公共交通、乗換検索システムの
利用促進のゲーミフィケーション
全国初!
複数の公共交通機関の利用を前提とした
ロゲイニング
広島県 地域政策局 地域力創造課
長岡秀幸
1
ゲーミフィケーション?
• Wikipediaによると、課題の解決や顧客ロ
イヤリティの向上に、ゲームデザインの
技術やメカニズムを利用する活動全般
• 教育をはじめ、様々な場面で適用
• ここでは、公共交通、乗換検索の利用方
法をゲーム化して楽しく学びましょう!と
いう意味
2
ロゲイニング?
3
本日のお話
1. なぜ、ロゲイニングだったか?
2. どうやってロゲイニングを実現したか?
3. ロゲイニングうまくいった?
4. 今後どうする?
4
1.なぜ、ロゲイニングだったか?
①広島都市圏の特徴
②広島県公共交通移動活発化の取組
+
面白いことはできないか?というアンテナ
5
①広島都市圏の特徴
多様な公共交通機関
バス(9社)、新交通システム、
路面電車、鉄道、船舶
複雑で、わかりにくい
印象を持たれがち…
逆転の
発想
多様であることを楽もう!
6
②広島県移動活発化検討会の取組
公共交通を利用しやすい環境にすることで
移動総量を増大させることを目指す
交通事業者のメリット
×事業者間競争
理想的な公共交通体系の構築への一歩
7
②広島県移動活発化検討会の取組
具体的な動きが進みやすいよう
事業者にとって高過ぎないハードルで
効果が目に見える課題を設定
→乗換情報の改善に着目し、
路線バス、航路、コミバスの情報提供
→バス停登録件数は全国4位に!
乗継検索情報が充実した!
8
②広島県移動活発化検討会の取組
継続的な取組となるよう、
自己改善を目指す
→交通事業者が集う場づくり
→観光と交通事業者との連携
交通事業者の協力体制ができた!
バス停名称の整理、バスロケの整備も実現
9
②広島県移動活発化検討会の取組
• 平成24年度スタート
交通情報イン
フラの充実
ロゲイニング
検索システム改善モニタリング
公共施設情報、観光情報の提供
乗換検索QRコード埋め込みPOP配布
乗換検索の
広報
移動活発化
移動障壁の
軽減・解消
関係機関が連携した広報
観光地へのバス利用活用広報
公共交通の利用促進につながる県民参加型イベント
バスロケーションシステムの全県導入
待ち時間・待合環境の改善
自己改善の
仕組みづくり
乗換案内の改善
その他の自己改善
図 事業体系
10
2.どうやってロゲ
• 多様な交通手段を
楽しめる範囲設定
広島高速交通
スタート
(県庁)
ゴール
JR(在来線)
直線約6.4km
路面電車
船舶
※バス路線は、あり過ぎるので省略
11
2.どうやってロゲイニングを実現した?
• 139のポイント候補から43箇所に絞り込み
12
2.どうやってロゲイニングを実現した?
• 公共交通を身近に感じてもらう開催日設定
バスまつりにあわせて開催、
ゴールをバスまつり会場に設定。
広島県中のバスと、子どもから本格的なマニアまでが大集結
13
2.どうやってロゲイニングを実現した?
• 競技中の参加者の負担軽減
バス、路面電車、
広島高速交通は
無料で乗り放題!
(JR、船は実費負担)
参加費
■一般 1,000円
■小学生以下 500円
■ 3歳未満 無料
14
2.どうやってロゲイニングを実現した?
• 乗換検索の利用方法の説明
スタート地点とバスまつり会場で
乗換検索のブースを設置
15
2.どうやってロゲイニングを実現した?
• 運営側も楽しめる表彰
バスマニア賞
 マニアックな移動をした
チームに与えられる賞。
 全チームの移動順番を確認
し、実行メンバーで厳正な
審査を実施
 全チーム内で唯一、広島バ
スで三滝観音へ、己斐峠を
下って西広島へ移動した
チームが受賞
 ちなみに賞品はバスの吊皮
16
3.ロゲイニングうまくいった?
17
3.ロゲイニングうまくいった?
▼スタート前の作戦会議
真剣な表情で作戦を練る参加者たち…
高得点狙い打ちか、ちょこちょこ稼ぐか、
地図と乗換検索を見ながらチームみんなで考える。
18
3.ロゲイニングうまくいった?
▼スタート前・スタート直後
ロゲイニング協会の方からの説明を
聞く。広島県のゆるキャラ「ブン
カッキー」も応援にかけつけた。
スタートの合図で
一斉に走り出す!
5時間半の戦いが
始まった。
19
3.ロゲイニングうまくいった?
▼ゴール・表彰
ゴールしたら、スタッフがポイン
トをチェック。
優勝チームには旅行券が。
20
ツィート紹介
江田島から臨む広島市内。
スタートダッシュに失敗。ただ久しぶりのアスト
ラムラインで広島市内の景色が見れてテンショ
ンup
久しぶり?10数年ぶりにバスに乗った。
フォトロゲ広島 のおかげで、3歳児もキップで改
札を通れます!本来ならあと3年半あまり(小学
校上がるまで)経験しないもんね…♪
のんびり広島観光だったはずなのに、時間が
迫るにつれて、後一カ所でも回れないかと思案
する友人たち。くくく、だがそんなに時間は残っ
てないのだよ。
バス旅も終わり。次はJRかなぁ!広島再発見
の旅はなかなか面白いです(ノ∀`*) 連れの心
が折れない内にご飯を食べないと、、
Twitter賞いただ
きました! 景品
のクマピーのスト
ラップ。かわいい
ぞー!
半べえ庭園の
近くで心が折
れてエネルギ
ー補給
21
3.ロゲイニングうまくいった?
消費者の心理プロセスに基づき参加者の心理状況、行動を検証
参加者へ当日実施したアンケートより
(n=110)
良くなった
変わらない
悪くなった
・参加者の半数が公共交通機関を“ほとんど利用しない人”。
注目
公共交通に対
ロゲイニングが公共交通を利用する(知る)良い機会になっている。
するイメージの
51%
48%
1%
変化
関心 ・約半数が公共交通に対するイメージが良くなったと回答。
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
・約8割が公共交通に対する関心が高まった(高まったorやや高まった)
と回答。
(n=110)
思っていたより便利
思っていたのと変わらない
思っていたより不便
思っていいたよ
思っていたより
り便利だった
58%
39%
3%
便利でしたか?
か?
0%
10%
20%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
約6割が思っていたより便利と回答。
90%
100%
(n=111)
高まった
やや高まった
変わらない
公共交通に対
する関心の変
欲求 ・ほぼ全数が「利用したい」or「機会があれば利用したい」と回答。
37%
41%
22%
化
22
3.ロゲイニングうまくいった?
消費者の心理プロセスに基づき参加者の心理状況、行動を検証
参加者へ2ヶ月後に実施したアンケートより
動機
・休みの日はまたバスや電車を使ってあっちこっち行ってみたいと思う
ようになった。
行動
・ロゲイニング参加をきっかけに公共交通の利用頻度が増えた人が回
答者の30%。
はい
ロゲイング参加をきっか
ロゲイニング参加をきっかけに
けとして公共交通の利
公共交通の利用が増えましたか?
用頻度が増えたか?
30%
0%
10%
20%
(n=63)
いいえ
70%
30%
40%
50%
60%
70%
80%
90%
100%
・その利用目的は、買物42%、レジャー42%、通勤21%。
・利用形態は家族と58%、1人で47%、友人と11%。
23
マスコミ報道
• 開催前
テレビ・新聞 3社
• 開催後
テレビ・新聞 4社
-テレビでは、8分程度の特集を組んでもらえた
-その他Webニュースにも取り上げられ、
yahoo!ニュースにも掲載された
24
運営側の手応え
1. 公共交通を使っていない人に、使うきっ
かけを提供できた
2. 参加者に喜んでもらえたようだし、運営
側も楽しかった→第2回も開催したい
3. バスまつり会場に、バス以外の交通事業
者も集合した
25
4.今後どうする?
• 平成26年度は、県が検討の場を提供し、
広島県バス協会が運営事務局
-メインターゲットはファミリー層
-小さい子供を含むチームへの配慮
(より短い3時間コースを新設)
• 昨年度からの発展を検討中
-動くチェックポイント
-また公共交通に乗ってもらう工夫
-広島都市圏の他のMM施策、商業施設等との連携
-参加者以外の興味喚起
26
広島県公共交通移動活発化検討会会員
及びロゲイニング関係者
西日本旅客鉄道株式会社広島支社
全日本空輸株式会社
(電車事業本部・バス事業本部)
広島高速交通株式会社
公益社団法人広島県バス協会
株式会社中国バス
備北交通株式会社
広島バス株式会社
広島交通株式会社
芸陽バス株式会社
中国ジェイアールバス株式会社
エイチ・ディー西広島株式会社
第一タクシー株式会社
有限会社エンゼルキャブ
広島県旅客船協会
広島電鉄株式会社
日本航空株式会社
一般社団法人広島県観光連盟
中国運輸局
広島市
尾道市
安芸太田町
広島県地域政策局地域力創造課
広島大学大学院国際協力研究科
日本フォトロゲイニング協会
株式会社JTB中国四国広島支店
株式会社バイタルリード
27
ご清聴ありがとうございました。
本日、参加者募集ちらしを持参しています。皆様のご参加を楽しみにしております。
28
ダウンロード

公共交通 - 日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)