政策型思考とは何か?
市民の視点から有意義に政策を議論し、
提言するために
安岡 正晴
目次
• なぜ政策型思考が必要か?
• 非政策型思考の問題点
• 政策過程における目的・手段と政策過程の
構造
• 政策分析におけるシステム思考の重要性
• ではどう政策分析するか?
なぜ政策型思考が必要か?
• 知識を後追いで仕入れるだけでなく、どうすべきかと
いう自分の意見を持てるようにする必要があるから
• 理想と現実を架橋する、実現可能な工程を考える習
慣をつけることが社会生活をしていく上で重要だから
• 刻々と変化していく社会的諸条件や環境に対応でき
る思考のトレーニングを学生時代にしておく必要があ
るから
• 単に外国の成功例を紹介したり、学ぶだけでは自らの
地域や社会に即した政策を考えることができないから
非政策型思考の問題点①:
理想と現実の二元論思考
理想
現実
・核兵器のない世界をつく
るべきだ!
・核保有を目指す国はむ
しろ増える一方だ。
政策提案
政策提案
・核をなくそうという意識
改革が大切だ!
・全廃は無理だが、米ロ
が主導して核軍縮を進め
るべきだ!それに中国も
巻き込むべきだ!
何が軍縮を進ませない障害となっているのか?どういうスケジュールで軍
縮を進めるのか?を考察しないと意味がない。
非政策型思考の問題点②:
線型的な因果思考
• 政策過程の一般モデルは
問題の認識→政策の立案→政策の実施→政策の評価
→新たな問題の認識
というループ(循環構造)なのだが、
矢印の方向に物事が進むと考えられがちだが、実際に
は後の段階の反応や結果を先取りして、現在の選択が
なされることが多い
・環境問題が生じたから環境政策が作られるとは限られ
ず、環境政策を作るために環境問題が「発見」されること
もある。
・政策過程の双方向性を認識する必要がある。
政治思考の構造モデル
政策の循環構造
政策における目的と手段
目的と手段の関係
• 目的は手段に対して規範的、集団は目的に対し
て制約的
• 下位目的は上位目的の手段、上位手段は下位
手段の目的となる
• 特定目的には複数の手段が成り立ち、特定手段
は複数の目的に利用できる。
• 目的の構想には予測に向けての構想力の絶え
ざる開発が必要
• 手段の構成には政策資源、政策手法の絶えざ
る開発が必要
なぜ目的と手段を考える必要があるか?
• 選択されている手段そのものが「目的」となっ
ていないかを見直す
• そもそも何が「目的」なのかを絶えず考える
• 「目的」に「手段」が適合しているのかを評価
する(ex. 事業仕訳)
• 政策手段が何を「目的」としているのかを評価
する
政策過程のモデル
「予測と調整」としての政策
• 政策は解決というよりも、状況の変化を加速・減
速しうるものにとどまる
• 状況の流れの方向を「予測」し、流れの加速・原
則の条件を「調整」することが大切
• 予測と調整には、市民レベル(文化水準・政治習
熟)、運動レベル(市民活動・団体・企業、政党の
政策水準)、行政機構レベル(政策水準)、政府
レベル(政治責任)がそれぞれ影響を与える。
• 政策型思考とは予測と調整の技術であり、政治
家の責任とはこの予測と調整についての市民タ
イにする責任をいう。
政治の3領域
利益
interest
理念idea
アイデン
ティティ
identity
政治分析における力点の変化
• 政策とは、行政サイドから見れば、予算の付いた法案のこ
とである。
• 従来は特定の法案成立過程に注目し、どういうアクターの
どういう利益が反映されているのかを分析するのが中心
• その際に「鉄の三角連合(議員―行政―利益・業界団体)」
モデルなどが析出された。
• しかし近年の研究ではむしろ「アイディア」に注目し、ある
政策「アイディア」がどのように出されて、どういうアクター
の支持を受けて、実現したのかと考えられるようになって
いる。
• つまり政治や政治過程が政策を作るのではなく、政策の
類型に応じた政治過程が存在すると考えられるようになっ
たのである。
システム思考の重要性
• 政策そのものの性質がアクターを集結させ、アク
ターの行動パターンを規定する
→アクターだけに注目していても政策の是非や政
策改善のための方法を見出すことができない
→政策の性質とそれが生み出す、それに関わるア
クターの行動パターンの類型を注目する必要が
ある
→逆に考えれば好循環のパターンを作り出せたら、
政策を改善することができるとも言える。
目標再検討のためのループ思考
やりがいと生活の葛藤
生活目標の見直し
菅政権の負のループ
• 支持率低い→選挙に勝てそうもない→党内基盤
が弱い→思い切った政策転換ができない→支持
率がさらに下がる
• 官僚を信用できない→官僚以外のアクターを重
用し、自分たちで決めようとする→必要な情報が
入ってこない→適切な政策選択ができない→ま
すます官僚になめられて使いにくくなる
• 複数の会議を立ち上げる→それぞれの会議が
違う提言をする→会議間の調整が難しくなる→
政治的リーダーシップがますます発揮しにくくな
る→助言を得るため、さらに会議を立ち上げる。
仕事や人生で役立つシステム思考
7カ条(枝廣・小田 2007)
• 人や状況を責めない、自分を責めない(負の自
己分析をしない)、人より問題に集中する
• 出来事ではなく、パターンを見る
• このままパターン(現状維持)と望むパターンの
ギャップを見る
• パターンを引き起こしているループ(構造)を見る
• 目の前だけでなく、全体像とのつながりを見る
• 働きかけるポイント(レヴァレッジ・ポイントをいく
つも考える)
• システムの力を利用する
ではどうやって政策分析&提言を
するのか?
• 他の政策領域と比べてその政策領域特有の性格が
あるのかどうかを見極める
• その政策領域に関わっているアクターの固有のパ
ターンはどういうものなのかを見極める
• 負のループが作り出されていないか?それを望ましい
ループに変えるにはどうしたらいいかを考える
• 目的と手段を再検討する
• 「正統化」のプロセスも重視する
• 外国などの成功例、先端事例を参考にする場合も単
に結果だけを見るのではなく、それを生み出したパ
ターンやその政策を機能させている構造に着目する
参考文献
• 松下圭一『政策型思考と政治』東大出版会、
1991
• 松下圭一『政治・行政の考え方』岩波新書、1998
• バリー・R・ルービン『アメリカに学ぶ市民が政治
が動かす方法』日本評論社、2002
• 枝廣淳子・小田理一郎『なぜあの人の解決策は
いつもうまくいくのか?』東洋経済新報社、2007
• 新藤宗幸『概説 日本の公共政策』東大出版会、
2004
ダウンロード

政策型思考とは何か? 市民の視点から有意義に政策を議論し、 提言