エレクトロニクスII第3回:
半導体について知ろう
pn接合の原理を知ろう
教員:佐藤勝昭
復習コーナー1
半導体ダイオード
• 半導体のpn接合はp
側が正のとき、ある閾
値を超えると電流がよ
く流れる(順方向)
• 逆方向に電圧を加える
と電流が流れにくい
• 逆方向電圧がツェナー
電圧を超えると急に電
流が流れる
[mA]
ツェナー電圧
[A]
復習コーナー1
整流-半波整流と全波整流-
交流
• 電灯線:交流、正負の
RMS
極性が時間とともに正
E
弦波的に周期的に変化
E=E0sint
• 半波整流:一方の極性
半波整流
のみをとる
• 全波整流:絶対値をとる
0
脈流
全波整流
復習コーナー1
整流回路(教科書p16)
• 半波整流回路
1個のダイオードだけだと、正
弦波の正の部分のみが出力さ
れる
~
負荷
A
• 全波整流回路
4個のダイオードをブリッジに
することで、正弦波の負の部
分を折り返し絶対値をとること
ができる
~
交流
電源
D
B
C
ダイオード
ブリッジ
負荷
前回の問題
pn接合ダイオードのI-V特性の測定
• pn接合ダイオードのI-V特性を測定するには、ど
のような装置を用意し、どのような配線をすれば
よいかを考えて、具体的なやり方を書いて下さい。
解答 直流法①[順方向]
用意する装置:直流電源、電圧計、電流計
1. 順方向特性:直流電源の正極から直流電流計を通してダイオード
の+に接続、ダイオードの-は直流電源の負極につなぐ。
2. 順方向小電流のとき、電源は定電圧(CV)モードで動作させる。電
圧計は電源に並列に接続する。電圧を上げていき、ダイオード両
端の電圧とダイオードに流れる電流の関係をプロットする。
3. 順方向大電流のとき、ダイオードの両端に電圧計(内部抵抗の高
いもの)を接続する。直流電源をCCモードとし、つまみを回して、
電流を上げていき、ダイオード両端の電圧とダイオードに流れる電
流の関係をプロットする。
直流電源
電流計
電圧計
直流電源
順方向
大電流
電圧計
電流計
順方向
小電流
解答 直流法② [逆方向]
• 逆方向特性:直流電源の負極から直流電流計を通してダイオード
の-に接続、ダイオードの+は直流電源の正極につなぐ。
• ツェナー電圧以下ではダイオード電流が小さいので、電源の両端
に電圧計を接続する。直流電源のつまみを回して、電圧を上げて
いき、ダイオード両端の電圧とダイオードに流れる電流の関係をプ
ロットする。電源は定電圧(CV)モードで動作させる。
• ツェナー電圧以上では定電流(CC)モードで電源を動作させる。ダ
イオードを流れる電流が大きいので、ダイオードに並列に電圧計
を入れる。電流を変化しながら電圧をプロットする。
電圧計
直流電源
電流計
V<Vzener
逆方向
直流電源
V>Vzener
電流計
電圧計
逆方向
解答(2) 交流法
• ファンクションジェネレータからの交流電圧をダイ
オードと抵抗を直列につないだ回路に印加する。
• 印加電圧をオシロのX軸に、抵抗の両端の電圧
(電流に相当)をオシロのY軸に印加。オシロを
XYモードで動作させる。
ファンクションジェネレータ
ダイオード
抵抗
X
Y
復習コーナー2
半導体とは
• 半導体というのは、導体(金属)と不導体(絶縁体)
の中間の電気伝導率をもつ物質という意味。
• 金属は温度が上がると電気が流れにくくなる性質
を持つが、半導体は逆に、温度が高いほど電気
が流れやすくなる性質をもつ。
• 半導体の電気伝導性は金属と違って人為的に制
御でき、抵抗値は金属に近いものから、絶縁体に
近い値までをとる。
復習コーナー2
半導体の抵抗率
• (佐藤・越田:応用電子物性工学 図4.2)
復習コーナー2
半導体の電気抵抗率の温度変化
•
佐藤・越田:応用電子物性工学
半導体のいろいろ
• 半導体の主役はIV属元素のSi(珪素:シリコン):
PCのCPUやメモリ(DRAM)の材料は、すべてSi。
• IV属をIII属元素とV属元素で置き換えたIII-V族化
合物(GaAs, InAs, GaP, GaN・・)も半導体の性
質をもつ。II属とVI属に置き換えたII-VI族化合物
(CdTe, ZnSe・・)も半導体である。
• II-VI族化合物のII属金属をI属とIII属に置き換え
たI-III-VI2族化合物(CuInSe2)も半導体の性質を
もつ。
半導体について知ろう
よく使われる半導体
• シリコン(Si) (化学名:珪素)
電子デバイス材料、太陽電池材料
• ガリウムヒ素(GaAs) (化学名:砒化ガリウム)
LED材料、光通信用レーザ材料、高周波デバイス材料
• インジウムガリウム窒素(InGaN) (窒化インジウムガリウム)
青色LED材料、青紫色レーザ材料
• カドミウムテルル(CdTe) (化学名:テルル化カドウム)
太陽電池材料
• シーディーエス(CdS) (化学名:硫化カドウム)
光センサ材料
半導体について知ろう
こんなにある半導体
• 単元素半導体:Si, Ge
• 化合物半導体
– III-V族:AlN, GaN, InN, AlP, GaP, InP, AlAs, GaAs, InAs,
GaSb, InSb
– II-VI族:ZnO, CdO, ZnS, CdS, HgS, ZnSe, CdSe, HgSe,
ZnTe, CdTe, HgTe
– I-VII族:CuCl, CuBr, CuI, AgCl, AgBr, AgI
– I-III-VI2族:CuAlS2, CuGaS2, CuInS2, …
– II-IV-V2族:ZnSiP2, CdGeP2, ….
• 混晶半導体
半導体と周期表
IIB
IIIB
IV
V
VI
B
C
N
O
Al
Si
P
S
Zn
Ga
Ge
As
Se
Cd
In
Sn
Sb
Te
Hg
Tl
Pb
Bi
Po
IV族元素半導体
Si, Ge
化合物半導体
IV属を挟んで両側にある元素を組み合わせる
と半導体の性質をもつ物質ができる
III-V族(GaAs, GaN, InP, InSb)
II-VI族(CdS, CdTe, ZnS, ZnSe)
実感コーナー
半導体の色
• 透過光の色
– バンドギャップより低いエ
ネルギーの光を全部通す
– Eg>3.3eV:無色透明
– Eg=2.6eV:黄色
– Eg=2.3eV:橙色
– Eg=2.0eV:赤色
– Eg<1.7eV:不透明
diamond
http://www.sei.co.jp/
Ge
http://www.ii-vi.com/
ZnSe, ZnS
Si
http://www.ii-vi.com/
http://www.anstro.gov.au/
GaAs
http://www.ii-vi.com/
HgS
www.lotzorox.com/
cinn3b.JPG
pn接合ダイオード
• 半導体にはn型半導体とp型半導体がある。
– n型:電子が電気伝導の主役になる半導体
– p型:ホールが電気伝導の主役になる半導体
• p型半導体とn型半導体を接合した構造は、電流を一方
向にのみ流す「ダイオード」となる。
• pn接合ダイオードのp/n界面付近には、電子もホールも
いない空乏層という領域が生じ、そこに「内蔵電位差」に
よる強い電界が生じる。
• pn接合ダイオードにおいて、内蔵電位差を超える電圧を
順方向に加えると、障壁がなくなって電流が流れやすく
なる。逆バイアスすると空乏層が広がって電流が流れな
くなる。
n型、p型半導体
• Si(シリコン)にP(リン)を添加すると、電子がキャリア
(電気の運び手)となるn(=negative:負)型半導体
ができる。
• Si(シリコン)にB(ホウ素)を添加すると、ホール(電子
の抜け孔:正の電荷をもつので正孔という)がキャリ
アとなるp(=positive:正)型半導体ができる。
B-
P+
電子
ホール
ちょっと背伸び
エネルギーバンド
• 3年次後期「固体物理学」で学ぶことを先取り。
• 半導体の電子状態は、孤立した原子やイオンの電子状
態と異なって、結晶全体に広がった波動関数で記述でき
る。このとき、電子が取り得るエネルギーは幅をもち、エ
ネルギーバンドと呼ばれる帯になる。
• 固体を構成する原子に由来する電子をエネルギーの低
い帯から順に詰めていって、占有された最もエネルギー
の高い帯を価電子帯と呼び、空の帯のうち最も低いもの
を伝導帯と呼ぶ。
• 価電子帯と伝導帯の間の隙間をバンドギャップという。
ちょっと背伸び
エネルギーバンド
金属
半導体(有限温度)
絶縁体
半導体(絶対零度)
半導体pn接合とバンド構造
E
P形
N形
P形とN形を接合するとキャリア拡散が起きる
-
+
+
+
+
拡散電位差
+
拡散電位差
順バイアスと逆バイアス
空乏層
伝導帯
順バイアス
価電子帯
+
拡散電位差 +
• 順バイアス:空乏層が消滅しキャリア
は接合部を通過して電流が流れる。
• 逆バイアス:ホールは-極に、電子は
+極に引き寄せられ、空乏層が広がり
電流は流れない。
-
-
空乏層
逆バイアス
+
+
ちょっと実用回路コーナー
2石トランジスタラジオ (1)配線図
ダイオード
• トランジスタ技術編集部編「実験と工作で学ぶ初めてのエレクトロ
ニクス」 CQ出版社2001年より
ちょっと実用回路コーナー
2石ラジオのブロックダイアグラム
フェライトバー
アンテナ+
同調回路
(並列共振回路)
コイルとバリコン
高周波
増幅回路
Tr1
(トランジスタ
エミッタ接地)
AM復調(検波)
回路
ダイオード
D1, D2
平滑
C3,R3
低周波
増幅回路
Tr2
(トランジスタ
エミッタ接地)
イヤホン
低周波信号を増幅
固定バイアス
イヤホン
バリコン
フェライトバー
教科書
p31
搬送波の高周波
搬送波の負の部分は
成分を平滑化
アースに流し、正のみ通過
ちょっと実用回路コーナー
2石トランジスタラジオ (2)写真と実体配線図
C
B
E C B
トランジスタ技術編集部編「実験と工作で学ぶ初め
てのエレクトロニクス」 CQ出版社2001年より
E
ちょっと実用回路コーナー
参考AMラジオの電波
• AMとは振幅変調(amplitude modulation)
• 純粋な正弦波高周波
の電磁波(搬送波)の
振幅を音声信号で
変化させる変調方式
• 教科書p.99
ちょっと実用回路コーナー
参考AM電波の復調
• AM波から原信号を再生する回路を復調回路(検波回路)
という。
• AM波は包絡線が信号波なので、ダイオードで整流し、
振幅の変化分を信号として取り出す。
• 教科書p103
第3回の問題
1. 半導体と金属の導電性およびその温度変化の
違いを述べよ。
2. 半導体のpn接合において、整流性(順バイアス
では電流が流れやすく、逆バイアスでは電流が
流れにくい)が起きる理由について述べよ。
宿題(10/31)提出
• 教科書p19の練習問題(1)~(8)
第4回(10/24)は
エレクトロニクスでわからないこと、
知りたいことについて
プレゼンテーションとディスカッション
ダウンロード

エレクトロニクスII第3回: 半導体について知ろう pn接合の原理を知ろう