継
REAL社の仕組みで中継
Real Producer, Real Server, Real Player
 最新版はHelixProducer,HelixServer,RealOne

デジタル系のカメラで同時にDVに録画

後日、編集してVOD化
IRC(チャット)を使って遠隔地から質問

インターネット会議システムで参加
音声、プレゼンテーション、動画の順に重要
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
VOD講義
講義を録画したものをVOD化
何時でも何処でも誰とでも視聴できる
作りこみも徐々に容易に
事例2


Wide University
Microsoft社での技術講話
Powerpointでも実現できる
スライド連携のVOD講義(動画とPresentation)
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
利用するインターネット技術
インターネット放送(Streaming)
インターネット会議
チャット
プレゼンテーション・ツール
講義自動収録システム
講義支援システム
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
インターネット放送
最初はStreamWorks社
Real社が、

Real Audio, Real Player, RealOne
MicroSoft社がMedia Player
放送なのでStreaming技術を有効利用

遅延とバッファリングで音の連続性確保
テレビとの違い:誰でも何処でも何時でも
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
インターネット放送(続)
音
出来るだけ良い録音環境で
 マイクの有効利用

動画

複数ストリームと画面サイズ

ブロードバンド用とナローバンド用
プレゼンテーション

音声、動画との同期
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
遠隔講義の事例
衛星を使った遠隔講義
私立大学での事例(慶応、関西大)
研究会等でやった経験から
チャットとの併用(ノウハウか)
 音や照明の重要性
 カメラマンの必要性
 プロとアマチュアについて
 肖像権など

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
リアルタイム型遠隔講義の長所と短所
長所
何処でも視聴できる
 仕事しながらでも聞ける/参加できる

短所
講師は視聴者の反応がわからない
 ある程度の技術力

技術の進歩で克服できること
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
VOD講義の長所と短所
長所

何時でも視聴できる
短所

ある程度の技術力
技術の進歩で克服できること
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
問題点など
技術的に
トラフィック制御
 アクセス制御
 認証、課金

コンテンツ的に
撮影、録音、複数画面
 他のメディアとの同期
 内容の陳腐化と更新

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
遠隔講義スタイルの提案
動画について
音について
プレゼンテーションについて
対面型講義との併用
チャットやインターネット会議との併用
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
おおさかIT拠点構想
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
IT拠点構想
大阪市の有識者懇談会の提言として
今までは縦割りの提言
ネットワーク屋の発想
行政ってなんなの:行政の役割:


民間活力
大きな自治体と小さな自治体
アイデア(昨年夏ぐらいの案)

私のホームページの下の ITplaceOsaka.html
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
概要
IT(ICT)を利活用して、賑わいのある集い
の場を作る
特色のある複数のIT拠点を
出来れば同じ特色をもつ2つ以上のIT拠点
 公共施設、第3セクター関連、民間施設

発想の原点は札幌のBiz-Café
名称: OIDE( Osaka It Depot )
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
概要(続)
IT拠点の中心として大阪市の情報センター
機能の実現
センター機能とネットワークは市が提供

ネットワークそのものはどんどん安くなっている
IT拠点は

June/26/2004
常設とイベント
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
特色あるIT拠点
基本的にはインターネットカフェ
ビジネス
 ハイテク
 教育
 障害者
 デジタルデバイド
 アクティブシニア

「おおさか」らしさ
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
イベント
IT拠点でイベント(講演/セミナー/パネル)
会場:Face to Faceの議論と飲み会
 別のIT拠点:高速ネットによる参加
 自宅など:ブロードバンド接続なら

ICTツール
インターネット中継(録画してVOD化)
 インターネット会議、IRC(チャット)

ICT能力があるイベント屋を作ろう
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
カフェマスター
常設のIT拠点ならカフェマスタの腕しだい
ICT能力があり、話好きのカフェマスタ
曜日や昼夜で別のカフェマスタも
リストラされるICT技術者対策
生きがいの創出
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
情報センター
インターネット中継、会議のサーバ運用
IT拠点でのイベントの調整
カフェマスタの人材登録や紹介
情報センターの候補は
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
IT拠点候補
新大阪:ハイテク、ネットワーク、ベンチャー
梅田:総合(ヨドバシカメラ)
梅田:ビジネス、教育(大阪駅前第2ビル)
難波:OCAT(大阪市都市工学情報センター)
御堂筋:
弁天町:大阪市教育センター
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
IT拠点候補(続)
南船場:ベンチャー
堀江:街作り
長堀:街作り
扇町
空堀:にぎわい堂
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
おおさかユビキタス
おおさかユビキタスのプロジェクトと連動
難波パークスでの無線タグ実験
 街頭端末(Street Furniture)
 交通ICカード(ICOCA, PiTaPa)

June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
おまけ
IT拠点構想
予算がないので研究会的に、ぼちぼちと
 ゲリラ的なIT拠点ならいつでも
 情報センターは?

情報システムってなんなの
June/26/2004
ネットワーク屋がマルチメディアをす
ると
ダウンロード

配布資料 (Power Point ファイル,約98KB)