~プロンプトと
フェーディングについて~
プロンプト(prompt)
プロンプト…適切な行動を出現させるた
めに用いる援助。
(手がかり刺激ともいう)
私たちが使っている 支援(学習場面で
行う,教育的意図をもった援助行為)と
ほぼ同じような使い方をします。
プロンプトの種類
自立的
フェイディングしやすい
視覚的プロンプト:絵や文字で示すなど
聴覚的プロンプト:説明する,指示するなど
モデリング
:やってみせるなど
身体的プロンプト:手を添えるなど
依存的
フェイディングしにくい
フェイディング




プロンプトは適切な行動を引き出すために使う援助
です。
「一人でできる」ようになるためには,不必要な援助
です。プロンプトが強すぎるとそれに頼りきってし
まって,援助がなくなると一人ではできなくなってし
まう可能性
児童生徒の実態に合わせて,プロンプトを少なくし
ていくことを考えながら指導に当たる必要
プロンプトをだんだんと少なくしていく過程
→フェイディング(fading)
指導手続き(チェイニング)
実際に行動を教えていくときにはいろいろな
手続きが使われる

順向性の手続き

逆向性の手続き

トータルタスク法です。
トータルタスク法(例)
身体的
プロンプト
座る
○
トレパンを手に持つ
○
モデリング
前面を上に向ける
ウエスト部分を持つ
両方の足を穴に通
す
立ち上がる
聴覚的
プロンプト
視覚的
プロンプト
プロンプト
なし
○
○
○
○
トレパンを尻まで上
げる
○
トレパンを腰まで上
げる
○
資料1
一般的に順向性の手続きより逆向性の手続きのほうが教え
やすいといわれています。


prompt [pr m(p)t]
━━ a. 敏速な, すぐ[喜んで]…する ((in; to do; in
doing)); 即座の; 【商業】即時(払い)の.
━━ vt. 促す, 鼓舞する, 刺激する; 思いつかせる, (感情を)喚
起する; ヒント[助け]を与える; (俳優に陰から)せりふを教え
る, 後見する.

━━ n. 促すもの; 【劇】(俳優への)せりふ付け, プロンプ
ター, 後見; 【コンピュータ】プロンプト; 【商業】支払期限(付き
契約).
資料
fade [feid]
━━ v. しぼむ, しぼませる; 衰える ((away)); (色が)あせ
る, あせさせる; (光が)かすかになる, (感情などが)さめる.
・fade in [up] 次第にはっきりする[させる] ((cf. fadein)).
・fade out 【映】(次第に)はっきり[ぼんやり]する; フェー
ドアウトする[させる] ((cf. fade-out)).
資料3 分化強化の手続き(DRL,DRO,DRI,DRA)
(1)低頻度行動分化強化(DRL)
=Differential Reinforcement of Lower
Rates of Behavior
一定の時間内に問題行動の数があらかじめ決
められた限度より少ない時に強化する
(2) 他行動分化強化(DRO)
=Differential Reinforcement of Other
Behaviors
問題行動が一定の時間に見られなかった時に
強化する
(できる短い時間間隔からスタートする)
(3) 対立行動分化強化(DRI)
=Differential Reinforcement of Incompatible
Behaviors
問題行動と同時にはできない他の適切な行動を選び
その適切な行動を強化する
(例) 常同的に手を動かす→おもちゃで遊ぶ
自分の顔をたたく →ボールで遊ぶ
(4)代替行動分化強化(DRA)
=Differential Reinforcement of Alternative
Behaviors
問題行動の結果事象と同じ意味を持つ代替行動を強
化する(できれば、コミュニケーション行動に置き換える)
(例)怒りの気持ちを、殴るのではなく、カード等で知ら
せる
気になる行動の機能
注目を得る
拒否する
要求する
自己刺激(感覚刺激)
大きくこの4つに分類することができる。
これらの内のどの機能かを考える。
ストラテジーシート
A:事前
事前の対応の工夫
【記入日
年
月
日】
】
【氏名
B:行動
C:事後
望ましい行動
ほめ方・楽しみな行動
起こってしまった時の対応
事前・事後の環境の工夫
を行ってものぞましくない
行動が起きたとき!
ダウンロード

プロンプトとフェディング