ストレス・トラウマの反応について
岩手県教育委員会
いわて子どものこころのサポートチーム
はじめに
この授業ではストレス・トラウマ反応につ
いて理解し、心とからだの回復力を高める
こと(セルフケア)と対処法について学習
します。
 「心とからだの健康観察」を使い、セルフ
チェックしながら、学習を深めます。

人生には3つの坂があります
上り坂
下り坂
まさか!
人生には必ず何回かの
「まさか」と「下り坂」があります。
避けられないことだからこそ、「まさか」と
「下り坂」のときにおきる心とからだの変化
や対処法を知っておくことが大切です。
回復力
私たちは、立ち直る回復力を持っています。
悩み、挫折、辛いことを経験すると、さらに
回復力を持つようにできていることを、最初
にしっかり理解しましょう。
ストレス・トラウマ反応とは
これまで使ってきた対処法では対応ができ
ない体験です。
 小さな子どもであれば、病院での初めての
注射もそうですね。

ストレス反応・トラウマ反応は
「生理的(身体的)な興奮」が起こります。
人間も動物ですから、『危機だ!』と身体が
反応します。
闘う、逃げるために、身体中にエネルギーが
溢れます。
逃げられないとなると、動き回らないように
身体が凍りつきます。
火事場の馬鹿力って知っていますか?
生理的(身体的)な興奮とは
“生理的”とい意味は、考える余裕などない
ということです。言葉で説明することもで
きません。
 とっさの反応は、生き物の脳に共通してい
ます。
 危険を察知するとすぐに、大量のエネル
ギーが発生します。

それは自然なことなのです。
原初的反応
脳の中で何が起きているのでしょうか?
○が3つあります=ここでは簡単に「3層構造」と考えます
大脳皮質
Neocortex
認知記憶
抽象的思考
孤独感
Limbic
情動(感情)
間脳
Diencephalon
自律神経
脳幹
Brainstem
大脳辺縁系
恐怖
興奮
「身体と感覚」「感情」「思考」が連動します
心拍・体温(生命維持)
呼吸・覚醒
セルフケア・対処法とは
このエネルギーを上手に解放できると、
心とからだがほっとするのです。
それがセルフケアや対処法です。
そしてこれを長い時間かけて続けるこ
とが回復になります。
まず初め自分の反応への気づきが大切
自然に起こる内部の反応を察知できるように
なりましょう。
身体がいったん
「上昇したもの(覚醒/興奮/恐れ)」
↓
↑
「落ち着きへ戻る(解放/リラックス/安心)」
この2つの感覚が分かり、これが行ったり来た
りできることが、体験として分かると、回復力
を備えた神経系になると言われています。
それを今日の心のサポート授業で経験しま
しょう。

「心とからだの健康観察」の実施
それでは、深呼吸をしましょう。
資料を印刷して渡しましたので、それを見て
ね。
自分の感覚が落ち着いてきましたか?
それが分かるとよいですね。
分からないときでも、何度か練習するうちに
分かるようになります。
次に、心とからだの反応についてもう少し詳
しく見て行きましょう。
配布した『リーフレット』を見てね。
※リーフレットの説明
日常生活できる
セルフケアと対処の方法の例
1.ストレスになるものを取り除く
例)適切な自己主張で対人関係のストレスを減らす
2.よい面を考える←「思考」に働きかける
例)一方的な期待やもくろみを持たないように楽しさ、良い面を見つ
ける。勉強も楽しい!
3.ほっとする、楽しむ←「感情」「身体と感覚」に働きかける
例)趣味、自然の中へ、音楽、動物とふれ合い、おいしいものなど
4.つながりを持つ活動をする←「感情」に働きかける
例)あたたかな交流や活躍できる場、役割
5.身体を動かす←「身体と感覚」に働きかける
例)リラクセーション、ストレッチ、運動、ウォーキング
★生活体験の拡大によるサポートの効果
生活体験が増える
知識が増える
サポートがある
辛いこと、ストレス
岩手県 こころのサポートチーム
時間
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション