基礎情報処理(F)
第8回資料
プレゼンテーション
PowerPoint
担当者: 高久雅生
2007年6月16日(土)
[email protected]
1
前回のおさらい
• 前回は、表計算ソフトウェアExcelの演習でした。
– グラフ、外部ファイル入出力
– 課題3を出しました。
• 6月14日20時時点で、15名から提出あり(受領通知済み)
– 前回資料でグラフの貼り付けは口頭で説明しただけ
だったので、授業ページの資料を更新してあります。
欠席者は確認しておくこと。
2
本日のお品書き
• 今週はプレゼンテーションソフトウェア
PowerPointの演習です
– プレゼンテーションとは?
– プレゼンテーションの作成
3
プレゼンテーションとは?
• 口頭発表:学会発表や企画内容の説明、講義
• 他の人に伝えたい内容を説明する
• 簡潔に、相手に伝わるように
– 「コンパクトでインパクト」
• 目で見て、説明を聞いて、配布資料を読んで分かる
ように
– 短い時間で聴衆に伝えるためには努力を惜しまないこと
• ダメなプレゼンテーションでは何も伝わらない
– 練習重要!
4
プレゼンテーションのツール
• 以前は、主にOHPシート, スライドフィルムがよく使
われていたが、近年ではパソコン上のソフトウェアを
使い、プロジェクトで投影してのプレゼンテーション
が主流となった。
– 印刷する手間が不要。
• PowerPointはパソコン上の代表的なツール
• スタイル
– しゃべる間合い
– スライドの送り方
– スライドの示し方(指示棒、レーザーポインタ、マウスポイ
ンタ)
5
プレゼンテーションの心得
• プレゼンテーションの流れ(ストーリー)を作る
– 「はじめに」(背景)、「説明」(本体)、「まとめ」(結論)
• 時間厳守
– 発表時間を意識して、話す内容を選ぶ
– おおよそ1枚のスライドあたり1分程度を目安に
• 簡潔に
– スライドにはあまり文章をだらだらと書かない
– 必要なら、図や表を使って視覚的に理解しやすくなるよう
心がける
6
PowerPointの操作:
スライドの作成
• テキストの入力
• 新しいスライドの挿入
– スライドを増やす
• スライドレイアウトの変更
– 箇条書き
– 2段組
– 白紙
•
•
•
•
画像の貼り付け
噴出しの追加
スライドの削除
アウトライン入力
7
練習しましょう
• 残念ながら、プレゼンテーション自体の練習をする時間は取
れそうに無いため、あきらめます。一応、口頭で説明するつ
もりでスライドを作ってみてください。
• 本当は、ぶつぶつつぶやきながら、しゃべる内容とスライド内
容の両者を練習してほしいのですが、少し余裕ができたら、
考えてみてください。
• 練習で作成するスライドの内容は、何でも良いです。
– ある程度、自分の興味のあるものでないと難しいでしょうから、少し考
えてみてください。
– 自分の出身地、ペットの紹介、サークルの説明 etc.
– (以下では、授業の説明を例に取ります)
– 練習のファイル名は 20070615-ex1.ppt として保存
8
テキストを入力
• 「クリックして・・・・を入力」の部分をクリックす
るとキーボードから文字を入力できる
9
新しいスライドの挿入
• 「挿入」→「新しいスライド」
10
スライドレイアウトの変更
• 「スライドレイアウトの
適用」の中から、レイア
ウトを選んでクリック
2段組の箇条書き
箇条書き
白紙
11
練習(1)
• テキストを入力してみよう
– タイトルを入力
– サブタイトルを入力:学籍番号、名前、日付
• 新しいスライドを挿入してみよう
• スライドのレイアウトを変えてみよう
– 例:2段組箇条書き、縦書き箇条書き
• テキストを入力してみよう
– タイトル例:今日の感想
– テキスト例:今日の講義の感想は・・・・
12
スライドショーの実行
• いくつかスライドを作ったら、スライドショーを
実行してみよう
スライド一覧モード
標準モード
スライドショーの開始
13
スライドショーの終了、
前後のスライドへの移動
• スライドショーの終了
– エスケープキー(Esc)を押す
• 次のスライドへの移動
– クリック
– →または↓キー
– 右クリックして、「次へ」を選択
• 前のスライドへの移動
– ←または↑キー
– 右クリック後、「前へ」を選択
• 任意のスライドへのジャンプ
– 右クリック後、「スライドへジャンプ」のメニューから選択
– ページ数を数字キーで入力後、Enterキーを押す
14
アウトラインを使う
• 「アウトライン」タブをクリック
15
アウトラインを使う(2)
• アウトラインの入力したい場所をクリック
• テキストを入力
– 「Enter」 → 次の項目(行)へ
この辺を
クリック
16
アウトラインを使う(3)
• 「Tab」→項目を1レベル下げる
• 「Shift」押しながら「Tab」→項目を一レベル上
げる(最上位はスライドタイトル)
項目を1レベル上げる
項目を1レベル下げる
17
ノートを使う
この辺を
クリック
18
練習(2)
• アウトラインを使ってみよう
– 例:今日の講義の感想は・・・の続き
– 例:パワーポイントは
– 1レベル下げた項目を書く
• 例:パワーポイントは・・・
– 1レベル上げた項目を書く
• 例:今日の練習問題は・・・
– さらにレベルを上げて、スライドを作ってみる
• 例:今日のまとめ
• ノートを使ってみよう
– 例:ノートはしゃべる内容をメモするために使います・・・
19
まとめと次回予告
• 今日はPowerPointの演習を行いました。
– プレゼンテーション
– スライド作成、アウトライン、ノート etc.
– 実行
• 次回(6月23日)は、画像の作成、処理
– 画像処理の課題を出す(予定)
20
本日の出席
• 授業担当者(高久)宛に、メールを送ってください:
– 宛先は [email protected]
– 件名(Subject)は [kiso-f 20070616] 学籍番号
• (上記の件名はすべて半角英数字にしてください)
• 内容:
–
–
–
–
氏名
学籍番号
今日の授業の感想、要望
練習で作成したPowerPointファイルを添付する
• 20070615-ex1.ppt (全て半角英数字)
21
ダウンロード

PowerPoint版資料