平成25年度まちづくり一体型商店街活性化支援事業
食のまち 野田阪神まちづくり協議会
自己紹介
•
•
•
•
•
•
•
•
•
建築系(環境計画学専攻)
電鉄→設計事務所→コンサル
設計コンサルティング事務所として独立
一級建築士養成塾をネットで展開
商店街でカフェを経営して商店会連盟へ
福島区商店会連盟会長・大開地区地活協副会長
昨年、本事業を「まちづくり協議会」で受託
福島区まちづくりセンター受託(スーパーバイザー)
有償ボランティア支え合い事業を受託
まちづくり協議会構成メンバー
•
•
•
•
•
野田阪神駅前の3商店街
大開地域活動協議会
Fukunomiの会(地域まちあるき団体)
大阪商工会議所北支部
福島区役所・大阪市・大阪府
本日のキーワード
• 地域と協働する
• 組織の枠を外す
• 他団体とコラボする
商店街の問題点について
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
保護されて当たり前体質
昔は売れた成功体験がジャマ
商店街組織は店舗に拘束力がない
小規模店舗の限界
高齢化、老朽化
週末に郊外大型店への購買拡散
ネット購入などの購買行動の変化
調査目的
• 平成25年度まちづくり一体型商店街活性化支援事業
食のまち 野田阪神まちづくり
•
「食のまち」として野田阪神エリアを活性化
させるため、地域とともに行う魅力づくり、飲
食店のネットワークづくり、継続的なイベント
開催に向けた実証実験を中心に取り組むこと
野田阪神エリアの概要
•
•
•
•
•
阪神電鉄野田駅~JR環状線野田駅一体
福島区自体は「食のまち」というイメージ
JR野田駅の南側に大阪市中央卸売市場
実態は、福島エリアと野田阪神エリアは別
3つの商店街が交差点を隔てて存在
3つの核
野田阪神
福島
中之島
中央市場
USJ・カジノ構想
調査の概要
• 大きくは2つの調査
地域住民アンケート
飲食店アンケート
• 実証実験イベント
• の3本構成となっています。
調査の特徴
• 調査1
福島区内 大開地域活動協議会に委託
• 調査2
商店街を越えた飲食店へ来店調査
• 実証実験イベント
コアとなる中央卸売市場の若手チーム
ざこばの朝市実行委員会とのコラボイベント
調査1 地活協への調査委託
• 福島区大開地区の地域活動協議会に委託
福島区の地活協は、全て地域振興会を基礎
として立ち上げられている。
• 地域資産としての人的ネットワークの価値を
まだ多くの住民は理解していない。
• 356票のアンケート調査を短期間に行える
だけの力があり、それをベースに様々な事業
展開できるだけの可能性がある。
CB・SBは行政業務の地域委譲から
• コミュニティビジネスCBやソーシャルビジネス
SBは、企業とのコラボレーションとか、NPOと
の連携の前に、行政業務の地域委譲が先
• まちセン自体、市民協働課以外の区役所職
員と絡まないし、絡めない。
• 区役所からは言い出せないし、主導もできな
い業務の地域委譲→どこが主導するのか?
• まずは官民協働(PPP)から?
調査結果1 地域が考える「食のまち」
• 福島区は交通として便利、スーパーや病院が
近く住みやすい、一方、「食のまち」というほど
ではないという認識
• ハレの食事は、梅田や難波に出ることが多い
• 普段使い・ちょいと食べるのが野田阪神
• しかし一方まちのキーワードで考えると
「食のまち」以外にはでてこないし、イメージと
しての中央卸売市場は親しみがある
調査2 商店街枠を越えた来店調査
• 商店街が抱える7つの問題点(前述)
• 商店街は、商店会費を支払っている会員の
ための事業をしなければならない呪縛にある
客単価も来店頻度も全く異なる飲食店・物販
店・サービス店を同時に満足させる事業は、
成立させることがかなり難しい。
• →まんべんなくやるとつまらなくなり
→特化すると不公平感が生まれる
• 商店街は泥舟。そのまま乗ってたら沈む。
商店街の方向性として考え得ること
• まちの顔としての広域型商店街としてインバ
ウンドに耐えうる展開を行うまちおこし。
→梅田、難波→天神橋、駒川、千林、粉浜・・
• シャッター通りとして廃墟化→住宅化
• 地域に必要な事業モデルとして、地域を支え、
支えられる商店街
→・・・。
• 地活協との協働連携は不可欠だが・・・。
商店街の方向性として考え得ること
• 地活協と商店街は案外うまくいっていない
経緯がある(ボランティアと営利活動)
• 地活協の力を商店街が引き出せてない
(商店街のことしかやらない商店街)
• 商店街は地活協の力を信じていない
• 大開地活協では商店街が中心となり、
産業文化振興部会を設立。
• 今回のアンケートを行う他、回覧板でのPR活動を
有償で計画。
商店街の方向性として考え得ること
• 非商店街商店を巻き込むために
• 目的を明確にした事業を実行委員会的に
行い、事業参加店にのみ費用負担
→受益者負担型参加原則
• 具体的にはバル等の広域型まちあるき企画
• では、商店街の非商店巻き込みをまちづくり
という視点では誰が主導するのか?
調査結果2 商店街枠を越えた来店調査
• 野田阪神エリアの230店舗を食べログからセ
レクトし、商店街主体ながら、非商店街飲食
店舗に協力してもらい126店舗のアンケート
回答をもらった。
• 「食のまち」野田阪神という意識のイメージは
あるが、実際に中央卸売市場と関係していな
い飲食店も多く、関係を希望しているが、チャ
ネルがないという回答も多かった。
調査結果2 商店街枠を越えた来店調査
• 非商店街個店の中には、(売上げが上がるの
であれば)積極的に地域のイベント(バル等)
に参加したい意向をあることがわかった。
• 大阪市内で最初にバルを始めたのは野田阪
神地区の「野田バル」であったが、意外と参
加店の評価は厳しかった。
売上げを上げる4つのポイント
• 来客数を増やす
イベント?ネット?
• 単価を上げる
無理?
• 売上げ点数を増やす
利益率↓
• 利益率の高いものを増やす
難題?
売上げを上げるために
•
•
•
•
個店自体のレベルアップは不可欠
来店者増
→ネットと地域のクチコミ
単価増・利益率増 →ブランディング戦略
点数増
→ブランディング戦略
• イベント化・祭り化
→バル・100円商店街・五六市
→オクトーバーフェスト(収穫祭)
→参加型・体験型しくみづくり=地活協協働
主導するしくみ・リーダーの不在
• でも一体誰が?
• 地域活動協議会
• 商店街
• TMO等のまちづくり会社
仏料理「大西亭」インタビュー
•
•
•
•
中央卸売市場はホテルと同じく幻影
既に食通は直送トレーサビリティに移行
野田阪神エリアはタワーで人口増している
隠れ家的な展開に活路がある
→安い家賃、クチコミとネット、ブランディング
• 開業相談を受ければ、このエリアを推奨
• 重層化する食文化として位置付けたい。
まちの活性化って何?
•
•
•
•
•
•
自慢できる個店が数点あるまち
多くの人が訪れるまち
経済的にうるおっているまち
安心安全なまち
静かな住環境
高い文化レベル
• →行政・団体の立ち位置の再考
ざこばの朝市実行委員会とのコラボ
• ざこばの朝市とは
ざこばの朝市の悩み
•
•
•
•
•
•
•
中央卸売市場の低迷
卸売市場は卸売りだけの流通工場
築地の場外をイメージした展開
食育をテーマにした年5回のイベント
実際の売上げアップにつながらないBtoC
社会的使命感でやる喜びと苦しみと
以前から商店街としてオブザーバー参加
ざこばの朝市と飲食店の思惑の一致
• 実際の売上げアップにつながらないBtoC
• まずは小ロットであっても地域の飲食店との
連携が取りたい
• ↑中央卸売市場とのパイプがほしい
中央卸売市場のポテンシャルが使いたい
• という思惑が一致。
イベント 第1回食材de交流会
• 今回アンケートに参加した15店が参加
• ざこばの朝市からは6店の卸売店舗が参加
第2回食材de交流会への課題
•
•
•
•
運営費用の問題
誰が運営・主導していくのか
しくみ化とブランディング戦略
ざこばの朝市メンバーが年2回くらいで
開催していきたい意向
• 『天下之飲食店』というプロジェクトとして、
中央卸売市場利用店をブランディング
する方向で検討に入った。
『天下之飲食店』プロジェクト
本日のキーワード
• 地域と協働する
• 組織の枠を外す
• 他団体とコラボする
• そのために何が必要か?
平成25年度まちづくり一体型商店街活性化支援事業
食のまち 野田阪神まちづくり協議会
ご静聴ありがとうございました。
ダウンロード

資料 [PowerPointファイル/4MB]